弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

大さじ小さじもこれ1つ。キッチン用品を断捨離したいならおすすめの便利グッズとは。

公開日:2016.12.21

スポンサーリンク

大さじ・小さじ、へら、おたま、しゃもじ。この役目を1つで果たしてくれる、夢のような万能キッチン用品の話です。

台所用品は「1つ1機能」のようなものが多く、どうしてもゴチャつきがち。そんなときに出会ったのが、何でもこなす便利なスパチュラでした。

おかげで、料理のときはこれ1つあればOK。キッチン用品も大量に減らせてスッキリ、オマケに洗い物の手間まで減って大助かりです。

探し求めていた万能器具

こちらがそのスパチュラです。

P_20160312_142504

日本だと「置き楽スプーンスパチュラ」というネーミングで売られています。正直、かなり名前で損している商品なんじゃないでしょうか。

一見ただのシリコンスパチュラですが、シンプルな中にたくさんの能力を秘めた恐るべきキッチン用品なのです。

持ち手が妙に曲がりくねっているのには、ちゃんと理由が。箱から出して置くと、こうなります↓

P_20160312_142602

これは地味に便利。料理の途中などで下に置くとき、スプーンの部分が直につかないようになっているのです。これなら、一時置き場をわざわざ用意する手間が省けます。

スプーンの大きさは、普通のおたまより少し小さめ。代わりに、持ち手が長めな印象です。

P_20160312_142553

このスプーンを知ったきっかけは、料理のときの大さじ・小さじ問題で悩んだことです⇒一人暮らし、持たない暮らしを目指す私の料理問題。大さじと小さじは持つべきか?

何か計りが欲しいと思ったのですが、できるだけ調理器具は増やしたくありません。色々とネット情報を漁った末、このスプーンにたどり着いたのです。

値段は、Amazonで送料合わせて1,400円ほど。少々高いとも思いましたが、便利さに惹かれて買ってしまいました。

置き楽スプーンでできること

しかし結果的に、1400円を出したのは大正解でした。このスプーン1つで、料理関係のことがほぼ解決してしまうのです。

大さじ・小さじが計れる

大きなポイントが、大さじ・小さじを計れること。スプーンに目盛りがあり、それで正確な量を計れます。

P_20160319_133219

内側の小さじ目盛りと外側の大さじ目盛りで、1つ2役。いちいちさじを持ち替えずとも、必要な分だけ計れます。

何か計るときは粉物を先に計るのがコツです。液体系を先にしてしまうと、粉がくっついてもったいないです。

調理に使える

もちろんスパチュラなので、ただ計るだけが能じゃありません。おたまのようにすくったり、ヘラのように端っこの具材をこそげ落としたできます。

スプーンがシリコン製なので、熱したフライパンで使っても溶けず。ただ、持ち手の部分はナイロンなので普通に溶けます。うっかりフライパンに置きっぱなさないようご注意ください。

(私のスパチュラは、もうすでに一部が溶けています)

料理の取り分けができる

調理に使った後は、そのまま料理の取り分けにも。シリコンゴムがフライパンの丸みにフィットして、くっついた具材も残らずかき集められます。

大人数で鍋を囲むときなんかに、取り分け用のおたまや菜箸の代わりに使うと便利なんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

実際使ってみた感想

そして、このスプーンの威力が果たしてどれだけのものなのか?実際に使ってみた感想を紹介します。

本当に何でもできる

ヘラやおたまの代わりに使えるという言葉通り、本当にこれ1つで大体の用が解決。調理から取り分けまで、このスプーン1つで完了します。

具材を炒めるときは、スプーンの部分を下にむけてへらのように。逆に何かすくうときは、ひっくり返しておたまに。ちょっとした焦げ付きくらいなら、スプーンでゴリゴリやればこそげ落とせます。

シリコン部分は、熱々のフライパンの上で使っても全く溶けず。スプーン部分もちょうどよい大きさで、具材をかき混ぜやすいです。

また、見た目の割に軽くて丈夫です。フライパンのフチでガンガンやったり思い切り食材をかき混ぜてもビクともしません。

洗うのが楽だった

スプーンの部分が大きめで、隅々まで洗いやすいです。大さじや小さじはくぼみが洗いにくいですが、これならそういうこともありません。

色々なキッチン用品を使わないので、洗いものはこれ1つ。おかげで、ズボラでも食器を溜め込まずにきちんと洗えています。

米がくっつきやすい?

が、多少気になったのが、スプーン部分に具材がくっつきやすいところ。ごはんなどの粘り気のある具材や、水っぽい具材は結構くっつきます。

フライパンの縁で何度か叩くと大体取れますが、ご飯はなかなか取れません。しょうがないので、最後お皿に移すときにお箸でチョチョッと取ってしまいます。

調理中は気になりませんが、料理の取り分けにはちと面倒。多分、パラパラのチャーハンなんかだったら大丈夫なんだと思います。

我が家のキッチン用品は、このスパチュラ1つあればそれでOK。ものを持ちたくないミニマリストのためにあるような便利グッズです。

ただ単に、キッチングッズが断捨離できるだけじゃありません。使いやすさ・丈夫さという点でも、とても優秀なキッチン用品です。

料理の洗いものを減らしたい、キッチンをもっとすっきりさせたい。そんなお悩みには、置き楽スプーンスパチュラをぜひお試しください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿