弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

マイナス金利とは何?私たちの銀行預金や暮らしにどんな影響があるのか

公開日:2016.02.02

スポンサーリンク

先日、日銀がマイナス金利というものを発表し話題となっています。けれどそれが、私たちの暮らし銀行預金にどのような影響を与えるのでしょうか?

今回はマイナス金利とは何なのか、金利がマイナスになると起こる生活の変化について考えます。

マイナス金利とは?

日銀が発表した政策金利は、「-0.1%」というものでした。今までは+0.1%の金利だったのを、さらに押し下げた形になります。

普通、お金を預けると預金は増えるというのが常識です。これは、預金額に応じて「金利」がもらえるからです。これがプラスからマイナスになると、逆に「お金を預けると預金が減る」という現象が起こります。

今まで民間の銀行は、+0.1%の金利で日本銀行にお金を預けていました。仮に1億お金を預ければ、それだけで100万円がもらえる計算です。しかし金利が-0.1%になると、逆に100万円を取られてしまうことになるのです。

なぜマイナス金利にした?

なぜ日銀は、こんな銀行が損をする金利を設定したのか?それは、銀行にあるお金を少しでも世の中に流したいからです。

不景気で先行き不透明な今の世の中では、下手に投資をしたり中小企業に融資をするのは大きなリクスとなり得ます。であれば、黙っていてもお金が増える日銀に資金を預けようという銀行が多かったのです。

そのせいで大量のお金が日銀に預けられ、世の中の経済がますます停滞してしまいました。そこで日銀は、マイナス金利という策で銀行にプレッシャーをかけることにしました。

今度からは民間銀行は、日銀にお金を預けると損をすることになります。しょうがなく日銀にあるお金を引き出し、ほかの使い道を考えなければいけなくなったのです。

自分たちで上手く投資運用したり、業績が伸びそうな企業に融資するなど。今後の銀行は、やるべきことがたくさん出てくるのではないかと思います。

私たちの預金はどうなる?

しかし私たちにとって最も心配なのは、「銀行に預けてある貯金が減るのか?」ということだと思います。結論から言うと、私たちの預金が減るというのはほぼ100%ないと思って大丈夫です。

そんなことをすれば、当然銀行窓口には「預金をおろしたい」という人が殺到するでしょう。銀行のお金が一気になくなれば、それこそ銀行の経営が成り立たなくなり大パニックに陥ってしまいます。

実際に日銀も、「個人の預金の金利はマイナスにならない」と説明しています。マイナス金利といっても、それは民間の銀行と日銀の間など一部にだけ適用されるものです。

銀行はどうなる?

ただ、マイナス金利になると収益が悪化する銀行は出てくると思います。これまではお金を預けるだけでもらえていた金利が、ゼロになってしまうからです。金利も銀行の収益源だと考えると、確実に収益は減ることになります。

また、銀行以外の保険会社や投資会社も、収益が悪化すると思われます。国債などを運用して得られる利益が極端に下がり、安定した収益が上げられなくなる可能性が出てくるためです。

銀行の収益が悪化すれば、それは私たちにも跳ね返ってくることになるでしょう。預金が減ることはないにしろ、結果的に不利益が増えるということがあり得るかもしれません。

スポンサーリンク

マイナス金利で起こること

ここからは、マイナス金利の影響で起こりうることを見ていきます。今はまだ限定的ですが、今後マイナス金利が色々なところに広がれば今とは事情が変わってくるかもしれません。

銀行でお金が借りやすくなる?

民間の銀行は日銀のこれ以上お金を預けていられないので、何とか他の方法で運用しなければいけません。そこで、前もいったように企業への融資なども積極的にするようになると考えられます。

そのほか、個人の教育ローンや住宅ローンなども、なるべく借り手を増やすために金利を下げる可能性もあります。そうなれば、今ローンを組んでいる人も大きく節約できる可能性があるのではないでしょうか?

円高が抑えられる?

一般的に経済の世界では、金利が下がると株価が上がるという相関関係があります。そして株価が上がると、為替は円安の方向に向きやすくなります。

円高が抑えられることは、輸出業が多い日本の企業にとっては良いことです。円が安くなればなるほど、海外で安くものが売れて利益が上げやすくなるためです。

そうして大企業の業績が良くなれば、次第に世の中全体の景気が上向く可能性もあります。マイナス金利は銀行にお金を出させる以外にも、円安に誘導するという狙いもあると言われています。

預金の金利が下がる?

マイナス金利の影響で銀行の経営が苦しくなった場合、預金の金利がさらに下がることもあり得ます。しかし、今でも金利が高いわけではないので大きな変化はないだろうと思います。

例え金利が下がったとしても、大損することはありません。マイナス金利で預金が減らないかぎりは、銀行に預けておけば良いと思う人も多いのではないかと思います。

銀行の手数料が高くなる?

これも、銀行の経営が悪化したときに可能性があることです。振込手数料やATMの時間外利用の手数料などが高くなるかもしれません。また、現在の「手数料無料サービス」などもなくなる可能性もあります。

私も三井住友銀行の手数料無料サービスを利用していますが、サービスが廃止されないか少し不安です⇒節約するなら常識?銀行の振込手数料をタダにする方法を知ってショックを受けた話

こうなると、人は少しでも手数料が安い銀行にお金を預けようと思うはずです。そこで一部の銀行に預金が集中するなど、銀行間で大きな差が出てくるかもしれません。

投資がやりにくくなる?

マイナス金利は「世の中にお金を流す」ことが目的ですが、逆に投資などがやりにくくなるかもしれません。前もいいましたが、マイナス金利で国債などの利回りが極端に低くなる可能性があるからです。

事実、大手証券会社や信託銀行は、「MMF」という投資信託の受け付けを一時的に中止しています。MMFとは、国債などを中心に安全運用を目指す投資信託のことです。

MMFは投資の中でも元本割れのリスクがとても少なく、預金の延長のような感覚で利用する人も多いようです。リスクゼロで運用したい人や、投資の初心者に人気がありました。

が、マイナス金利の影響で、今後はMMFでも安定的な運用が出来ない可能性が出てきました。MMFに限らず、投資信託の中には国債の割合を多めにしている商品が数多くあります。そのような商品も、マイナス金利で利回りが下がる可能性があるでしょう。

安定的に長期で運用したいという人に人気の国債でしたが、今後は海外の国債などへシフトする人が増えるかもしれません。

マイナス金利は、普通に生活する上での影響は今のところ限定的といえます。けれど、投資をしている場合やローンを組んでいる場合は注意が必要でしょう。

今後、マイナス金利の動きがどこまで広がるのか?よくよく注視しておいた方が痛い目を見ずに済むかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿