弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ミニマリストが実践する、ファッションに悩まないクローゼットの作り方

公開日:2016.05.19

スポンサーリンク

今回は、少ない服で生活するミニマリスト実践している、ファッションに悩まないためのクローゼット作り方をお話をします。

毎日クローゼットを前に「着る服がない」と悩んでしまうのは、不要な服をたくさん持ち続けているからです。コーディネートに迷わない収納のコツは、普段から使う服だけを残すことです。

着ない服の断捨離

服選びで迷う一番の原因は、「服の量が多すぎること」。まずは洋服の断捨離で、クローゼットをスリムにすることが先決です。

服の量が多いとは、具体的な数のことではありません。いつも着ている洋服に比べ、着てない洋服が多すぎるということです。着てない服がないのなら、着こなしに迷うこともないはずです。

「ヨレヨレの服」「年齢に合わない服」「いつ買ったのか覚えてない服」「好みじゃない服」……。クローゼットの中には、実に様々な「着ない服」が眠っていたりします。

私も一番最初の断捨離では、何年も着ていないシャツや引き出しに眠ったままのシルクのパンツなどがありました。そしてそれを見る度、「いつか着なきゃな」という妙な義務感にかられていたのです。

活用できてない洋服はコーディネートを迷わせるだけでなく、心のエネルギーも消耗させる厄介ものです。潔く手放してしまった方が、収納も気持ちもさっぱりします。

相性の良い洋服をそろえる

服を断捨離したり買い足すときは、「手持ちの服との相性」を考えると上手くいきます。基本は、自分が着たいと思う服やスタイルを選んでいくことです。

同じスタイルで統一する

相性の良い服だけを残すなら、同じスタイルの服で統一するのが一番確実。主に自分が好きな服だけを選ぶと、同じスタイルの服が残りやすいです。

着ない服が増える理由の1つは、スタイルがバラバラの服ばかり持っていることもあります。いつもはワンピースなのに、1着だけクールなパンツを持っていたりはしないでしょうか?

スタイルの違う服同士は相性が悪く、着るチャンスも少なくなります。結果的にいつものコーディネートに落ち着き、毛色の違う服が陽の目を見ることはほとんどありません。

さらに悪いのは、そのパンツに合う服が欲しくなること。パンツに似合う服を買ったら、今度はそれに合うアウターや靴と、雪だるま式にアイテムが増えていくのです。

スタイルがバラバラのクローゼットは、こうしてできあがります。「ときどきは違う服も着たい」と思うのは良いのですが、手持ちの服との相性は慎重に見極めねばなりません。

スポンサーリンク

定番の着こなしを作ると楽

定番のスタイルがいくつかあると、毎日コーディネートを考える必要がなくなります。決まった服を着れば良いだけなので、とても楽です。

具体的にアイテムを決めずとも「ワンピース+タイツ」「ブラウス+スカート」など、ざっくりしていても構いません。

私の場合は、「パンツ+Tシャツ(カットソー)」が定番です⇒服の断捨離を極めた先にある、私服の制服化。私の秋冬の「私服の制服」候補

もしひんぱんに登場する着こなしがあるなら、それがあなたの定番ファッションです。そこから上下の組み合わせを変えていけば、コーディネートのパターンを作ることも難しくありません。

「毎日同じような服だとおしゃれじゃない」と思うかもしれませんが、むしろ逆です。おしゃれな人ほど、自分の定番ファッションを持っているものです。

色々なスタイルに走るより、一番着たいと思うスタイル1つに絞る方がおしゃれには迷いません。少ない服で着回すにも、自分の定番を着続ける方が無理がありません。

アウターや小物で着回しアレンジ

同じ服ばかりで物足りないときは、上着やアクセサリーでアレンジを加えます。1~2個アイテムを足すだけでも印象が変わり、少ない服でも飽きません。

私は、上着や帽子などで雰囲気を変えることが多いです⇒おしゃれ上手は節約上手。今ある洋服でコーディネート楽しむ方法とは

一番は「着たい服」だけを持つこと

それでも着こなしがイマイチだと思うときは、着ている服が本当にイマイチな可能性があります。今着ている服は、本当に欲しいと思って買った服でしょうか?

「消耗品だから安物で済ませよう」「流行だから1着持とう」。そういう服は買っても満足感が少なく、着ていても気分が盛り上がりません。毎日着るものなら、本当に着たい服の方が毎日が楽しくなります。

また、イマイチな服は「これはお出かけには着られない」となることも多いです。部屋着や近所の外出のときだけに使われ、いざというとき「着る服がない」状態にハマりやすくなります。

ファッションの悩みを解決するクローゼットとは、「毎日着る服」「自分が着たい服」だけが残ったクローゼットです。収納の中を100%フル活用できれば、コーディネートの迷いもきれいになくなります。

大事なことは、収納スペースを「今着ている服」のためだけに使うことです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿