弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ミニマリスト流のファッションコーディネート術とは?着回ししやすい洋服5つのポイント

公開日:2015.12.24 最終更新日:2016.06.12

スポンサーリンク

今回は、ミニマリストを目指す私の服選びのポイントをお話しします。私がファッションで心がけているのは、「シンプル」と「着回しやすさ」です。

着回ししやすいものを選ぶと、コーディネートが簡単で洋服も減らしやすく。毎日の服選びも悩まず、楽になれます。

1.無地(柄がシンプル)

シンプルの代表格、「無地」。よほど自己主張の強い色でなければ、どんな服にでも合わせられます。私は、無地の服を重ね着に使うことが多いです。

無地のカットソー+無地のTシャツの組み合わせや、ボーダーのTシャツなんかとよく合わせます。大体どんなものとも相性が良いので、重宝しています。

オーソドックスの柄もOK

柄ものを選ぶ場合も、「シンプル」を軸にします。私の場合、2色のボーダが多めです。色数が2色程度なら、チェックの服も選びます↓

P_20160317_172428.jpg

私が唯一持っている、ビビッドな色のカットソーです。黒とピンクのコントラストが、いい具合に派手さを抑えてくれています。

2.余計な装飾がない

大きなプリントやスパンコールがある服は、今は避けています。単純に好みじゃないというのもありますが、服同士でケンカしあってコーディネートが決まらないことが度々あったからです。

特に私が良くやる重ね着スタイルは、柄ものの長袖ではやりにくいです。柄ものを選ぶにしても、Tシャツやアウターなど上に重ねられるものに限っています。

ボタンの扱い

シャツやブラウスが多めの場合、ボタンの問題が出てきます。私の場合、ボタンの留め外しが面倒なのでシャツはあまり着ません。

万が一ボタンが取れたときのことも考え、裁縫セットや予備のボタンも持っておかねばなりません。フォーマルな場に行く予定も今のところないので、ボタンなしの服だけで十分です。

(必要になったら、そのとき考えれば良いです)

私のプリントものの行く末

私も、昔は動物やハート柄のプリントがあるはしゃいだ服を何着か持っていました。けれど20代後半ぐらいになると、服のテンションに私がついていけなくなりました。

そういったものは全て断捨離し、今でも着れそうな服だけを残しました⇒(画像あり)枯れ女な私のクローゼット。節約の末に残った洋服たち

プリントものも1~2着残っていますが、あと数年もすればそれも無理がでてくるかもしれません。そのときは、素直に処分しようと思います。

3.流行に左右されないスタイル

私も昔は流行りの着こなしなどを研究しましたが、結局しっくりこなくて断念しました⇒ファッション雑誌やサイトのコーディネートを研究しても、おしゃれになれない理由とは

それから流行を追いかけるのは止め、「等身大のファッション」を心がけています。そこまでファッションに興味があるワケでもなし、自分が着たいものを無理なく着る方がストレスがありません。

今は、長そで+パンツスタイルに落ち着いています⇒ミニマリストを目指す私の秋冬ファッションコーディネート。おしゃれは少ない洋服から

4.落ち着いた色

ブラウンやグレー、ネイビーなどの暗色系アイテムは、どんな組み合わせとも安定する便利アイテムです。肌の色が黒い私にとっては、欠かすことのできないカラーでもあります。

肌の色が白い人は逆に、明るいパステルカラーとの相性が良いかと思われます。(私の場合、パステルカラーを着ると顔が土気色に見えます)

蛍光色や原色系は、着こなしが難しいのでメインでは使いません。バッグやストールなどの小物で、差し色として活用することにしています。

手持ちのバッグとストール↓

P_20160405_165450P_20160317_175510.jpg

5.一年中使える

春夏秋冬、年中通して使えるアイテムを残すと着回しが楽になります。私の場合、夏の半袖を重ね着用としてオールシーズン活用しています。

ボトムスの扱い

トップスは割りとオールシーズン対応が簡単ですが、ボトムスはハードルが上がります。私はデニムが大好きですが、真夏にデニムを履いて出かけるのはかなりの苦行です。

そのため、ボトムスに限っては夏専用のアイテムを確保しています。薄手で丈の短いパンツを、夏は履くようにしています。

服の断捨離で迷ったときは、シンプルな服を中心に残すと着回しが楽になります。着回しが楽になると、クローゼットを開けた瞬間に服を選ぶことも不可能ではなくなります。

「私は絶対にこのスタイル」というこだわりがないのであれば、着回し優先でアイテムを残すのもありかと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿