弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

耳栓は睡眠以外にも、台風で雷の音が怖いときに使うのがおすすめ。

公開日:2016.08.25

スポンサーリンク

台風シーズンに突入し、天気が大荒れの日が続いています。そんなとき未だに怖いのが、雷の音です。稲光がすると、反射的に耳をふさいでしまいます。

そんなときは古典的ですが、耳栓を使うのが効果が高くおすすめです。最近の耳栓は性能がバツグンに良いので、大きな雷のとどろきもブロックしてくれます。

雷が怖い

昔から大きな音が苦手で、梅雨明けの雷の音なども「ビクッ」となるような子供でした。30代になった今でも、そのときの恐怖が抜けきりません。

手がふさがって不便

なので大きな雷のときは、決まって耳をふさぎます。が、ふさがるのは耳だけでなく、両手もです。これは少々厄介な問題でした。

両手がふさがっては、パソコン、ゲーム、読書etc……。ありとあらゆる作業がはかどりません。いつ来るか分からぬ雷に怯えつつ、半分意識をそっちに持って行かれながらの作業でした。

稲光を見たら、サッと耳をふさぐ心の準備を。眼と耳も、外の様子にどうしても注意が向きます。集中力も明らかに落ちていると思います。

流石に30過ぎのいい大人が、雷ごときで仕事の手を止めるのもどうなのか。ひとりきりの部屋で、ふとそんな虚しさを覚えました。

スポンサーリンク

耳栓があるじゃないか

そのときようやく、今までずっと忘れていた存在にようやく思い至りました。

P_20160824_0946382

夜寝るとき、每日のように使っている耳栓です。高性能が評判の、モルデックスの「ゴーイングリーン」を使っています⇒私が静かに睡眠を取るために使っている、おすすめの耳栓

あまりに身近な存在すぎて、頭からすっぽり抜け落ちていました。雷が落ちないうちに、ささっと装着しました。

すると立ちどころに雨の音がかき消され、辺りは平穏に。雷の音も大分遠くなり、怖くなくなりました。

ほかの音が聞こえないと不便ではないかと思いましたが、逆にこれが快適。雨音が一切ないととても静かで、外が雷雨であることを一瞬忘れさせてくれるほどでした。

手がふさがらないから作業も止めずに済むし、外が気にならなくなったので集中も途切れません。耳栓にはこんな使い方もあるのかと、今さらながら感心しました。

さらにゴーイングリーンは騒音はかき消しても、人の声や生活音はかき消さない機能があります。これなら、誰かに話しかけられたのに無視してしまうという行き違いも減らせます。

防音イヤホンもあれば完璧か

もし完璧に雷音をシャットアウトするなら、耳栓の上に防音性のイヤホンを付けると完璧なようです。ネットでは、ノイズキャンセラー付きのイヤホンが良いと言われていました。

私も手持ちのイヤホンを耳栓の上から装着してみましたが、普通のイヤホンではほとんど効果はありませんでした。もし高性能のイヤホンを持っていれば、思いのほか活躍してくれるかもしれません。

雷がなったとき耳をふさいでしまう人は、私だけではないはずです。大事な作業の途中で雷がひどくなってきたら、耳栓を使った対策をお試しください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850601総閲覧数:
  • 821今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ