弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

黒字の鉄則は「利益>経費」。「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」から学ぶ節約術(1)

公開日:2016.09.16

スポンサーリンク

発売当初からずっと気になっていた、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」を読みました。元々は会計の本ですが、日々の節約にもとても役立ちそうな内容です。

「さおだけ屋」で学んだことを忘れないためにも、得た知識をまとめてみようと思います。まずは、「黒字家計」のための永遠の鉄則です。

黒字家計、永遠の鉄則

「収入>支出」

この数式を守れさえすれば、家計は黒字を保てます。ただこれが簡単にできないから、私を含め庶民は苦労を強いられているのだと思います。

これを守り続けるには、2通りの方法があります。

・収入を増やす

・支出を減らす

仕事を頑張ってお給料を上げるか、節約を頑張って生活費を削るか。どちらも、それなりの苦労があります。

支出を減らすときに効くのは、通信費などの固定費を減らすことです⇒節約してるはずなのに貯金できないときは、無意識の無駄遣いが理由かも。 場所は「固定費も疑ってかかる」です。

私の場合、まず圧倒的に収入が足りません。奨学金と年金の支払いで、月収の半分以上が吹っ飛ぶという哀しい有様です。

奨学金と年金は、300万円近い支払いが溜まっています⇒現在の借金、約300万円。奨学金と年金が両肩に重くのしかかる、枯れ女の現実

そんな中でも、息をするようにオタク趣味へは散財するというマイペースな枯れ女。今も、年末に出る「サガ」の新作の限定版が気になってしょうがありません。

本当は、オタク費をなくせば支出はかなり減るのです。が、そこをなくしてしまったら、私の人生の半分は終ったも同然です。食費や光熱費やファッション費は削れても、趣味だけは削れません。

これはライター業を頑張りつつバイトで賄うなど、何としても収入増の道を見つけねばなりません。早く、趣味を満喫しつつお金が残る生活を実現したいものです。

スポンサーリンク

本当にお得な節約とは

節約を頑張っているはずなのに、なぜか家計は赤字。それは、節約のしどころを間違えているせいかもしれません。

これは私もやってしまうのですが、節約を考えるときはつい「値引率」を見てしまいます。「半額」「3割引き」などのワードに、心惹かれることはよくあると思います。

しかしスーパーでいくら安売り食材を買っても、節約効果は月に数百円ていど。これは「自分へのご褒美」などと、お高めのスイーツを買ったら赤字になる額です。

節約は絶対値で考える

本の中で言っていたのは、代わりに「金額」で考える節約です。何円得するかを考えることで、本当にお得な節約ができると言います。

前の安売りスーパーで食品を買うことを頑張るなら、それより通信費の見直しの方が大きく節約できます。もし格安スマホに乗り換えたなら、それだけで月数千円を自動的に削れるのです。

格安スマホを格安wimaxで、携帯・インターネット合わせても5,000円で済みます⇒スマホの携帯料金とパソコンの通信費を、合わせて月5000円以下に節約する方法とは?

しかし私が一番目からウロコだったのは、「高い買い物ほど安く抑える」という考えです。もし11万円と10万円の品があったら、10万の品の方が1万円も節約になります。

高いもの信仰の私だったら、こういうときは迷わず11万円のものを選ぶでしょう。10万単位の買い物で、1万円など大した差ではない。ここは思い切って使おうと考えてしまうのです。

今までも「気に入ったなら高くても買う」という方式でしたが、これも赤字体質になる危険な考えなのかもしれません。高いものを買うのは良いとして、出て行く金額自体もしっかり考えないと浪費になりそうです。

私は自分でケチだと思っていましたが、未だ真のケチではないと思い知りました。今後は「何円得なのか?」ということも考えて、より「ケチ道」を究めていこうと思います。

(そのうえで、セール品を積極的に買ったり無駄遣いをしない「小さなケチ」も積み重ねます)

黒字家計の鉄則は「収入>支出」。こう一口に言っても、その方法は無数にあります。支出を減らすにしても、まだ私の知らないことがたくさんあるのだと思います。

数字に強くなれば、家計にも強くなれる。会計も、しっかり勉強したら面白そうな気がしてきました。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿