弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

30代女性ファッションで気をつけたい、子供っぽくなるコーディネートとは。

公開日:2016.07.18

スポンサーリンク

今回は、30代女性のファッションで気をつけたいコーディネートについてお話します。

若い頃のままの感覚で服を着ていると、知らず知らずのうちに「子供っぽい服装」になっているかもしれません。若者向けのブランドを取り入れるときは、見た目とのギャップが大きくないかチェックも必要です。

プリントTシャツ

大きなロゴやプリントが入ったTシャツは、若者感の高いアイテムです。Tシャツは使いやすいアイテムですが、30代はシンプルなものの方が安全です。

シンプルな白Tシャツは、着回しが聞いて便利です⇒少ない洋服でファッションを楽しむための、白の半袖Tシャツのコーディネート活用術

落ち着いたカーキという手もあります⇒カーキ色のTシャツを使った、少ない洋服で作るカジュアルファッションコーディネート

もしプリントTシャツを着るのであれば、ジャケットで隠す、主張の強くないものを選ぶなど、柄が全面に押し出されないようなコーディネートが良いかと思います。

膝だしパンツ

短い丈のボトムスを履くときも、ヒザ下の丈に留めておく方が安全です。特にショートパンツは、形によっては小学生の男子に見えかねません。

逆にクロップドパンツやボーイフレンドデニムなど、足首を出すコーディネートはおすすめされていることが多いです。30代からのファッションは、さりげなく見せることがポイントなのだと思います。

私も夏用にハーフ丈のボトムスを持っていますが、ギリギリ膝が出ない丈です⇒ミニマリストが暑い季節に使うボトムス。夏のコーディネートに活躍する服とは?

ただ、夏はTシャツ+ハーフパンツで、男性よりの服装に傾きがちです。バッグや帽子などもうまく取り入れて、女性らしさを出す必要もあるかもしれません。

タイツ・ロング丈ソックスでカバー

30代女性の足を出すファッションは、賛否が分かれるところではあります。ショート丈を採用するときは、タイツやソックスでカバーすると、バランスが取りやすいのではないでしょうか。

色は、オーソドックスなダーク系を選択。あまりに明るい色だと、逆に子供っぽさが際立つ危険性があります。

原色コーディネート

原色系は主張が強いので、差し色で取り入れると引き締まります。あまり全面に出すと、おもちゃのような色使いになります。

派手な色や柄は、小物で使うと便利です⇒30代女性ファッション、コーディネートのマンネリ化を防ぐ色と柄の活用方法とは。

特に赤・青・黄色の3原色は、子供服をはじめキッズ系でひんぱんに採用されるカラーコーディネートです。さらにこのうちの黄色は、幼稚園や小学校を連想させやすい色でもあります。

原色を使うときは、なるべく抑えて隠し気味に使うのがおすすめです。もしくはパステル系かダーク系など、色調を外すと扱いやすくなります。

サロペット

30代女性が進んで取り入れるかは定かでありませんが、サロペットが好きという人はいるでしょうか?

サロペットは、似合う人と似合わない人の差が激しい服装です。似合えば若者らしい活発な印象になりますが、似合わなければ「子供っぽい」の烙印を押されることになります。

サロペット以外にも、肩がけのベルトが付いたものは地雷です。特にベルト+パンツスタイルは、ミドル世代の男性(経営者風)のイメージが強いように思います。

スポンサーリンク

リュック・バックパック

リュックやバッグパックを30代ファッションで取り入れるときは、素材や色選びが重要です。

ポリエステルなどの化学繊維やキャンバス地は、遠足や修学旅行のようになってしまいます。色も、赤や青一色だとやはり学生風になりやすいです。

かくいう私も、リュックはよく使います。青の布地に、赤のワンポイントが入ったものです。

綿素材は色がいい具合にくすんで、目立ちすぎません⇒洋服が少ないミニマリストが選ぶ、ゴールデンウィークの旅行やハイキングの服装

リュックでよくおすすめに選ばれるのは、黒色やアニマル柄のワンポイントが入っていたり、革素材を採用したもの。革は、大人っぽさを簡単に出せる便利アイテムです。

キャップ

いわゆる、野球帽のようなキャップです。ハイキングやキャンプなど、アウトドアでもなければ被る機会も少ないかと思います。

ごくたまにキャップ+ジャンパーのようなコーディネートも見かけますが、あれは10代の学生がやってこそ似合うものです。おそらく少数派とは思いますが、30代で堂々と着るにはハードルが高すぎます。

もしかつて愛用していたキャップがある場合、下手に使い道を考えない方が良いです。今の自分に無理なく合う帽子と入れ替えて、早めの断捨離をおすすめします。

ただ帽子自体は、簡単におしゃれに見せられる便利アイテムです。くせ毛などで髪型がキマらないときも、帽子でカバーすればごまかせます。

私も、春夏・秋冬用に2つの帽子を持っています⇒おしゃれファッションは帽子がおすすめ。簡単にコーディネートが決まる便利アイテム

スニーカー

メインで使っている私がいうのも何ですが、スニーカーも子供っぽくなりやすいアイテムです。履きやすい靴なら、パンプスの方が女性らしくて子供スタイルになりにくいです。

もしスニーカーを履くのであれば、前に言った足首のチラ見せなど、女性らしさを+すると良いバランスになるかと思います。

私が履いているスニーカーは、MERRELL(メレル)のjunglemoc(ジャングルモック)です。ヒモがない靴を探していたところを見つけ、そのはきやすさの虜となりました。

今はギリギリいけると思って履いていますが、歳をとればとるほど難しくなってくると感じています。そうなったら今度は、メレルのバレエシューズ型スリッポンに変えようかと思っています。

自分では若々しいつもりでも、実は子供っぽい服装になっていたという罠。10代・20代の頃の服装も、30をすぎればだんだんと通用しなくなってきます。

私も基本は着たいものを着る枯れ女ですが、30代女性として多少はその辺りに意識をむけた方が良いかもしれません。自分のスタイルを追求しながら、年齢に合わせた着こなしができることが理想です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿