弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

かさばる旅行の荷物、持つ服を減らすズボラ過ぎな方法。

公開日:2017.01.30

スポンサーリンク

服は、旅行で一番かさばる少々厄介な荷物です。なるべく持っていく服を減らすために、ズボラな私がやっている方法を紹介します。

手持ちのバッグが少ないため、以前はリュックとエコバッグに無理やり服を詰め込み。今では服の量を減らして、ボストンバッグに下着込みで数着で済んでいます。

かさばる服が減るだけで、持っていく荷物もすっきりスマートに。準備の手間も減って楽ちんです。お手軽に荷物を減らしたい方はチェックしてみてください。

重ね着して持っていく

冬の時期、薄い洋服ならば重ね着という手が使えます。下の方にピタッとフィットする洋服を持ってくれば、余裕で着られます。

私の場合は、伸縮性のカットソーの上に普通のカットソーや長袖Tシャツを着ることが多いです。その上から上着を着るので、見た目が多少おかしくても隠し通せます。

(組み合わせによっては、「レイヤード」ということで誤魔化る場合もあります)

私はまだ試していませんが、薄手のインナーならば3枚くらいはいけるんじゃないでしょうか。極薄の服が手に入ったら試したいです。

春先なら、白シャツの下に半袖や七分袖を重ね着という方法も。私も春秋は、白シャツは上着として活用します⇒秋の三連休、少ない洋服でお出かけを楽しむ枯れ女ミニマリストの白シャツコーデ。

白シャツはインナーにもアウターにも使いまわせるので、服の数を減らすにはおすすめです。

まだ「下着の重ね着」というのはやったことが無いですが、ちょっと形が崩れそうで心配です。ショーツだったら、2枚くらいはセーフゾーンでしょうか。

数日程度なら同じ服でしのぐ

数日同じ服で過ごすというのは、在宅で仕事をする私が普段からやっている方法です。が、実家に帰省する程度なら、自宅と同じ手が使えることが分かってきました。

どうせ実家でも、ほぼ自宅と同じような過ごし方。每日着替える服は必要ありませんでした。

私が実家に帰省したときの行動パターンはこちら⇒実家に帰省してもやることない。30代枯れ女が提案する、気楽な年末年始の過ごし方。

ここ最近はまともな旅行などしていませんが、多分普通の旅行でも2泊3日くらいなら同じ服でやり過ごす気がします。夏真っ盛りで大量の汗でもかかない限りは、何とかなりそうです。

(私の旅は、一人旅が前提です)

スポンサーリンク

下着は2着を交互に手洗い

一番数が増えそうなショーツと靴下は、2着づつ持っていって交互に洗濯します。

洗面器に水を張って、石けんでゴシゴシ手洗い。絞って干しておけば、一晩で履ける程度に乾きます。

ブラジャーも、同じ方法で大丈夫だと思います。が、今の私はブラトップの着たきりなので、詳しいところは分かりません。ここ数年、普通のブラジャーを着ける習慣が一切なくなりました。

下着は、旅行の日数が長くなるほど多く持っていかないといけません。やはり身軽にするなら、2着を洗濯という戦法が一番なんじゃないでしょうか。

パジャマはなくても寝られる

さらに、地味にかさばると思っていたのがパジャマです。特に私が持っているパジャマは生地がしっかりしていて、たたむと分厚くなります。

しかし最近、自宅で「24時間着たきり生活」を始めてから「寝間着じゃなくても普通に眠れる」と分かりました。そこで、帰省のときもパジャマを持っていくのを止めました。

着たきりチャレンジの詳細はこちら。每日ヒートテック生活です⇒全身ユニクロのヒートテックコーデ、インナーとレギンスだけで冬を耐えられるか?

寝るときは上と下と脱いで、下着だけで寝ます。実家は我が家ほど寒くないので、風邪をひくこともなしです。

寝ている間は、身体が動かしやすくそれなりに快適。ですが、寝汗もかきやすいのが難です。汗っかきの人は、綿のインナーやレギンスで対策するのをおすすめします。

泊まる施設にもよりますが、普通のホテルで一人部屋なら下着だけでも大丈夫なんじゃないでしょうか。浴衣やバスローブがないときは、下着オンリーで眠るのもありです。

番外:服のかさを減らす収納術

持っていく量だけでなく、服を詰めるときもかさを出来るだけ減らす。私は、米軍式の服のたたみ方で収納しています。

米軍式たたみ方の詳しいやり方はこちら⇒ゴールデンウィークや夏休み旅行の荷造りにおすすめの服の収納法、米軍式のたたみ方

私がこの方法を知ったのは、本の取材を受けたときに大量の服を持っていく必要に見舞われたときです。リュックと小さい紙袋しかありませんでしたが、このたたみ方のおかげで上から下まで一通り持っていけました。

取材を受けた本についてはこちらで紹介中です⇒ブログが「服を減らしてたどり着いた大人のミニマリストスタイル」に掲載されました。

普通の長袖でもジーンズでも、クルクル巻くとコンパクトに収まって実に便利。この方法だと、普通のリュックでも3~4着が余裕で入ります。2~3泊ていどの旅行なら、大きなカバンは不要です。

せっかくの旅行、できれば身軽で快適に楽しみたいです。かさばる服が減れば、もっと旅行も楽になるんじゃないでしょうか。

いつも服がパンパンになってしまうという人は、試してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿