弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

単身の引越し手続きをした話。一人暮らしに必要な準備とは~手配・後始末編~

公開日:2016.02.18 最終更新日:2016.04.18

スポンサーリンク

引っ越しの期限は1週間。その間に、準備でワタワタとしています。今回は、一人暮らしに必要な家財道具や荷造り用のダンボールの手配、やり残したことを済ませた話です。

家具の手配

まずは、一人暮らしに必要な家具の手配です。が、じっくり品定めする時間は私にありません。そこで今回は、家具のレンタルサービスを利用することにしました。

レンタルなら「費用の節約」「品定め」「処分の手間」など、荷物に関する悩みが一気に解消できます。まさに、私のような面倒くさがりにピッタリです。

家具レンタルサービス

選んだ業者は、大手の「かして!どっとこむ」。ほかに比べて安いうえ、新品と中古から好きな方を選べます。

さらに今なら、プライスダウン中で新品が安く借りられるようになっていました。もしかしたら、引っ越しのピーク時期のキャンペーンなのかもしれません。

お金との兼ね合いを考え、「最低限これだけあれば何とかなろう」というものを選びました。

冷蔵庫

一人暮らししたら自炊する予定なので、冷蔵庫がないとはじまりません。食料を蓄えられそうな、140Lの大きさを選びました。どんな製品がくるか、今から緊張です。

ローテーブル

テーブルがないと、全ての作業を床でこなさねばならなくなります。腰が痛くなりそうなので、とりあえず1つ頼むことにしました。

コンロ

大事なものを忘れるところでした。引越し先にはコンロがないので、自前で用意しなければいけません。せっかく冷蔵庫があっても、火が使えないのでは料理などできるはずもありません。

「かして!どっとこむ」だと2口が最大だったので、それを頼みました。これでどこまでできるか頑張りたいと思います。

ダンボールの手配

引っ越しには欠かせない、荷造り用のダンボールの手配。私の場合、家具がない代わりに大量の私物があります。私物は全て引越し先に持っていく予定なので、それなりの数のダンボールが必要でした。

無料ダンボールの入手は難しい

「どうせなら、ダンボールはタダで欲しい」。引っ越しする人なら誰もが考えるであろう節約術です。私もその例にもれず、最初はタダでダンボールをもらってくる予定でした。

基本は近所のドラッグストアやホームセンターに、朝イチで電話をかけます。午前中であれば、荷物を出したばかりのダンボールが山積みになっているはずです。それを、首尾よくもらってくる予定でした。

が、引っ越しまで1週間をきったという切羽詰まった状況。たった1人、ほかの手続きと並行しながらダンボールまでもらってくるというのは案外に困難なことでした。

例えダンボールがあったとしても、大きさや数がこちらの都合よくそろっているワケではありません。私はやむなく「タダのダンボール」は諦めました。

が、ダンボールをどこで買う?

残る道はダンボールを自腹で買うことですが、そこでも私は立ち止まりました。「引っ越し用のダンボールを安く買うには、どうすれば良いのか?」。この期に及んで、まだ安く済ませることを考えていました。

そこで色々と調べた結果「フジモクネットショプ」に辿り着きました。私が調べた限りでは、ここのセットが一番シンプルで、安いように感じました。

フジモクネットショプでは、引っ越し用のダンボールを10枚から頼むことができます。ほかの業者だと「20枚から」などというところが多かったので、これは便利だと思いました。

サイズは、S・M・Lの3種類。違うサイズを組み合わせることもできます。私は初めての引っ越しということもあり、1番人気の「Mサイズ10枚」を頼むことにしました。

13時までなら翌日配送してもらえますが、私が注文したのは16時……。引っ越し4日前のことでした。次の引っ越しのときは、あと2日は早く注文したいです。

配送の手配

荷造りの手配と同時に、配送の手配も必要です。荷物はダンボールだけなので、最初は「ゆうパックで良いか」と軽く考えていました。

が、予定というのは大抵狂うものです。私の荷物は予定の倍近い、ダンボール20箱となりました。それに加え、大きな布団も付いてくることとなりました。

これには郵便局の職員さんも困惑し、最終的に「赤帽」の利用まで勧められてしまいました。いくら時間がないとはいえ、自分の手際の悪さを呪いました。

そこで急きょ予定を変え、今は赤帽の方で見積もりを出しているところです。

レンタルしてるものの返却

役所へ手続きに行くついでに、図書館で借りていた本も返してきました。うっかり忘れてしまったら、もう一度実家まで帰ってこねばならなくなります。

引っ越しに必要な届け出などの手続きは、こちらをどうぞ⇒単身の引越し手続きをした話。一人暮らしに必要な準備とは~届け出編~

図書館の本なら延滞金はかかりませんが、もしDVDレンタルサービスを利用中の場合は悲惨です。何かレンタル中のものはないか、予めチェックしておくことをおすすめします。

料金支払い

現在、猶予してもらっていた年金を毎月支払っています⇒老後破産回避のため、年金の支払を再開。みるみる減っていく貯金に冷や汗が出る

年金の追納のために、年金事務所から送ってもらった支払い書を手元に持っていました。が、引越し後もこれが使えるかどうか、いまいち自信がありませんでした。

「ならば引越し前に払ってしまおう」と、2月・3月分の年金を一気に支払い。これで来月は支払いにいかずに済むので、ちょっとスッキリしました。

税金はどうする?

住民税の方はどうすれば良いか、まだ検討がつきません。役所で聞いてみたところ「引越し先で聞いてください」と言われたので、引越し後に何とかするしかありません。

そのまま放ったらかして、「脱税」「延滞金」などに発展したら面倒です。正直不安ですが、言われたとおり役所で聞いてみようと思います。

最初の予定とは大幅に狂いながらも、何とか引っ越しの準備は進んでいます。終わるまでもうひと踏ん張りです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1903196総閲覧数:
  • 4716今日の閲覧数:
  • 6150昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ