弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

家計の固定費から考える、30代女性の一人暮らしに必要な生活費はいくらか?

公開日:2016.09.06 最終更新日:2016.09.09

スポンサーリンク

30代一人暮らしの今の自分には、一体どれだけの生活費があれば良いのか?家計固定費から、必要なお金を逆算してみることにしました。

固定費から必要な生活費が割り出せれば、あとどれくらいのお金が必要なのか分かります。具体的な金額が見えれば、少しは不安も消えるのではないかと思いました。

毎月の固定費

普通は収入から固定費などの割合を決めていくのが筋ですが、毎月赤字の私にはとうてい無理な話です。今は黒字家計にしたい一心で、「とにかくお金を稼がなければ!」と焦っているように感じます。

私の場合、主な固定費は奨学金と年金です。特に借金である奨学金が、重くのしかかっています。

奨学金と年金で、200万円以上の借金&滞納金があります⇒現在の借金、約300万円。奨学金と年金が両肩に重くのしかかる、節約家の現実

奨学金

奨学金は毎月、21,806円の返済があります。月収が6万にも満たない現状で約22,000円も持っていかれるのは、普通にキツいです。

年金+保険料

年金と保険料で、合計16,000円です。年金の方は、学生時代に支払い猶予になった分を追納しています。

ねんきんネットに登録すると、どの時期の年金が追納できるのか分かります⇒ねんきんネットを再登録。厳しい年金状況に、目の前が真っ暗になりました

保険料は本当は5,000円ほどかかるのですが、あまりの収入の少なさから、現状7割の負担が免除されています。「毎月5,000円の保険料は高い」と思っていましたが、国もそこまで鬼ではなかったようです。

光熱費

8月の光熱費は、およそ6,500円ほどでした。ガス代1,800円に電気代2,500円、水道代が2ヶ月に一度の請求で3,800円ほどです。

ガス代と電気代は、お風呂の湯沸かしを止めたら安くなりました。自動湯沸し器は、油断していると光熱費がすぐ跳ね上がります。

これでガス代は半額になりました⇒一人暮らしの光熱費の節約、ガス代を半額以下に減らせた方法とは?

おそらくこれから冬がやって来ても、光熱費は大きく変わらないと思います。最大でも7,500円くらい見積もれば良さそうです。

通信費

通信費は毎月約5,000円です。格安スマホの楽天モバイルと、格安wimaxを使っています。

特に格安スマホは、携帯料金が大幅に節約できるので嬉しいです⇒通信費の節約で年間50,000円も安く?格安スマホで携帯料金を抑える方法

新聞代

新聞代、およそ2,500円。ネットやテレビには出ないような情報の載っているので、読むと色々な発見があります。

スポンサーリンク

固定費から生活費を逆算してみる

諸々の固定費を合計すると、こんな感じになります。

・奨学金…21,806円

・保険料…16,000円

・光熱費…6,500円

・通信費…5,000円

・新聞代…2,500円

・合計…51,806円

最低でも、約52,000円は現状かかることが分かりました。ここから逆算して、必要な生活費を計算します。

生活費の45~50%が理想

一般的には、固定費の割合は生活費の45~50%が良いとされています。すると、今の私に必要な生活費はこうなります。

51806÷0.45=115,125円

多くても120,000円あれば、私は何とか暮らしていけそうです。奨学金の支払いが終われば、その分より少ない生活費で済みます。

変動費と貯金額はどうなる?

ついでに変動費と貯金額も考えると、こちらは変動費30~35%に、貯金額20%が妥当と言われています。

すると変動費の方が、

120,000×0.35=42,000円

貯金額は、

120,000×0.2=24,000円

です。

主な変動費は食費が約10,000円、交際費&交通費が合わせて約10,000円、趣味&オタク費が5,000~10,000円といったところ。よほどの無駄遣いをしなければ、42,000円以内には収まりそうです。

余った変動費も貯金に回せば、毎月24,000~34,000円ほどは貯金できそうです。

あとどれくらい収入が増えれば良いのか?

必要な生活費が120,000円とすると、後60,000~70,000円を上積みできればよさそうです。

時給1,000円のバイトを始めるとすると、月60~70時間働けば良い計算です。週に15~18時間ほど出勤すれば、最低限のノルマは果たせます。

ただ、1日3~4時間ていどの短時間で雇ってくれるところは稀です。バイトをするなら、25~35時間は勤めないとどこも採用してくれなさそうです。

引越し時に一括払いしたので、この金額には家賃が含まれていません。が、後半年も経つとこれに8万ほどプラスされることになります。すると必要金額は13万ほどに跳ね上がります。

ちょっと高いですが、それでもバイトで賄えば何とかなりそうです。これまではとにかく収入を増やさなければと思っていましたが、目標額が見えると少し安心します。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿