弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

冷凍鶏肉のまとめ買いで食費を節約。100g45円以下に値下げできる方法とは?

公開日:2016.06.11

スポンサーリンク

今回は、食費節約に役立つ冷凍鶏肉の話です。安いものをまとめ買いすれば、100g40円台も夢ではありません。

タンパク質を摂るには肉は欠かせませんが、野菜と比べるとやはり高いです。もし冷凍庫があるなら、まとめ買いが一番節約できておすすめです。

スーパーなら鶏むね一択

最初のうちは、スーパーの特売日を狙って鶏むね肉を買っていました。私の近所のスーパーだと、100g70円前後で売られています。さらに運が良いと、賞味期限が近い値引き品があります。

これを1週間に1度買って、冷凍庫で保存。この方法なら、肉が傷む危険性はかなり減らせます。

ほかにも、大豆由来の食材は安くておすすめです⇒食費の節約のために必須な、私が一人暮らしで学んだおすすめの安い食材

私の場合、1週間分の鶏むね肉で300~500円前後使っていました。1ヶ月にすると、1,200~2000円です。

ただ最近、活動時間が増えたせいか、これだけだとお腹がかなり空きます。朝型生活だと、夕飯だけでは足りません⇒朝ごはんと晩御飯、健康な食生活にはどちらを重視すべきか?

そこで、もっと大量の肉を安く買えないかと考え始めました。

ネット通販の活用

まず私が目を付けたのは、いつもお世話になっている「楽天市場」です。普段から楽天カードを使っているので、何かあればまずは楽天をチェックしています。

さらに最近は、デビットカードも活用しています⇒楽天デビットカード始めました。実際使って分かった便利なポイントとレビュー

楽天は、ほかのショッピングモールと比べて肉や野菜などの生鮮食品が豊富。食べ物系を探すなら、まずは楽天市場を覗いてみるのが良いです。

鶏もも肉&鶏皮のまとめ買い

そして、楽天で見つけたのがこちらの肉です↓

P_20160518_164421

鶏もも肉と鶏皮の冷凍品、しめて4kgあります。持ってみるとかなり重く、万が一のときの武器としても役立ちそうな頑丈さでした。

送料なども含めると、「Meat-Gen」というお店がトータルで一番安かったように思います。値段は、鶏むね肉が972円で、鶏皮が756円です。

100g辺りの金額を計算すると、こんな感じになります↓

972+756=1,728円→1728÷40=43.2円

100g45円を切ります。スーパーの特売と比べても破格の値段です。これまで買っていた鶏むね肉よりも安く、かなりお財布に優しいといえます。

スポンサーリンク

送料はポイントを活用

楽天唯一のネックが、お店の送料がやたら高いこと。そこで、送料分は貯まったポイントを使って済ませることが多いです。

楽天カードで買い物やら引き落としやらをしていると、意識せずとも勝手にポイントが貯まっていきます。私の場合、送料分の値引きやちょっとした買い物などで使うことが多いです。

今履いている靴も、ポイントを使って買いました⇒(画像あり)自立へ向け、靴を断捨離。ミニマリスト志望の私が溜め込んでいたもの 場所は「2代目jungle moc」です。

楽天カード以外にも、楽天モバイルや楽天銀行などのサービスを使うと、よりポイントが貯まりやすいです。楽天市場をよく使うなら、利用中のサービスを楽天に統一するのもありかと思います。

自炊中心の人は、肉をまとめて買っておくと時間とお金が節約できます。冷凍庫があれば1ヶ月は保存が効くので、消化も難しくはありません。

少しでも食費を安くしたいときは、ネット通販もうまく活用してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿