弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

近藤麻理恵流の片づけ方法で、書類を再断捨離。紙ものとの戦い遂に決着(画像あり)

公開日:2015.11.20 最終更新日:2016.05.28

スポンサーリンク

近藤麻理恵さんの本で、断捨離を勉強中。今回はこんまりメソッドを使い、書類を再断捨離した話です。

書類はときめかないし分類が面倒だし、どうやってもキチンと片づけられない。私は、書類の整理が苦手で嫌いでした。

けれど、こんまりメソッドを知った今ならばできるはずです。長年苦しめられた書類との戦いを、終わらせるときがやってきました。

こんまり流の片づけで驚くほどスッキリ

まず、断捨離前の書類がこうです。

fuku_danshariP_20151119_114658

これを引き出しのものと合わせるとこうなります。

fuku_danshariP_20151119_115353

小物の整理と一緒にやったので、一部書類でないものも混じっています。棚はこんまりメソッドに従った結果、こうなりました。

fuku_danshariP_20151119_143309

あれほど悩まされていた書類が、驚くほどすっきり。今まで悩まされていたのがウソのようです。これならもう、誰が見ても「散らかってる」とは言わないと思います。

引き出しの中もスッキリ

以前断捨離した引き出しも中身が変わりました。今まではこんな感じでした。

P_20151016_124426

ここに、こんまりメソッドが加わるとこうなります。

P_20151119_141945

今までの収納との違いは、書類が用途別に分けられていることです。前はそこまで思い至らず、知らず知らずのうちに不便な収納法を選んでいました。今後はもっと便利に使えそうです。

断捨離したもの

今回断捨離したものは、全部でこうなりました。

P_20151119_143031

あんまりな惨状に、めまいを覚えます。とにかく、余計なものは徹底的に処分しました。

説明書

まず、念の為に取っておいた説明書。「説明書は捨ててよし」のこんまりさんの言葉に後押しを受け、全て処分しました。

説明書は大きさがバラバラで収納しにくいし、PC系のマニュアルは重くてかさばるしで保管がとても大変なものばかり。全部なくなったことで、残りの書類をキレイに収納できるようになりました。

今までは手もとにある説明書は残していたのですが、困ったときは説明書よりもネットに頼っていました。わざわざ紙の説明書を引っ張りだすことは、ほとんどなかったのです。

今後もネットで調べるか、いざとなればメーカーに問い合わせで対処します。

封筒・袋類

書類は、封筒やビニール袋に入れておくと相当かさばります。封筒に入れておいた方がカテゴリー分けされて便利な気がしていたましたが、かえって探すのが不便になるだけでした。

肝心の中身はクリアファイルにまとめ、残った封筒は処分しました。

古すぎる書類

処分したつもりで、まだまだ残っていた使わない書類。数年前の銀行の明細や、領収書などを断捨離しました。

使わないノート

昔から文章を書くのが好きで、取っておいたノート。数えてみると、ストックが随分たくさんあることに気が付きました。

ノートはあればあるほど困らないものでもありますが、持ちすぎるとやはり場所を取ります。最低限のストックと使用中のノート以外は、処分することにしました。

スポンサーリンク

残したもの

次に、残した書類です。ここでこんまり流の断捨離と収納が活かされました。

fuku_danshariP_20151119_141226_2

書類を3パターンに分けるだけの、お手軽な収納。面倒なファイルやインデックスは必要ありません。肝心なのは、頻度や重要度によって書類を分けることだけです。

よく使うもの

まずは、日常生活で頻繁に使うものです。主に、銀行の通帳などをまとめて保管してあります。

本来は重要書類以外の、レシピの切り抜きなどがこれにあたるようです。私の場合そういったものはないので、通帳をここのカテゴリーに入れました。

今までは封筒に入れて金融機関別に保管していましたが、中身を全部出してケースにひとまとめ。この方が収納スペースを漁らずに済み、取り出しが楽になってとても便利です。

封筒に入れていたときは、引き出しの1/3を占めていた書類。中身を出すと、よく使いそうなものとそうでないものに分けられることが分かりました。

よく使うものはケースに、使わないものはクリアファイルに。封筒がなくなったことで、余分な書類も一緒に減らせて省スペース化ができました。

重要書類

中央のクリアファイルは、保管必須の重要書類が入れてあります。主に金融機関や公共機関の契約書類です。

よく使うものと同じく封筒から中身を出して、まとめてクリアファイルに収納。ファイルがパンパンにならないか心配でしたが、ちゃんとスッキリ入りました。

ただ、そのままにしておくとどんどん書類が溜まっていく恐れはあります。年に一度は中身を見返し、古いものを処分する必要があるかと思います。

未消化

最後は中身を確認していないなど、手を付けていない書類です。私の場合、料金支払い系の書類がほとんどです。

定収への道がひらけ次第、ちゃんと処理しなければならない書類たち。ゼロにする日を目指して頑張らなければなりません。

ときめきで判断できず、いるものといらないものが入り混じって手がつけられなかった書類達。こんまりさんの手を借りて、長きに渡る戦いに終止符を打つことができました。

書類の収納はカテゴリーごとに分けてファイル保存したくなりますが、シンプルに「良く使う」「重要書類」「未消化」に分けた方が楽できれいになることが分かりました。

書類の整理に悩まされている方は、是非こんまりメソッドをお試しください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿