弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

スケジュール管理には、todoリストがおすすめ。頭の中をミニマルに保つ情報整理術

公開日:2016.03.26 最終更新日:2017.02.24

スポンサーリンク

の中の情報をミニマルに保つと、仕事などの効率が上がるように思います。私も最近スケジュール管理todoリストを使い始めて、その効果を実感しています。

今回は私が実践する、todoリストを使った情報整理術についてお話しします。スケジュール帳や高機能な管理アプリが苦手という人にも、シンプルなtodoリストはおすすめです。

用事は何でもtodoリストに書く

私の場合、スマホにもともとインストールされていた「やることリスト」を使っています。ただ用事を書き出して、締め切りや時間を設定するだけのシンプルなアプリです。

お使いのスマホやパソコンにtodoリストが入っていれば、それを使えば大丈夫です。なるべく余計な機能がない方が、管理しやすいかと思います。

「デジタルが苦手」という場合は、手書きのノートやスケジュール帳でも構いません。自分が使いやすくて、続けられそうなものを使うのが一番です。

思いついた用事はとりあえずリスト化

取りあえず「これやんなきゃ」と思ったことはリストに入れます。頭の中に用事を入れっぱなしだと、日々の用事や作業がごっちゃになって頭が混乱してくるのです。

公共料金の支払い、いらない荷物の整理、ストックが切れた日用品や調味料の買い出しなど、何でもリスト化。気になったことは頭の中に残さず、全て外へ出してしまいます。

後は1日の始めなどにリストを見て、優先度の高い順に片付けていきます。アプリの中には「優先度」機能付きのリストもあるので、それを使うと良いです。

この「取りあえずリスト化」をするだけでも、頭の中がすっきりします。例え用事が済んでいなくても、リスト化すれば脳みそが軽くなるような感覚があるのです。

自分の中で色々なスケジュールを覚えておくのは、荷物をいくつも抱えて生活するようなものです。todoリストは、その荷物を代わりに引き受けてくれる役割を持っています。

頭の中の荷物を減らすと、脳の中のメモリーを無駄にせずに済みます。メモリーの消費をミニマル化することは、脳の負担と心のストレスを減らすにもとても効果的です。

買い物リストもtodoリスト化

やるべき用事だけでなく、「欲しいもの」「気になるもの」もリスト化します。これは頭の中をミニマルにするだけでなく、無駄遣いをなくすにも効果があります。

欲しいものは書き出して様子見

気になった便利グッズや趣味のグッズは、リスト化しておいて様子を見ます。「欲しい」という思いをしっかりリスト化することで、気持ちが半分くらいは落ち着きます。

そうするとその後、自分に必要でないものは「やっぱり買わなくていいや」と思い直せます。最終的に、本当に必要で欲しいものだけに絞り込めるのです。

ネットの衝動買いが止められないときも、このリスト化は有効です。欲しい気持ちは頭の中に残さず、外に出して「見える化」するとその気持ちと冷静に向き合えるようになります。

一緒に「なぜそれを欲しいと思ったのか?」という理由も書いておけば、自分の衝動買いのパターンが見えてきます。衝動買いの理由が分かれば、本当に必要な対策も分かるのではないかと思います。

ネットの「ほしい物リスト」なども活用

todoリスト以外に使えるのが、ネットショップの「ほしい物リスト」です。Amazonや楽天など、大手サイトには必ずあります。

ここに必要なものを残しておけば、後で買うときに一から検索せずに済むので少し楽です。逆に大していらないものは、時間が経つと忘れてしまったりします。

「欲しいものが多すぎてtodoリストがいっぱいになる」という場合、とりあえず「ほしい物リストに書いて様子見」でも無駄遣いを減らせるかと思います。

スポンサーリンク

todoリストを定期的に削除

todoリストは書きっぱなしにせず、定期的に削除します。いつまでもリストに残しておくと、やがて再び脳のメモリーを無駄遣いし始めます。

終わった用事

todoリストを使っていて一番楽しい瞬間は、終わった用事をリストから削除するときです。やることリストの項目が1つ減るごとに、心も軽くなっていきます。

私の「やることリスト」は終わった用事を自動で消す機能がないので、いつも手動で消しています。が、これが逆に「用事を終わらせた」という実感を湧かせてくれます。

溜まった用事をまとめて済ませ、リストから一斉削除するのはとても快感です。「今日はこれを消そう」とゲーム感覚でも取り組めて、用事が少し楽しくなります。

ずっと手付かずの用事

終わった用事のほかに、ずっと手付かずのリストも定期的に削除します。私の場合、買い物リストから「欲しくなくなったもの」を消すことが多いです。

後は「住宅保険の加入を考える」など、今の生活では優先度が低そうなこともリストから削除するようにしています。リストには、早めに済ませる用事だけ残す方が頭がすっきりします。

自分の中で優先度が低いことは、リスト化しても結局やらずに終わることが多いです。いつまでもリストに残っている「用事」は、いったんスパッと切ってしまった方が良いです。

本当にやりたいことなら、また時間が経ったらやりたくなるはずです。そのときにもう1度、todoリストに入れれば良いと思います。

頭の中が用事でいっぱいになると、本当にやりたいこと・やるべきことに脳のメモリーを使えなくなってしまいます。思いついた用事は、何でも外に出してしまった方が効率的に動けます。

シンプルなtodoリストなら、スケジュール管理が苦手な人でも簡単に使えます。メモ帳でもノートでも良いので、まずはtodoリストを作って気になったことを書き出してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿