弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

三寒四温が続くので手放せない。ヒートテック、13回目の洗濯。

公開日:2017.04.01

スポンサーリンク

ヒートテックの洗濯も、13回目になりました。今回も、張り切って服の様子を見ていきます。

そろそろヒートテックの需要も落ちてきそうな季節ですが、傷み具合はどうなったのか?以下からどうぞ。

首も脇も伸び伸びのトップス

まずは、2枚のトップスから見ていきます。

緑インナーの全体像はこちらです↓

P_20170320_0737122

脇の部分の生地が、どんどん伸びてきています。写真を撮るときも、しわを整えるのに苦労するようになりました。

襟の様子はこちら↓

P_20170320_0737272

そろそろ、着たときのブカブカ具合も気になります。ヨレを誤魔化すために下へ引っ張ると、さらに伸びてヨレがひどくなるという悪循環です。

袖の様子はこちら↓

P_20170320_0737552

P_20170320_0737462

スレは無いものの、伸びが少しづつ進んでいます。腕周りがブカっとするのも、見た目的にはかっこ悪いです。

裾の様子はこちら↓

P_20170320_0738092

私の服の伸ばしが足りなかったのもありますが、腰回りにゆとりが出てきたなあと思います。以前はキレイにたためていたのが、最近は端っこの生地が余るようになってきました。

次に、ボーダーインナーを見ていきます。

全体像はこちら↓

P_20170325_0925122

緑インナーほどではないですが、やはり脇の下の生地が伸びています。自分で着ると分からないのですが、鏡でみると脇のシワは意外に目立つものです。

襟の様子はこちら↓

P_20170325_0925252

首周りもまだ伸びは目立たず。ボーダーインナーの方は安心して着られます。

袖の様子はこちら↓

P_20170325_0925572

P_20170325_0925372

見た目的には、腕周りもまだきれいです。腕まくりもそれなりにやっているのに、ボーダーの方が丈夫なんでしょうか。

裾の様子はこちら↓

P_20170325_0926412

唯一気になるとすれば、腰回りが広がって見えることでしょうか。どうせなら、縦方向に強調されるストライプ柄などがあると良かったのにと思います。

同じ時期に買って同じ回数だけ着ているのに、傷みに差が出るのが謎。洗濯のときや、着るときの扱いが微妙に違っているのかもしれません。

1回目の洗濯から見るときは、こちらからどうぞ⇒ユニクロのヒートテック洗濯チャレンジ。10回洗った後はこうなります。

膝がの薄さがやばいレギンス

次に、一足だけのレギンスはどうなったか?

全体像はこちらです↓

P_20170325_0932262

もはや隠すことのできない、膝部分の薄さ。外で履いていても、自分で思っている以上に目立っている可能性もあります。膝だけ生地がブカブカなのも気になってきました。

横から見るとこんな感じに↓

P_20170325_0934542

股の部分が気になるので、横から観察してみました。シワが寄ってもっさりするのは、ヒップのサイズが大きいせいもあるのかもしれません。

しかしヒップのサイズに合わせると、股下やウェストがキツキツに。お腹がポッコリで足が短いと、ボトムス選びにも苦労します。

ウェストの様子はこちら↓

P_20170325_0932372

洗濯からおろした直後というのもありますが、それにしてもシワが随分とよっています。腰回りがユルユルになる日は、意外と遠くないかもしれません。

裾はこちら↓

P_20170325_0932582

P_20170325_0932502

幸い、裾が破けてヒモがぶら下がるという事態にはならず。スレがひどくならないよう、床や地面に擦れるのには警戒しようと思います。

靴下には思わぬミスが……

最後、2足の靴下です。

黒のソックスはこうなりました↓

P_20170320_0739452

痛恨のミスで、黒い靴下の全体像を撮り忘れてしまいました。こちらは足首周りの様子です。

新品の頃の、キュッと引き締まったゴムはどこかへ行きました。洗濯を経るごとに、ゆるい足首になってきています。

かかとの様子はこちら↓

P_20170320_0740102

くるぶしのシワとともに、毛玉も目立ちます。化学繊維靴下は、すぐに見た目がボロっちくなるのが難です。

つま先はこちら↓

P_20170320_0739582

かかとよりも被害がひどいのが、つま先です。いつもくるまっている電気毛布の繊維を、バンバン取り込んでいます。

13回目の洗濯ともなると、大きな毛玉も避けられません。

足の裏はこんな感じです↓

P_20170320_0740482

そろそろ、ど真ん中に穴が空きそうです。ヒートテック以外の靴下も穴が開きかけているので、春がやってきたら靴下だけでも新調しようかと検討しています。

黒の靴下の撮影は、撮り逃しが多くて失敗気味でした。が、アーガイルソックスの方は、抜かりなく撮ってあります。

まず全体像はこちら↓

P_20170325_0928532

毛玉や繊維の伸びなど、くたびれ感が全体に漂っています。足の裏だけでなく、足の甲側の伸びも目立つようになりました。

足首の様子はこちら↓

P_20170325_0929052

黒の靴下と比べると、見た目的にはキレイにも見えます。が、実際に履いてみると、「ちょっと緩いかな?」と思うことも増えました。

つま先の様子はこちら↓

P_20170325_0929442

P_20170325_0929342

つま先の方は、黒の靴下よりもひどいです。ほかの靴下を見ても、こんなに毛玉ができたものはありません。きれいな靴下なら、厚手の綿素材が一番だと実感しました。

かかとの様子はこちら↓

P_20170325_0929272

かかとの丸みが、いびつになってきたでしょうか。確かに思えば、靴下がカパカパするような感覚があります。特に座卓で作業しているときは、かかとが足の甲側にきていることもしばしばです。

足の裏の様子はこちら↓

P_20170325_0930072

こちらも、足の裏がだんだん透けて見えるようになってきました。しかし1日ずっと履き続けで、冬のシーズンだけでも持ったのはむしろ丈夫な方なのかもしれません。

穴が開かない限りは、靴下は履き続けたいです。しかしみすぼらしいソックスというのは、外には履いていかない方が良いのかもしれません。

(近所の買い出しにはバンバン履いていますが)

もう4月になるというのに、まだまだ三寒四温が続きます。一体いつになったら、ヒートテックが無くても快適に過ごせるようになるんでしょうか。

世間的にはヒートテックの需要はほぼないですが、私はまだしばらくお世話になりそうです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿