弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ものが少ないキッチンでも料理はできる。~枯れ女ミニマリストの部屋~

公開日:2016.03.19 最終更新日:2016.06.13

スポンサーリンク

今回は、節約持たない暮らしを目指す私のキッチンを公開します。調理器具から食器から足りないものだらけですが、それでも料理を作って食べることはできています。

基本は「出さない収納」で、水回りやガスコンロはなるべくすっきりさせるように。掃除が楽になり、いつもできれいに使えます。

キッチン全体

まず、キッチンの全体像がこちらです。

P_20160319_110501

シンクに干してあるのは、食器拭きなどに使うびわこふきん。洗って乾かしている途中。洗剤なしで食器の汚れが落とせる優れもののふきんです。

外に出ているものは、毎日使う電気ケトルとコップ。シンクのカラフルな雑巾2枚は、断捨離予定でそのまま放置状態になっているもの……。

水切りカゴは置かず、洗ったらすぐに拭いて棚に戻しています。ただ最近は、その前に乾燥させた方が良いかもしれないと考え中です。

シンク

シンクの中は、基本何も置きません。

P_20160319_110527

三角コーナーやたらいなど、湿気の溜まるものは排除。水気を残さないのは、衛生面と害虫対策のためです。

食べ物や水分の多いキッチン周りは、どんなにきれいにしてても「G」が出てきます⇒殺虫スプレーや対策グッズがなくても、確実にゴキブリを退治できる超シンプルな方法

これから暖かくなってくるので、掃除にはますます力を入れねばと思っています。

ガスコンロ周辺

ガスコンロも何も置かないと、料理の後にサッとひと拭きできます。

P_20160319_110540

調味料や、その他キッチングッズも全て収納。調味料は外に出しておかなくても、料理は普通にできます。料理の途中で調味料や油を使うタイミングは限られるので、そのつど出せば問題なしです。

上の棚

次は、収納の中を見ていきます。

左上

まずは左上の棚です。

P_20160319_110630

母がくれたタッパー、キッチンペーパー代わりのトイレットペーパーが置いてあります。上の方は手が届かず不便なので、空のままです。

そして左に写っているふきんとタオル、存在をずっと忘れていました。ちょうど食器を乾かすときの下敷きのことを考えていたので、このタオルを使おうと思います。

右上

右上の棚は、現状お菓子の倉庫と化しています。

P_20160319_110648

引越しのときに知人や家族からもらったものと、コンビニのキャンペーンにホイホイ釣られて買ってしまったお菓子……。毎日チョコチョコ食べて消化中です。

スポンサーリンク

下の棚

次は下の棚です。

食器スペース

コンロ左隣の引き出しは、食器スペースとして活用中。

P_20160319_111954

全部実家から持ってきた食器です。これでも、まだ一人暮らしには多いかもしれません。

食器の種類は、茶碗、普通の皿、深皿、どんぶりの4つです。とりあえずこれだけあれば、どんな料理を盛るにも困りません。

シンク下

こちらは、シンクの真下の収納です。重曹やクエン酸など、主にキッチンの掃除用具を置いています。

P_20160319_110721

「どうせ使うものだから」と、重曹・クエン酸は大きめの1kgをストック。クエン酸は、飲むと疲れがとれるらしいので試してみたいです。

左の片隅にあるのは、ベランダの掃除対策で買ったグッズです⇒ベランダの鳩について、相談してみた。私と野鳥との仁義なき闘い(2)

引っ越し当初は鳩ふんに悩まされていましたが、今は対策ネットをベランダに張って解決しました⇒ベランダの鳩対策に本気を出す。私と野鳥との仁義なき闘い(4)

包丁スペース

収納の扉についている包丁スペースです。

P_20160319_110739

刃物は、実家から持ってきた大きめの包丁一本。料理のときこれを持つと、一瞬だけサスペンスドラマの主人公のような気分になれます。

食器スペース下

食器スペースの真下はこんな感じです。

P_20160319_110753

水切り用のボールに、ゴミ出しに欠かせないビニール袋のストック。奥にあるコップは、母がくれたものです。

コンロ下

コンロ下のスペースは、主に調理用品などです。

P_20160319_110812

フライパンに調味料、レトルトなどの保存食です。保存食は、お菓子と同じく知人や家族がくれたものです。

まだ賞味期限まで余裕があるので、それまでは「災害時の備え」として取っておくつもりです(少々貧乏くさいですが)。

料理に使うものは、基本フライパン1つ。引越し後ほぼ1ヶ月、すべての料理はこれだけで作られてきました。

料理の味付けに使う調味料も、最低限に厳選⇒節約系ミニマリストの食事に必要な、調味料の種類とはどれくらい?

そんな少ない調理器具と調味料で、数々の謎料理が毎日のように生み出されています⇒実録・一人暮らしの料理。自炊史上、最高にミステリーなハンバーグ(?)の話

スプーン・箸置きスペース

ガスコンロの右隣は、スプーンや箸置き場です。

P_20160319_110841

奥の方に、調理に使うヘラやお箸などを収納。スペースが小さいので、これ以上増やすと出すのが面倒そうです。

外に出すとこんな感じです。

P_20160319_111035

ひときわ目を引く黒いグッズは、万能調理器具の「置き楽スプーン」です。これ1つで大さじ・小さじを計れ、ヘラやしゃもじ・おたまの代わりに使えます。

以前は、大さじ小さじを買おうか悩んでいました⇒一人暮らし、持たない暮らしを目指すの料理問題。大さじと小さじは持つべきか?

ものが増えるのが嫌で迷っていましたが、このスプーンなら1つあれば済みます。シリコン製で熱にも溶けず、とても便利です。

改めて見ると、キッチンには結構たくさんのものがあるんだなと気付かされます。これでも最低限のつもりでしたが、まだ減らせるものがあるかもしれません。

キッチン周りは清潔第一に、使うものも慎重に選びたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850383総閲覧数:
  • 603今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ