弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

一人暮らしの食費の節約に効果的な、常備におすすめの食材とは?

公開日:2016.07.14

スポンサーリンク

今回は、一人暮らし食費節約効果的な、冷蔵庫に常備しておきたいおすすめ食材についてお話します。

安いことはもちろん、栄養があって健康に良さそうなものをなるべく選ぶようにしています。主にタンパク質と炭水化物をカバーし、後はそのときどきで安い野菜を買っています。

もやし

食費節約の王道といえば、やはりもやしです。100%国内生産なので、価格が跳ね上がらないところも魅力です。

安いところで買えば、大体1袋250gで20円前後。3袋買えば1週間は持ちます。お給料日前などでも、もやしが冷蔵庫にあるとそれだけで安心感が増すのではないでしょうか。

そのまま炒めものにするのはもちろん、塩ゆでして常備菜にしたり料理のかさ増しに使ったりと、どんな食材にも合わせられる万能食材です。ボリュームがほしいときは、大体もやしを入れれば間違いありません。

納豆

納豆も、安くて腹持ちの良い優秀な食品です。3パックで60~70円が基本ですが、安売りスーパーでは4パック65円というところもあったりします。

より安さを追求するなら、タレ・からし無しの商品がおすすめです。料理に使うことが多いなら、こちらの方が便利かもしれません。

大豆由来の製品は安いものが多いので、節約には欠かせません⇒

高野豆腐

主に植物性タンパク質はもやしと納豆が主でしたが、最近はそこに高野豆腐が加わりました。今まではボソボソして美味しくないイメージがあったのですが、久々に食べると病みつきになりました。

スーパーだと10個入りで280~300円前後、普通の豆腐より若干高めです。店によっては、250~260円のところもあります。

高野豆腐の最大の魅力は、1つ食べればかなりの満腹感が得られるところ。いつものメニューに高野豆腐を1品足すだけで、大分お腹がいっぱいになります。

私も高野豆腐を食べる日と食べない日とで、お腹の空き具合に天地の開きがでます。お昼に高野豆腐を食べておくと、夕飯まで余裕で持ってくれるのです。

熱湯で戻して湯豆腐にしたりしょう油で焼いたり、細かくしてハンバーグのつなぎにしたり。一口大に切ったものに衣をつけて揚げれば、唐揚げのようにもなります。

さらにはスポンジのような食感を利用して、甘く味付けすればスイーツにも早変わりします。やりようによって何にでも化ける、超がつく優等生食材です。

こんにゃく

食物繊維が多く、ダイエット食材としても人気です。私はよく甘辛に煮て、常備菜として食べています。

商品によりまちまちですが、大体1パック200~220gで30~40円前後です。そのまま煮物にしたり味噌汁の具にしたりと、使いどころも多い便利食材です。

スポンサーリンク

たまご

動物性タンパク質を摂るなら、肉よりたまごです。1パック10個入りを100円で買えれば、だいぶ食費が浮きます。

ただ、安売りたまごは競争率が高いので、開店と同時に売り切れることもザラです。セールの日に朝イチで突撃するか、穴場の安売り店を地道に探すのが良いかと思います。

私の近所の店でも、100円のたまごは午前中にはなくなってしまいます。そのためたまごの日は、作業を途中で切り上げて店に出向くこともあります。

とり肉

肉を買うなら、とり肉が一番安いです。冷凍肉を安く売る店は多いので、なるべく色々な店を回って値段を見るようにしています。色々な部位が売っていますが、一番安いのはむね肉です。

ネットでは、2kgの冷凍もも肉が約970円で手に入ります⇒冷凍鶏肉のまとめ買いで食費を節約。100g45円以下に値下げできる方法とは?

しかし最近は、地元の業務系スーパーの方が安いという事実に今さらながら気付きました。一番安いもので、2kg700円前後というものがありました。

安売り品は海外産の肉が多いなか、業務系スーパーは国産の肉が低価格で手に入るのも嬉しいポイントです。産地にこだわりのある人は、一度足を運んでみるのも良いと思います。

オートミール

安くて簡単に食べられそうな朝ごはんを探していたところ、オートミールにたどり着きました。

オートミールは、オーツ麦を乾燥させてシリアル状にしたもの。ヨーロッパなどでは日常的に食べられている、日本でいうご飯のような存在です。

値段の幅は様々ですが、安ければ1kg400円前後で手に入ります。ネットでは、クエーカーというメーカーの4.25kg入りが1,600円から売られています。

普通の小麦粉より栄養価が高く、お湯や牛乳で煮るだけでおかゆができるという手軽さが魅力。ふやかすとかさが増え、少ない量でもいっぱい食べられるのも良い点です。

おかゆにして食べる以外にも、肉料理のつなぎ、パン粉・小麦粉代わり、お菓子の材料など、これ1つで色々なものがカバーできます。

さらにこだわり派の人は、好きなドライフルーツやナッツと混ぜた手作りのシリアルがおすすめ。はちみつやシロップと混ぜあわせて焼けば、オリジナルシリアルの完成です。

食べるものは、できる限りシンプルに済ませられることが理想です。なるべくは、自然の状態に近いものを選びたいと思っています。そのうえで、安くできるところは安くしていければと考えています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿