弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ネット通販でちょっとしたものを買うなら、送料無料のヨドバシ.comが断然おすすめ。

公開日:2016.08.14

スポンサーリンク

ネット通販で最大のネックになるのは、送料です。リップ1本、ノート1冊などちょっとしたものを買うなら、送料無料ヨドバシ.comがおすすめです。

どんなものでも送料無料

Amazonも楽天も、決して安くはない送料がかかります。「トイレクリーナーが1つほしい」などというときは、送料のせいで割高になってしまいます。

まとめ買いするならそれもありですが、一人暮らしで毎度毎度大量の荷物を頼むワケにもいきません。ヨドバシ.comは、そういうときにとても助かる通販サイトです。

おすすめの使いどころ

ヨドバシ.com最大の魅力は、どんな些細なものでも送料無料で送ってくれるところ。ペン1本・消しゴム1つでも送料ゼロ円で届けてくれます。

「ネットだと送料がかかる」「近くにお店がない」。そんなときにヨドバシは大活躍します。我が家も周辺にお店が少ないので、手に入らないものが意外と多いです。

特にドラッグストア系のものは、スーパーだと品揃えが悪いです。まめピカなどトイレクリーナーは、近所のスーパーにはありませんでした。

主な日用品くらいなら、ヨドバシ.comはしっかりカバーしています。私もつい先日まめピカが切れてしまいましたが、ヨドバシ.comのおかげで事なきを得ました。

10%のポイント還元は大きい

ヨドバシはお買い物の度に、10%のポイント還元が付きます。普通は100円で1ポイントなどのところが多いなか、これは大きいのではないでしょうか。

値段だけをみると、Amazonの方が安い場合も多いです。が、送料とポイント還元のことを考えるとヨドバシの方がトータルでお得なことが往々にしてあります。

送料無料というだけでもかなり値引きされるのに、ポイント効果でさらに割安に。まとめ買いがしにくい独り世帯では、ほかのネット通販より使い勝手が良いサービスとも言えます。

スポンサーリンク

届くのが早い

これは地味にすごいと思うポイントですが、ヨドバシ.comは商品が届くのが異様に早いです。お昼すぎでも翌日配送は確実、朝イチだとその日の夜に届けてくれたりします。

急な在庫切れでピンチに陥ったときも、ヨドバシ.comなら何とかしてくれるかもしれません。どうしても明日の朝までに必要だというときは、ヨドバシ.comに頼むが一番早いかと思われます。

この早さの秘密は、どうもヨドバシ独自の流通ルートによるところが大きいようです。一体どんな仕組みかは検討もつきませんが、そうとう色んな場所に在庫拠点が散らばってるんだろうと思います。

ヨドバシ.comの惜しいところ

送料無料で届くのも早いヨドバシですが、残念なところもあります。「ここさえクリアすればもっと利用者が増えそうなのになあ……」という、実に惜しいサイトでもあります。

ちょっと高い

10%のポイント還元のせいもあるのでしょうか、商品は元値に近い値段で売られています。Amazonの値引き価格に慣れているユーザーには、正直高く感じる値段です。

これはパソコンやバッグなど、値段が高いものほど価格の差が大きくなります。どうせ高いものはAmazonでも送料無料なので、この点はヨドバシでは太刀打ちできません。

結果的にヨドバシで買うものは、お値段1,000円以下の安いものが中心となります。私自身もヨドバシでは、送料と値引率を比べても安いものを買うことが多いです。

品揃え

ヨドバシ最大の弱点、それは品揃えがまだ少ないということです。マニアックなものになればなるほど、Amazonや楽天でないと手に入らないということが多くなります。

ネット通販のすき間を上手く突いて生き残るのがヨドバシの戦略かもしれないので、品揃え云々というのは見当違いなのかもしれません。それにしても、「これがあれば完璧なのになあ」と思うことが度々あります。

これは私のワガママですが、食料品系がもっと充実するととてもうれしく思います。特にポップコーンの種がもっと充実すれば、もっとヨドバシを使うのにと考えてしまいます。

ネット通販は、それぞれ得意分野と不得意分野があります。バランスが難しいですが、なるべく使うサイトを絞りつつ、上手く使い分けできることが理想と考えています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿