弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

一人暮らしの手洗い洗濯。洗いものの手間を減らして家事を楽にするコツ

公開日:2016.03.25 最終更新日:2016.09.10

スポンサーリンク

洗濯機がないと、洗濯は面倒です。それでも手洗いで済ませたいというとき、その手間を減らして家事を楽にするコツをお話しします。

私も一人暮らしを始めてから、洗濯は手洗いです。今はむしろ洗濯機を買う方がお金がかかるし面倒だから、手洗いで良いやと開き直っています。

寝てる間に浸け置き洗い

一から洗濯ものをゴシゴシ洗うのは大変です。手洗いの場合、洗濯は「浸け置き洗い」をメインにすると楽になります。

寝る前にたらいに水を張り、中にアルカリ性の洗浄剤を入れます。その洗浄液に洗いものを放り込んで一晩置けば、朝には汚れが落ちています。

翌日は、洗濯ものを2~3回すすいで脱水して乾かします。浸け置きしても気になる汚れは、すすぎの前に洗濯板でゴシゴシ洗います。

私の場合、お風呂上がりに残り湯をたらいに張り、その中にセスキ炭酸を入れています。くつ下などの汚れも「浸け置き→洗濯板」できれいになります。汚れにセスキを付けると、さらに落ちやすいです。

洗いものをすすぐときは、セスキのぬめりが落ちるよう念入りにやるのがポイントです。ここをいい加減にやると、衣類にセスキが残って繊維が傷むかもしれません。

セスキを落とすには、服を1着1着しっかり押し洗いすると良いです。たらいの中で洗濯ものをクルクル回して、押し洗いしていない部分がないようにします。

すすぎをしっかりやれば、服が臭うこともありません。乾いた洗濯ものの臭いをいつもチェックしていますが、今のところ「服が生臭い」という事態は起こっていません。

手袋をつけるのがおすすめ

洗濯に使うアルカリ剤は、皮膚を溶かす力があります。素手で洗濯すると手がエラいことになるので、ゴム手袋を付けることを強くおすすめします。

脱水し過ぎない

手洗いで一番大変なのは、脱水です。そこであえて、脱水はほどほどにした方が楽になります。

これだと「乾くのに時間がかかる」「乾かしてる途中で水がしたたる」などのデメリットがありますが、最終的には乾いてくれます。真冬でも、昼間は外・夜は室内で干せば1日で乾きます。

雨で外に干せないときは、私は布団乾燥機を使ったりしています⇒ミニマリストを目指す私が、あえて布団乾燥機のスマートドライをおすすめしたい理由

「どうしても早く乾かさねばならない」ということがない限り、脱水が多少不十分でも何とかなります。どうにも有効な脱水方法が見つからないので、私は現状「ほどほど脱水」で落ち着いています。

絞り過ぎると服が傷む

「面倒」というほかにも、脱水のし過ぎは服を傷めます。服が伸びたりしわくちゃになったり、ひどいときは穴が空いてしまいます。

私も最初の頃、薄手のカットソーを思い切り絞り上げて穴を2つほど空けたという哀しい思い出があります。それからは、洋服や下着は力いっぱい絞ることを止めました。

スポンサーリンク

なるべくマメに洗濯する

以前は「まとめて洗った方が手間が少ないのでは?」と思っていましたが、これは全くの間違いでした。むしろ洗濯は、マメにやった方が面倒になりません。

洗濯をマメにすると、当然ですが1回の洗濯ものの量が減ります。洗いものが下着などの小物だけなら、すすぎから干すまで30分あれば十分です。

干すものが少なければ、もの干し台も小さなもので済みます。ゴチャゴチャと洗濯ものを吊るさないので、乾きやすいというメリットもあります。

洗濯は溜めるから面倒になる

例え小さな洗濯ものでも、1週間分も溜まると洗濯も一苦労です。そこに普段着やパジャマが加われば、1時間以上は確実にかかります。

どうということのない靴下やキャミソール1枚でも、その日に洗えば週末の洗濯ものが減らせます。溜まりやすいタオルや下着類だけでも、マメに洗った方が良いです。

洋服は1日ごとに洗濯に出さない

洗濯を習慣化するには、「洋服は1日ごとに洗濯に出さない」ことが効果的かと思います。真夏でもない限り、洋服は毎日洗わずともそこまで汚くならないものです。

特に家にいることが多いのなら、同じ服でも3~4日はいけます⇒洋服を洗濯する手間を減らすため、ズボラな私がやっているエコすぎる方法

外で働いているにしても、デスクワークが中心なら1日で服が汚くなることはないような気がします。下着さえ毎日変えれば、上の服は案外きれいです。

「毎日同じ服だと人目が気になる」という場合は、2~3着の服をローテーションで着るという方法もあります。洗うときは1着づつ順番にすれば、洗濯にも時間はかかりません。

私はバイト時代、毎日出勤でないのを良いことに2回は同じ服で働きに出ていたこともあります。週3~4日のパートタイムやアルバイトで毎日シフトが入っていないなら、そういう手もありかと思います。

洗濯ものを溜め込まないと、精神的にもストレスがありません。洗濯を待っている山積みの洋服は、そこにあるだけである種のプレッシャーを感じます。

手洗いは洗濯機の3倍は手間がかかりますが、ちょっとした工夫で面倒は減らせます。浸け置きなどで時間をうまく使えば、手洗いも苦痛ではなくなります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850391総閲覧数:
  • 611今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ