弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

トレンチコートのベルトの後ろの結び方、女性にピッタリの楽でおしゃれなものはどれ?

公開日:2016.09.26 最終更新日:2016.11.14

スポンサーリンク

後もう少し寒くなると、トレンチコートなどが恋しくなってきます。トレンチコートをおしゃれに着こなせたらどんなに良いかと憧れますが、ズボラにとってネックなのがコートのベルトです。

ずっと上着のベルト紐は、垂れ下がるに任せてブラブラ放ったらかしていた枯れ女。しかしそんな人間でも安心の、簡単でおしゃれな紐の結び方というのはちゃんとありました。

小難しい技は一切必要なし。実際試して、1分あれば簡単に結べるものをメインにピックアップしていきます。

ライダースで紐の結び方を試す

ただ1つ問題があるとすれば、私の手持ちアウターにトレンチコートがないということです。今回は紐つながりということで、ベルトのある黒ライダースを使って紐の結び方を試しました。

P_20160926_1238222

難を挙げるとすれば、トレンチよりもベルトが短くて少々結びにくい点です。しかしベルトの構造的にはトレンチとほぼ一緒なので、十分応用はできました。

以下、やりやすかった順番に結び方を見ていきます。

1.ぐるぐる巻くだけのバックフロント

靴紐を結ぶのも苦手な不器用な人に一押しなのが、ベルトをぐるぐる巻くだけのバックフロントです。

P_20160925_1101342

後ろでバックルに紐を通し、グルグルとベルト穴を通して巻けば完成。結ぶ手間さえないので、絶対に失敗がありません。

実際着たときの印象がこんな感じです。

P_20160925_1102202

紐がスッキリ収まって、スマートな見た目に。ただ巻きつけるだけなのに、「ちゃんと身だしなみにも気を遣ってる感」が出せる便利な技です。

バックフロント(ぐるぐる巻き)の結び方

2.紐が短くてもOKなワンテール

もう1歩おしゃれに見せたいなら、一番シンプルなワンテールの結び方が良いです。

P_20160925_1038202

後ろで輪っかを作って、そこに紐を通してギュッと結ぶスタイルです。覚えの悪い私でも、1~2回挑戦したらちゃんと仕上げられるようになりました。

P_20160925_1044042

ワンテールのメリットは、紐の長さを簡単に調節できる点。輪っかに紐を通す回数によって、短くも長くもできます。私のライダースの場合は、2回ほど通すとちょうど良くなりました。

身だしなみと同時に、こちらはコートを着こなせてる感もアップ。ぐるぐる巻きでは物足りなくなってきたら、簡単なワンテールから挑戦してみてください。

ワンテールの詳しい結び方

スポンサーリンク

3.サラリーマンにおすすめのネクタイ結び

いつもネクタイを結んでいるサラリーマンの人は、ベルト紐の結び方にも応用できます。

P_20160925_1110372

背広が仕事着の男性などは、おそらくいちばん馴染みのある結び方かと思います。高校の制服以来ネクタイなど結んだことがなかった私としては、コツを掴むまで3~4回の挑戦が必要でした。

垂れ下がり具合や結び目の高さは、紐を引っ張ることで簡単に調節できます。実際着るとこんな感じに↓

P_20160925_1112062

ジャケットの丈が短いと尻尾のようになります。ネクタイ結びをするなら、長い丈のコートが必須です。

詳しいネクタイ結びの結び方

4.ちょっと凝るならダブルテール

コツを覚えるまで少々手間取ったのが、こちらのダブルテールです。

P_20160925_1057462

一見大きなリボンのようでもあり、ワンテールよりも華やかさがあります。前を歩く人のベルトがこうなっていたら、間違いなく「あの人おしゃれ」と思うところです。

写真を見ながらやれば簡単にできるのですが、2~3日サボったらすぐに方法を忘れそうな結び方です。いったん結んだら、そのシーズンはずっとそれで過ごすというのがズボラには安全な気がします。

後ろ姿はこんな感じに↓

P_20160925_1056022

ベルトが短くても、何とか結べました。ネクタイ結びよりも、ワンテールやダブルテールの方が収まりが良いです。紐がもう少し長ければ、キッチリ形を整えやすいと思います。

詳しいダブルテールの結び方

番外:面倒ならポケットインもあり

どうしても結ぶのが面倒なら、サイドのポケットに突っ込むスタイルが一番簡単です。しっかり紐を折りたたんで入れれば、紐もシワクチャになりません。

私のライダースでもポケットインを試そうとしましたが、サイドポケットがボタン付きで、紐を入れると変になるので断念。これも斜めにポケットがついた、トレンチコートならではの技です。

難点としてはポケットが膨らみ、シルエットが少々広がることかもしれません。それでも、長いベルトをブラブラさせるよりはずっとマシかと思います。

おしゃれにトレンチを着こなすには欠かせない、ベルトのスマートな結び方。これまで全く意識してきませんでしたが、紐がブラブラしないと動き安さもアップして快適と知りました。

どれもそこまで複雑な結び方ではなく、何回か試せばすぐマスターできるものばかりです。ズボラ枯れ女にもできた紐の結び方、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿