弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

貧乏な一人暮らし女が実践中の、お金を使わない休日の過ごし方。

公開日:2017.03.10

スポンサーリンク

世間は連休で盛り上がっていますが、貧乏な一人暮らし女に休日を楽しむ余裕はありません。普段お金を使わない私の、休日の過ごし方を紹介します。

お金がないならないで、休みの日にやることは困りません。貧乏人がどんな感じで休日を楽しんでいるのか、以下から見ていきます。

基本、フリーに休日はない

いきなり矛盾するようですが、現状、私に休みというのはほぼありません。平日も土日祝日も関係なく、ライター業に勤しんでいます。このブログの更新も、いまのところ毎日です。

十分に収入があれば、週に1日くらいは休めると思います。しかし年収60万円(2016年)の身としては、1日の休みでも死活問題です。

むしろ世間が休日だと賑わっているときこそ、フリーにとっては稼ぎどき。ブログのアクセスも平日より多いので、チャンスを逃すわけにはいきません。

休日は激減しましたが、フリーはフリーで良いこともあります。好きなときに起きて寝られるし、嫌な残業もなし。自分のペースで仕事できるのが最高に快適です。

私が実感する、フリーのメリットとデメリットも紹介中。詳しくはこちらから⇒仕事を辞めたいあなたへおくる、フリーの在宅ライターになるメリットとデメリット

たまに休むにしても、休日より断然平日です。皆が働いているとき、自分は一人のんびりダラダラできるというのが、フリーの大きな魅力だと思っています。

朝9時まで寝る→散歩で気分転換

しかし、いくら好きなことをやっているとはいえ、1日中引きこもってパソコンと向かい合うのもしんどいもの。収入が思ったように上がらないなら尚更です。

私は「もう嫌だ」という気持ちになるときが、今でも2~3ヶ月に1回はあります。そういうときはまず、気の済むまで寝ます。

何もする気力が起きないときは、1日ふて寝です。その様子はこちらから⇒どうしても仕事をしたくないときは、気の済むまで寝てストレス解消するのも効果的。

大体9時過ぎまで寝てのっそり起き出し、天気が良かったらフラフラと散歩へ。部屋にいると気分が塞いでくるので、外に出て気分転換です。

日光を浴びると、沈んだ気分も少し爽快になるから不思議なもの。パソコンの電源を付けなくても良い日というのは、心も実に穏やかです。

が、もし外が雨だったら、パソコンで動画鑑賞するかもしれません。結局、ただ仕事したくないだけです。

月に1回、432円のプチ贅沢

最近私がハマっているのは、近所のパン屋で買い食いすること。100円セールの日を狙って、4つのパンを選んでゆっくり味わいます。近くにイートインがあるので、外食気分が味わえて良いです。

私がプチ贅沢に目覚めた話はこちらでも⇒ケチりすぎの反動?プチ贅沢に目覚める。~枯れ女ミニマリスト・11月の財布事情~

大体パンを食べつつ本を読んだり、スマホをいじくったりです。何だかんだで、2時間ほどはのんびりしてから店を出ます。

大体イートインには、無料で飲めるお茶やお湯があるのも嬉しいポイント。最悪パンを買わずとも、1杯のお湯で数時間は粘れるのです。

たった400円でも、私には立派な贅沢です。4つのパン代を捻出するために、日々安売り食材を買いに走るという面もあるかもしれません。

ちなみに、今の平均食費は月6,500円です。詳細はこちら⇒枯れ女ミニマリストの質素な食生活、1ヶ月の食費を平均6500円に節約した方法とは。

家から菓子パンを持参して外で食べる

しかし1回400円の出費となると、そうやたらには使えません。先日は自宅から持参した菓子パンを、スーパーのイートインで食べました。どうということのない菓子パンやコンビニ弁当も、出先で食べると新鮮です。

(菓子パンは、実家に帰省したときお土産でもらったもの。母には本当に頭が上がりません)

幸いイートインが空いていたので、長居しても怒られませんでした。店にとっては迷惑な話ですが、満席でないならタダで居座る客も文句を言われる心配がないです。

かなり貧乏くさいですが、タダで外食気分が味わえます。ファミレス代すら惜しいときには、良い気分転換になるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

食べたいもの・欲しいものを「野望リスト」に記録

散歩から帰る道すがら、ベーカリーやショッピングモールに寄り道。美味しそうなスイーツなどを見かけたら、「いつか家計に余裕が出たら食べよう」と、密かに野望リストに入れます。

野望リストに入れたまま、1年以上放ったらかしになっているものも……⇒洋服が欲しいがお金がない。我慢が必要なとき、私がやっていた対処法。 場所は「1週間経ってからまた考えてみる」です。

今私が住んでいる地域は、やたらとパン屋や外食店が目立ちます。そういう店を、「いつか必ずや……」と横目で眺めつつ素通りするのが日課です。

浪費癖が悩みの人は、寄り道はあまりおすすめできません。しかし「いつか食べたいな」とウキウキしながら店内を眺め回すのは、それはそれで楽しいものです。

むしろ「買っちゃいけない」と思うから、余計に欲しくなるというのはあります。「そのうち買おう」と気楽に構えていた方が、案外お金を使わずに済むんじゃないでしょうか。

図書館でネタ探しをしつつ読書

本を買うお金がない人間にとって、図書館は貴重なオアシス。文章の記事を発掘がてら、目に付いた本をパラパラめくるのは楽しいです。

図書館をもっと便利に使う技を、こちらで紹介しています⇒節約の大きな味方。図書館を便利に使う活用術

図書館が良いのは本だけでなく、雑誌も読み放題なこと。タダで雑誌の最新号を読めるというのは、地味にありがたいです。

(私はよく「日経WOMAN」を読んでいます)

ネタになるような実用書だけでなく、小説や漫画、絵本を読むのもまた発見があって飽きません。電子書籍も便利ですが、やはり私は紙で活字を読むのが好きです。

ポップコーンを食べつつまったり過ごす

散歩を終えて自宅に帰った後は、大体ポップコーンを貪りつつ読書や動画鑑賞をするのがお決まりのコースです。ポップコーンは、自前で種を買って自分で作ります。

昔は専用のポップコーンマシーンを使っていましたが、最近は鍋でのポップコーン作りに挑戦中です。ガスコンロでは、わりあい上手く作れるようになりました。

が、引越し先のコンロはIHヒーター。先日作ったときは、火加減を間違えて盛大に焦がしました。

IHでも上手くやると、キレイなポップコーンを作れるらしいです。何とか鍋でのポップコーン作りをマスターして、マシーンを断捨離するのが当面の目標です。

休日でも平日でも、とにかくお金を使わないことが最優先です。最近はむしろ、いかに支出を削るかが楽しくなってきた気がします。

「お金を使わない」と決めれば、逆に色々とアイデアが思いつくかもしれません。いかにお金をかけずやり過ごすかというのも、なかなか刺激的です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿