弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ねんきんネットを再登録。厳しい年金状況に、目の前が真っ暗になりました

公開日:2015.12.17 最終更新日:2016.04.18

スポンサーリンク

今、私を最も悩ませている問題。それは将来の年金です。今回は、年金記録をネットから見ることができるねんきんネットに再登録したときの話をしたいと思います。

私の場合は年金を払った期間と未納の期間が入り混じり、自分の力では確認できない状態になっています。自分の年金状況をしっかりと見るため、ねんきんネットへを再び利用することにしました。

ねんきんネットへ登録

実は、今年の始めにもねんきんネットに登録はしていました。が、そのときはまだ年金のことを真剣に考えていなかったため、ずっと放置していたのです。

おかげで、奨学金を合わせて未払いのお金がとんでもないことに⇒現在の借金、約300万円。奨学金と年金が両肩に重くのしかかる、節約家の現実

しかも迂闊なことに、昔のパスワードを忘れるという大失態。そのため、再登録手続きを余儀なくされました。

パスワードとIDは忘れずにメモを!

ねんきんネットに登録する際は、必ずパスワードを登録しなければいけません。しかも厄介なことに、ログイン用のIDとパスワードは問い合わせても教えてもらうことができません。

IDとパスワードを忘れた場合、最初から登録し直すしか方法がありません。私もパスワードを忘れたために、再登録という二度手間をやらかしました。

設定したパスワードは、登録後に確認することが一切できません。再登録は時間もかかり面倒なので、必ず登録のときに「その場で」メモを取るようにして下さい。

届いたハガキは捨てずに保存を

手続きをして1~2週間ほどすると、ログイン用のIDが書かれたハガキが届きます。このハガキを無くしてしまうと、ほかにIDを確認する手段がありません。

そのため、ねんきんネットのハガキは捨てずに保管することをおすすめします。ハガキを処分するときは、必ずどこかにメモを取って下さい。

ログインIDとパスワードは、必ずメモを取って厳重保管。

ねんきんネットに登録するときは、絶対忘れないようにして下さい。

最後に合言葉登録

さらに、登録のときは合言葉を決める必要もあります。なるべく忘れにくい合言葉にしておけば、それで良いと思います。

合言葉は、万が一忘れても郵送で教えてもらうことができます。

スポンサーリンク

ねんきんネットでできること

登録が無事に完了したら、後はいつでもネットから自分の年金状況を見ることができます。私が使って良かったと思うポイントを挙げてみます。

年金の加入状況が見れる

「年金記録の一覧表示」という項目で、年金の加入状況が分かります。自分が、どの期間の年金を払っているのかを見ることができます。

国民年金と厚生年金、それぞれどれくらい加入しているかも表を見ればひと目で分かるようになっています。転職が多く、国民年金と厚生年金の期間が入り混じっている場合は便利かと思います。

年金のシミュレーションができる

「年金見込額資産」で、将来、自分がどれくらい年金がもらえるかをシミュレーションできます。まずは1回金額を出してみて、それで暮らしていけるかどうかを見てみると良いと思います。

ちなみに私の場合は、今のところ月に54,000円前後とのこと。どう考えても、まともに暮らすことはできません。何とか定収の道を開き、未納の分を払わなければ……。

こんな感じで、老後に必要な貯蓄や資産運用をした方が良いかどうかなどを色々と考えることができます。毎月の貯蓄金額を決めるうえでも、参考にできると思います。

もし、貯金出来ていない場合はこちらをどうぞ⇒節約初心者でも失敗しない貯金術。大きな一歩は、小さな成功から始まる

後納・追納できる期間が分かる

私が一番確認したかった項目です。「追納・後納可能月数と金額の確認」で、年金を払っていない期間のうち、後納・追納できる月が分かります。

後から年金を払えるのは、学生時代に免除してもらった期間や、収入の問題で一部の保険料を免除してもらった期間が対象になります。ただし、10年以上昔の分は払えないので注意して下さい。

私も、学生時代の分で期限切れになった期間が随分とあります。まずは、学生時代の分を優先的に払う予定です。

届け出に必要な書類をダウンロードできる

年金に関することは、放ったらかしにせず届け出しておいた方が将来のためになるかと思います。「届書の作成」から、必要な書類を作成してダウンロードすることができます。

私も未納期間が多いので、追納書類のダウンロードができるのは助かります。来年1月から、少しづつ払っていこうと思います。

学生で保険料を免除する場合、低収入で保険料の一部を免除する場合、未納の保険料を後から払う場合など。項目を選んで、必要事項を入力すればOKです。

ただ、ダウンロードした書類は、印刷して郵送する必要があります。プリンターが自宅にない場合、コンビニなどのプリントサービスを利用することになると思います。

私も、コンビニの「ネットプリント」サービスを使って印刷する予定です。プリント代が少々高めですが、プリンターをあまり使わない場合には便利なサービスです。

正直、私の年金の状況は厳しいです。しかし、それを分かっているのといないのとでは天と地の差があると思います。

自分の年金が今どうなっているのか知りたい場合や、未納の期間があって心配な場合は、ねんきんネットに登録することをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿