弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

これで年越しもひと安心。物を持たない一人暮らしの大掃除まとめ。

スポンサーリンク

年末、これから大掃除をやるという人もいるんじゃないでしょうか。ものを持たない一人暮らしをしている、私の奮闘の様子をまとめました。

ものが少ないので、普通の大掃除よりは楽です。が、引っ越してから10ヶ月分の汚れを一掃するのは一筋縄じゃいきませんでした。

まずは掃除場所をリストアップ

まず私がやったのは、掃除場所のリストアップです⇒大掃除の計画表なら、ダスキンのプランシートで作るのが分かりやすくておすすめ。

ダスキンの大掃除シートを使うと、場所のピックアップが簡単に。イチから「どこを掃除するか?」と考えるよりも、リストの中から掃除場所を抜き出す方が手っ取り早いです。

まずは窓から

最初に手を付けたのは、ホコリだらけの窓⇒面倒な窓拭きを雑巾1枚で終わらせる方法。一人暮らしの大掃除を簡単にするコツを探せ。

ケル◯ャースチームクリーナーのような、便利な代物はありません。私のメインウェポンは、我が家でたった1枚の雑巾です。

ホコリのひどい換気扇

ホコリまみれの換気扇は、雑巾とエコ洗剤の「フロッシュ」を使いました⇒一人暮らしの大掃除もこれで楽々。換気扇を洗剤1つでキレイにする方法。

換気扇は掃除そのものよりも、フィルターを取り外すなどの肉体労働の方が大変でした。年をとったとき、自力でどこまでできるか心配です。

寒かったベランダ

肉体労働と言えば、ベランダ掃除は腰が痛くなりました⇒持たない暮らしの大掃除、ベランダはデッキブラシ1本(100円)で地道にゴシゴシ。

地道にデッキブラシでゴシゴシして、水で流すオーソドックスな掃除です。吹きすさぶ寒風のおかげで、手のしもやけがますますひどい事になっています。

水垢が溜まり放題の浴室

水垢だらけのお風呂場は、水拭きとシャワーで一掃⇒浴室の水垢を雑巾1枚でキレイにする方法。一人暮らしでやりきる大掃除のコツ。

浴室の掃除を楽にするには、シャンプーや石けんを置かないことです。石けんカスがないだけでも、掃除は大分楽になりました。

何もないキッチンは掃除が楽

キッチンの壁やシンクも、雑巾だけで何とかいけました⇒持たない暮らしは大掃除も楽。キッチンの壁やシンクも雑巾1枚できれいになる。

やはり外にものを出さないのと、油をなるべく使わず料理するのが手間を省くコツだと思います。

窓はウエスが大活躍

メインは雑巾1枚ですが、それだけじゃきれいにならない場合は小道具も使います。

窓枠のサッシに溜まったホコリは、いらなくなった布が大活躍しました⇒汚れがひどい窓枠のサッシ掃除も、いらなくなった「あれ」で簡単きれいに。

細くて入り組んだ場所は、雑巾1枚では効率が悪いです。こういうときは、布切れを小さくカットした「ウエス」が役立ちました。ウエスは、拭き掃除で用意したい便利グッズです。

カルキは蛇口クリーナーで楽にお掃除

カルキ汚れがこびり付いた蛇口は、専用のクリーナーを使いました⇒蛇口の頑固なカルキもたちまちキレイに。水垢掃除におすすめの秘密兵器とは?

固まったカルキは、流石に水拭きのみでは無理です。こういうときは対カルキ用のグッズを使うと、あっけなく汚れが落ちて爽快でした。

やっかいな油汚れはセスキ&煮洗いで解決

掃除のなかで一番厄介だったのは、ギトギトの油汚れ。レンジフードのカバーとシロッコファンに手こずりました。ちょっと雑巾で拭いたくらいでは、ビクともしない頑固ものです。

レンジフードは、洗面所に浸け置きでなんとか攻略⇒大掃除で厄介なレンジフードの油汚れ。困ったときはセスキに浸け置きでスッキリ解決。

シロッコファンも同じ手を使いましたが、完璧に汚れを取りされず⇒大掃除でレンジフードの油汚れに悪戦苦闘、シロッコファンとの激闘の記録。

リベンジで煮洗いし、何とかきれいにできました⇒シロッコファンの掃除を簡単にするコツ。頑固な油汚れもきれいに落とす必殺技とは。

頑なな油汚れは、熱湯で煮るのが良いと知りました。ちょっと大きな寸胴があると、煮洗いが簡単です。

食べカスが散乱する冷蔵庫

普段良く使う場所ほど、汚れもひどいです。冷蔵庫の中も相当なものでした⇒重曹・セスキは無くても良し。冷蔵庫の掃除を水だけでシンプル済ませる方法。

食材の扱いが大雑把なゆえに、ところどころにこぼれた汁が点々。来年は、もうすこし丁寧に出し入れします。

電気ケトル&炊飯器

我が家のなかで数少ない、電気ケトルと炊飯器も掃除⇒家電も忘れずに。電気ケトルと炊飯器の掃除も雑巾1枚で済ませる。

本当はマメにきれいにした方が良いのですが、使うのは自分一人だけ。「多少の汚れは構うめえ」と、結局半年以上もまともに洗わず使い続けました。

(流石に、軽い水洗いくらいはしてましたが)

仕上げの玄関掃除

最後は、仕上げに床と玄関を掃除⇒これで福もやってくる?玄関のたたきを水拭き掃除して実感した良い効果とは。

玄関がきれいだと、部屋の空気まで丸ごと入れ替わるようです。玄関のたたき、ぜひ水拭きできれいにすることをおすすめします。

頼る者のいない大掃除でしたが、無事に終わってひと息ついています。私のような面倒くさがりの人間でも、掃除する場所が少なければ何とかなるもんです。

やはり大掃除を楽に済ませるコツは、ものを持たないことだと思います。断捨離は、掃除の手間を省く一番の特効薬です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿