弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

流行ファッションやトレンド服を追うのを止めれば、おしゃれの悩みはもっと減る。

公開日:2016.10.04

スポンサーリンク

おしゃれファッションが大変だと感じるのは、流行を意識するからです。トレンド服を買うことを止めれば、おしゃれはとても楽になります。

第一トレンドといっても、ファッション業界が意識的に作っている流れに過ぎません。その流れに乗ることを止めれば、無理に服を買い換える必要もなくなるのです。

そうすれば服のサイクルを気にする必要なく、自分の好きなものを好きなだけ着続けることができます。どうすれば流行を気にせず自分らしいおしゃれが楽しめるのか、ポイントを紹介します。

流行=おしゃれという思い込みを捨てる

流行を取り入れなければおしゃれになれないというのは、アパレル業界が作り出した勝手な幻想といえます。特に女性のファッションは時代を色濃く映し出すので、余計にそういうイメージがあります。

確かに、何十年も前の服を着ればあからさまに浮きます。が、たかだか数ヶ月~1年前の服がすぐダサくなるというのは考えにくいです。ベーシックなアイテムなら、普通に5年以上は通用します。

(自分の年齢が追いつかないという可能性もありますが……)

私が持っているカーキのTシャツも、20代前半に買ったものと記憶しています。しかし未だに現役です⇒カーキ色のTシャツを使った、少ない洋服で作るカジュアルファッションコーディネート

流行の服にしても、毎年似たようなアイテムが流行ります。ただ色や柄が、ちょっとリニューアルされるだけ。別に去年のものでも、おしゃれな着こなしに何ら不都合はないのです。

ファッション広告を見ない

世の中見渡すと、どこもかしこも広告だらけです。常に広告ばかり見ていると、必要ない服でも買いたくなってきます。

広告を見ないようにするには、テレビ・雑誌・ネットと触れ合う機会を減らすのが一番。私はテレビを断捨離して半年ほどですが、元々低かった服への物欲がもっと減りました。

広告を目にする回数が減ると、必然トレンドにも疎くなります。トレンドに疎くなると、必死に流行を追わずとも着る服はあるのだということを実感できるのです。

広告が厄介なのは、その気がなくても買わせる力があるということです。

はじめは興味がなくても、CMで芸能人がおしゃれに着こなすのを見ていると「自分もああいうスタイルを試したい」と感じるから恐ろしいものです。テレビCMには、人をその気にさせる力があるのだと思います。

例えば、2016年秋のユニクロの広告。今旬の女優、二階堂ふみ氏のテレビCMを見た人は多いと思います。

我が家のポストには未だに近所のユニクロのチラシが入りますが、チラシのモデルと芸能人が着るのでは天地の差です。「イメージ」というのは、服の価値を何倍にも高く見せる効果があるのだと思います。

テレビに限らず、雑誌でもネットでも共通するのは「今はこれがおしゃれ」というメッセージ。これは裏を返せば、「これを着なきゃおしゃれになれない」という軽い脅しではないでしょうか。

これが脳に刷り込まれると、いつしか「トレンドを追う=おしゃれ」という図式が出来上がります。自分でも無意識のうちに、流行のファッションを着るのが当たり前となるのです。

自分で洋服を選んでいるつもりでも、裏では広告に乗せられているだけかもしれません。服を買う前は「自分は本当にこの服がほしいのか?」慎重に考える必要があります。

スポンサーリンク

お店に行く回数を減らす

アパレル業界がたくさんの広告を出すのは、まずお店に足を運んでもらうためです。そもそもお店に行かなければ、服をつい買ってしまう危険性は格段に減ります。

無駄遣いの多い人ほど、お店に行く回数は減らした方が安全。セールが好きな人は特に注意です⇒セールで安い洋服を見ても、衝動買いせず無駄遣いを防ぐ方法

お店に入って無駄遣いしてしまうパターンは、「何となく」ふらりと立ち寄ること。「新しいCMの商品を見たい」などと考えると、見るだけでは済まない可能性もあるのです。

一方で小さいショップは店員さんと話すと、「買わなきゃ申し訳ない」という気になるかもしれません。

(店員さんに何かを頼むのも試着するのもサービスの一貫なので、買わなきゃいけないルールはないのですが)

お店に行くのは、「今日はこれを買う」と決めたときだけにするのが無難です。目当てのものを買ったら、脇目も振らずに店を出るとより安心です。

ネットは店頭と心得る

店頭に足を運ばない人でも、ネットはよく見ると思います。ネットの場合は広告から直接ポチッと服を買える気軽さがあるので、無駄遣い体質の人ほど要注意です。

ネットほど、無意識で買い物ができるメディアもないと思います。暇つぶし目的で商品を見て回るなど、何となくのネットサーフィンはおすすめできません。

ネットショップも、リアルの店頭だという気持ちで付き合う。服が次々に欲しくなる人は、それぐらいの意識が必要です。

おしゃれが悩みのタネになるのは、流行やトレンドを気にしすぎるからです。いっそ流行は忘れて自分が着たいものを着れば、ファッションともっと気軽に楽しく付き合えます。

ファッション業界の人間でもない限り、1年中トレンドの先端を気にするのは疲れます。流行も、自分が気に入ったときだけ取り入れればそれで十分です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1858352総閲覧数:
  • 1835今日の閲覧数:
  • 6737昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ