弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ネガティブ思考のクセも、考え方1つで治る。認知の歪みチェック(2)

公開日:2016.09.30

スポンサーリンク

全開に引続き、認知の歪みチェック2弾目です。ネガティブ思考は、いわば「クセ」。自分の考え方の歪みに気がつけば、意識的に治すことはできます。

自分に自信が持てない、自分は運がないと思っている。それは事実ではなく、単に自分がそう思い込んでいるだけなのではないでしょうか。

自分ができたこと=大したことじゃない

歪みチェック第1団はこちらです⇒マイナス思考の深刻度はどれくらい?認知の歪みチェック(1)

他人ができたことはスゴイと思うのに、自分にできると「大したことじゃない」と感じてしまう。これは謙遜にも思えますが、自分に自信がない裏返しでもあります。

自分は当たり前のようにやっていることでも、周りから見るとスゴイと感じることはたくさんあります。手前みそですが、我が家も人に見せると「すごいキレイですね」と言われることが多いです。

しかし片付いて見えるのは、単純にものが少ないせいです。キレイというより、こんな何もない部屋です⇒節約系ミニマリストの部屋を公開。一人暮らしのインテリアはこれで十分だった

(私が本当にスゴイと思うのは、たくさんの荷物を完璧に収納している人です。ああいう人こそ、真の整理上手なのだと思います)

現在進行系で暮らしていると、空っぽの部屋も大したようには感じません。が、後から考えると「よくここまでモノを減らしたもんだ」と思うことはあります。

「自分は大したことをしてない」と思う人は、一度客観的に「自分がやってきたこと」を振り返ってみてください。「結構スゴイじゃん」と思うことが、2つや3つは見つかるはずです。

先回りしすぎて不安になる

人が未来に不安を感じるのは、あれこれ先回りしすぎるからです。その最もたるが、洗剤などの買いだめだと思います。

洗剤がたくさんあるのに、「無くなったら困る」と不安を感じてはいないでしょうか。石けんやシャンプーのストックもありませんか?⇒ミニマリストに学ぶ断捨離術。日用品や防災の備蓄食料を簡単に片付ける秘訣とは

不安を感じるのは、人の本能なので仕方がありません。問題は未来を恐れて、やりたいことができないことです。

不安も元は、自分が勝手な想像です。「行動を起こした結果」と「自分の想像」をごっちゃにするから、話がややこしくなるのです⇒断捨離中にものを捨てるのが不安なとき、恐れを取り除くための5ステップ

不安で動けない人は失敗を恐れているのだと思いますが、その失敗で起こることは何でしょうか。もし洗剤の断捨離に失敗したとしても、少しの間洗濯に困るだけだと思います。

(洗剤のストックは1~2個あれば、洗濯に困らないとは思いますが)

仮に失敗しても、命を落とすわけでも破産するワケでもありません。自分が恐れる以上に、失敗は怖いものではないのです。

スポンサーリンク

自分の感情=客観的事実と思い込む

不安を感じて動けなくなるのは、「感情=事実」と思い込んでいるからです。自分の不安の大きさを、そのまま事実として恐れているのです。

例えば、断捨離で付きまとうのは「後悔」の念です。「いつか使うかも」と思って捨てられないのは、「捨てたら後悔するかも」という恐れがあるからだとも思います。

けれど前の洗剤の例なら、「捨てて後悔する」ことと「洗濯に困る」ことは全くの別物です。洗濯に困ったら、洗剤を新しく買えばそれで解決。後悔は事実ではなく、自分が勝手に悔やんでいるだけなのです。

自分が感じたことと、起こったことには実は何の関係もありません。いったん自分が感じたことを切り離して、事実だけを見つめると冷静になれることはよくあります。

不満にばかり目が向く

マイナス思考の最もたるものは、「悪いことばかりに目が向く」ことだと思います。不満・不安・悲しみ・苦しみなど、マイナスなことばかりに目を向けることです。

確かに100%満足のいく人生はあり得ません。しかし不満の裏には、嬉しかったり楽しかったりしたことも絶対にあります。要は、それに視点を合わせるか合わせないかです。

私も「お金がない」「時間がない」と不満ばかり言いたくなりますが、考えてみると気楽な人生です。好きな時間に起きてマイペースに文章を書き、好きな時間に休憩が取れるのです。

帰ろうと思えば帰れる実家もあるし、いつも心配してくれるご近所さんもいるし、お金にしたってまだ貯金が残っている。野垂れ死ぬ可能性は限りなく低いと思います。

不満ばかりに目が行く人は、毎朝「3つの感謝」を書くのが良いと言われています。もしくは前向きなことでも良いです。

「そんなものはない」と思うかもしれませんが、考えれば3つくらいは思い浮かぶはずです。ポジティブなことに目を向けるクセを付けると、次第に考え方もプラス思考に変わってきます。

考え方は「クセ」のようなものです。ガンコなマイナス思考も、前向きに考えるクセで変えられます。

かくいう私もマイナス思考が抜けきりませんが、その度に「いやしかし」と考え直すようにしています。徐々にではありますが、楽観思考をもっと定着できればと思っています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1859072総閲覧数:
  • 2555今日の閲覧数:
  • 6737昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ