弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ミニマリスト志望の私が、暮らしをミニマルでシンプルにした方法とは

公開日:2016.02.14 最終更新日:2016.03.16

スポンサーリンク

今回は、私が暮らしミニマルにした方法をお話しします。ミニマリストと名乗るには程遠いですが、ここ数年の間に生活は随分とシンプルになったのではないかと思います。

生活がシンプルになると、余計な時間を取られたりストレスに悩まされることが少なくなります。現代の足し算生活に疲れたときは一度、ミニマルな「引き算生活」をお試し下さい。

食事

まずは、基本の食事です。今では、1日3食食べることも稀になりました。

1日1食

現在、基本は1日1食です。しっかりした食事は夕食のみで、後は食事を摂りません。それでもお昼を過ぎるとお腹が減ってくるので、おやつ代わりに素焼きのナッツを食べています。

ナッツは栄養価も高く、腹持ちも良いおやつです⇒節約と美容に効果あり。一日100円でOKのおやつとは?

1日1食生活のことを知人に話すと、「お腹空かない?」とよく聞かれます。けれど私の場合、逆に3食しっかり摂ると胃もたれを起こします。どうも、消化能力が元々高くない体質のようです。

朝は胃腸が働いていないので、お白湯のみで十分。昼の12時頃もまだお腹はすかず、3時頃になってようやく空腹感が出てくるという具合です。この体質に合わせた結果、1日1食に辿り着きました。

今のところメリットは感じませんが、一人暮らしのときには食費の節約に役立つのではと期待しています。

植物油脂を避ける

マーガリンやショートニング、加工油脂などの植物油脂はなるべく避けるようにしています。植物油脂の多い食品は独特の油の風味があるので、すぐに分かります。

植物油脂を摂り過ぎると、健康にも良くないことが分かっています⇒植物油脂を減らして変わったこと。トランス脂肪酸の影響とは?

小さい頃はスナック菓子が大好きで、よく口内炎に悩まされました。今思えば、これもお菓子の中の添加物や、質の悪い油のせいだったのかもしれません。

植物油脂を避けて良かったのは、素材の味の良し悪しが分かるようになってきたことです。例えば以前は、100円のチョコでも1000円のブランドチョコでも、どこが違うかなど検討もつきませんでした。

しかし今なら、100円のチョコにある「植物油脂の風味」が分かります。高いチョコは安い油の風味がないので、「良い材料を使ってるんだな」とその有り難みを感じるようになりました。

加工品を食べる頻度を減らした

大体の加工品には植物油脂が使われているので、植物油脂を避けると加工品を買うことも減りました。加工品を避けていると、油の風味だけでなく添加物にも違和感を感じるようになりました。

たまにスーパーのお弁当を食べると、しばらく舌に妙な後味が残ります。恐らくこれは、添加物によるものなのだと思います。

植物油脂や添加物の入った加工品を食べなくなると、味覚が少し良くなるというのが現在の実感です。試しに加工品を食べる頻度を減らすと、久しぶりに食べたとき違和感があるのではないでしょうか。

ファッション・美容

ファッション・美容の面は、昔から割りとシンプルだったように思います。最近は、さらに輪をかけてシンプルになりました。

ノーメイク

社会人になったときわずかにメイクしていた以外は、ずっとノーメイクです。ノーメイクだと石けんを使わなくても洗顔できるので、肌が乾燥しにくくなりました。

会社員時代もほとんどノーメイクでしたが、特に不便はありませんでした。(周りからはドン引きされてたかもしれませんが)⇒節約は賢く美しく。脱メイクで目指せすっぴん美人

メイクしないと化粧代もかからず、朝の時間も余裕ができます。メイクが面倒だというのであれば、いっそ開き直って「すっぴん」にシフトするととてつもない開放感が得られると思います。

ノーシャンプー

現在、湯シャンで頭を洗っています⇒節約しながら髪のトラブルを解消?湯シャンの効果とメリット

湯シャンを始める前は頭皮のかゆみとフケが悩みでしたが、今ではそれもなくなりました。また、髪を1回梳かせばクセが直るので、念入りにドライヤーでスタイリングする必要もありません。

安い市販のシャンプーは、肌への刺激が強すぎます。使い過ぎると、かえって頭皮と髪を傷めてしまいます⇒そのノンシリコンシャンプーは大丈夫?お金を無駄にしないための選び方

毎日念入りに汚れを落とせば、湯シャンでも髪はきれいになります。特に乾燥肌にお悩みの場合は、湯シャンに切り替えると頭皮のうるおいが戻ってくると思います。

PMS・生理対策

生理対策は、生活がシンプルになった一番のきっかけです。生理を軽くするために体に良くなさそうなものを省いていった結果、植物油脂を止めたり湯シャンを始めるようになりました。

生活習慣を改めるほかに、生理対策のヨガもやっています⇒PMSと生理痛対策で私が実践している、月経血コントロールヨガの体験談

ヨガの存在を知るまでは、生理を改善できるなど全く思いもよりませんでした。けれど今では、生理を重くするのはほかでもない私自身の生活習慣だったんだと痛感しています。

冷たいものを飲んで体を冷やすなど、日常何気なくやっている中にも生理を重くする習慣はたくさんあります。健康のために生活をシンプルにすることは、生理にも良いのだと思います。

スポンサーリンク

断捨離

ミニマリストの人たちに共通するのは、手持ちの荷物がおどろくほど少ないということです。私も彼らにならってものを減らしていますが、こちらはなかなか上手くいきません。

洋服

荷物の断捨離を始めたのは、最初は我が家の汚部屋対策のためでした。まず、いらない服でパンパンだったクローゼットの中身を減らしました⇒(画像あり)枯れ女な私のクローゼット。節約の末に残った洋服たち

けれど実際に洋服を減らして見て、荷物が減る意外にも色々な効果があることに気付きました⇒服を断捨離してよかった5つのこと。節約と自立のためにできることをやる

服を減らすだけでも、着るものに迷わなくなったりクローゼットを開けるのが楽しみになるなどの効果が。それまで荷物の処分は面倒なだけだと思っていましたが、断捨離は心もうるおうのだと発見しました。

自分の部屋がないために、物置きや寝室の本棚など家中に散らばっていました。

多少手間がかかりましたが、1ヶ所にしまえるくらいに減らすことができました⇒実践・近藤麻理恵の断捨離。こんまりに従い本を整理した結果、ときめく本棚ができました(画像あり)

本は最初の6割くらいの量になりましたが、頑張ればもっと減らせるような気もします。

書類

断捨離の中で厄介だったのは、書類の断捨離です。捨てて良いか判断の付かないものが多すぎて、上手く処分ができませんでした。

書類の処分に成功したのは、近藤麻理恵さんの片付け術を学んだお陰です⇒近藤麻理恵流の片づけ方法で、書類を再断捨離。苦しめられた紙ものとの戦い、遂に決着(画像あり)

今では、重要書類は1つのクリアファイルに保存し、良く使う通帳は持ち運びに便利なケースに入れています。書類を探す手間がなくなり、管理がとても楽になって大助かりです。

小物

小物も数が多く、断捨離が手間取ったものの1つです。やはり、近藤麻理恵さんの片づけ法で大幅に減らすことができました。

以前は寝室の引き出しを3つ占領していたところ、引き出し1つまで減らせました⇒近藤麻理恵の片づけに学べ。こんまり流で小物を断捨離したら、ときめくものだけが残りました

ボタンや服の端切れなど、意外に溜め込んでいたものも⇒(画像あり)部屋の片付け。一番やりたくなかった物置きの紙類を、ついに断捨離

小物は家のあらゆる場所に潜り込んでいますが、洗い出してみると意外に量があります。気が付いたときに断捨離すると、家の中がすっきりするかもしれません。

ミニマリストへの道は遠いですが、暮らしから余計なものをそぎ落としていくのはなかなか楽しい作業です。果たしてどこまで減らすことができるのか、楽しみでもあります。

荷物を減らすのは時間がいりますが、生活習慣を変えることはすぐに出きると思います。シンプルな生活を目指すときは、まず余計だと思うものを減らすことから始めてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿