弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

服の断捨離を極めた先にある、私服の制服化。私の秋冬の「私服の制服」候補

公開日:2015.11.04 最終更新日:2016.06.11

スポンサーリンク

私服の制服化。何だか矛盾している言葉にも見えますが、私服も毎日同じものを着れば立派な制服になります。私服を制服化できれば、ほかの洋服の断捨離もはかどります。

そこで今回は、私の秋冬の制服候補を考えてみました。

制服の条件

私服の制服化となると、部屋でも外でも快適に過ごせる服でなければいけません。そこから、私なりの制服の条件を考えてみました。

シンプルなデザイン

デザインは、シンプルで飽きのこないもの。形は普通のTシャツやカットソー、模様は無地・ボーダー・チェックなどが理想です。レースやフリルなどの装飾も、一切ない方が良いです。

ボトムスは基本デニムなので、トップスもデニムと相性の良いものを選ぶことが多いです。すると自然に、中性的な洋服ばかり着ることになりました。

動きやすい

仕事もプライベートも同じ服で過ごすとなると、動きやすさも大事です。特に肩まわりなどは、腕を伸ばしたときに引っかかると気になります。生地が硬い綿シャツなどは、腕が動かしづらいです。

柔らかくて体の動きを邪魔しないか、ストレッチ素材で身体にフィットするものが良いかと考えています。

座って作業がしやすい

部屋にイスがないので、床に座って作業しやすい服が良いです。正座したり横座りしたり、ときにはあぐらをかいてパソコンに向き合うこともあります。

デニムパンツは、立っても座っても作業しやすいので快適です。生地が丈夫で、汚れにくいというメリットもあります。

ウェストがキツいものだと、座ったときお腹が締め付けられることがあります。腰からずり落ちない程度に、ウェストに合うボトムスが理想です。

脱ぎ着しやすい

地味なポイントではありますが、脱ぎ着のしやすさも無視できません。ワイシャツなどの場合、いちいちボタンを留めたり外すのを面倒に感じてしまいます。

私のようなものぐさの場合、スポッと脱げてサッと着られる、Tシャツやトレーナーの方が相性が良いです。

洗濯が楽

日常使いすることを考えると、手入れのしやすさも重要かと思います。うっかりシルクなどのデリケート素材を選ぶと、洗濯に手間と時間がかかるかもしれません。

今のところ洗濯は手洗いなので、それに耐えられる素材なら大丈夫かと思っています。シンプルな綿や麻の素材なら良さそうです。

制服候補の洋服・コーディネート

上の条件をもとに、手持ちの服から制服候補を選んでみました。完全には絞りきれていませんが、今後の制服選びの参考にはなるかと思っています。

長袖Tシャツ+半袖Tシャツ+デニムパンツ

秋冬は毎日のように着る、重ね着とデニムパンツのスタイルです。

P_20160317_180740

黒のカットソーに、白のTシャツを重ね着、下はベーシックなデニムパンツです。シンプル・動きやすいなどの条件ともピッタリあっています。

上の白Tシャツは、たまにボーダーTシャツに変わったりもします。

ほかの重ね着スタイルはこちら⇒ミニマリストを目指す私の秋冬ファッションコーディネート。おしゃれは少ない洋服から

カットソー+スキニーデニム

こちらは、1枚で着られるカットソーとスキニーデニムの組み合わせです。

P_20160325_153700

春は上着なしで、このままでかけたりもします。1枚で着られる服があると、コーディネートを考える必要がなくて楽です。

動きやすさに関しても、全く問題ありませんでした。スキニーだと動きにくいのではと思っていましたが、実際に作業してみると違和感はありませんでした。

アウター3着

外に出るときのアウターは、以下の3着で落ち着いています。

ネット通販で、500円で買ったジャンパー↓

P_20160317_173907

短い丈がポイントのダッフルコート↓

P_20160317_174017

重ね着風のチェックのジャケット↓

P_20160317_175356

冬のアウターだけで3着もあるのは多い気もしますが、上着が好きなので多分これ以上は減りません。3着とも、着られなくなるまで着倒します。

部屋で着る上着

家の中では、ごく普通のパーカーで過ごします。洋服1枚だと真冬は寒いので、上着は欠かせません。

P_20160325_154129

冬は、お風呂に入るとき以外ずっとこれを着ています。料理のときはジッパーを閉めて、エプロン代わりにしてしまっています。これを洗濯するときは、ランニング用に買ったジャージを着ます。

洋服への汚れやダメージも考えると、家用の上着があると私服の制服化がさらにはかどるのではと思います。

外出には絶対に欠かせない靴は、MERRELL(メレル)のjunglemoc(ジャングルモック)です。

P_20160325_155848

靴だけは、完全にブランドが決まっています。junglemocはこれで2代目です。おそらく、次の靴もjunglemocを選ぶと思います。

脱ぎやすい・疲れにくい・シンプルデザインと、私の好みとピッタリ合っています。ヒモがなく、結ぶ手間を気にしなくて良いのが気に入っています。

私服の制服化を極めたスティーブ・ジョブズは、服のブランドや商品まで完全に決まっていたようです。そこまでいくのは大変そうですが、挑戦したら面白そうです。

時間はかかると思いますが、「理想の1着」を地道に探していこうかと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿