弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

重曹のおすすめ活用方法とは?掃除に洗濯、歯みがきまで使える万能グッズ。

公開日:2016.07.16

スポンサーリンク

今回は、掃除洗濯など、何にで使える重曹活用方法をお話します。日頃の家事だけでなく、歯みがきなどにも使える万能グッズです。

重曹1つあれば、様々な日用品の代わりに。ストックを減らしてスッキリさせたい人にもおすすめです。

油汚れの掃除

重曹はアルカリ性の物質で、脂や皮脂の汚れに強いという特徴があります。特にキッチンのガスコンロや換気扇など、油汚れがベットリ付いた場所の掃除におすすめです。

普段の掃除なら、水と重曹を「1:1」の割り合いで混ぜたスプレーでサッとひと拭き。頑固な汚れは、シンクに水を溜めて重曹を溶かし、一晩浸けておくときれいになります。

シンクに浸けられない場合は、重曹に少し水を混ぜたペーストを塗りつけます。その後数時間おいて、普通に洗い流せば大丈夫です。

バスタブにも重曹がおすすめ

水回りは酸性のクエン酸の方が相性が良いですが、皮脂汚れが多いバスタブなどは重曹の方が良く落ちます。スポンジに重曹を付けて磨いたり、残り湯にそのまま重曹を流し込めばOKです。

トイレのタンクにIN

トイレ掃除のときは、重曹をタンクにINすると掃除が楽になります。クエン酸だと金属部品を傷める恐れがあるので、重曹の方が安全です。

私も週1回、重曹をタンクに入れています⇒ミニマリストが実践する、ブラシに頼らない簡単トイレ掃除の方法とは?

こうするとタンクの中の汚れを予防できるうえ、水を流すだけで便器全体の掃除効果もあります。私は朝の掃除で入れてしまいますが、夜寝る前にタンクに仕込んでおくのもおすすめです。

軽めの洗濯もの

皮脂に強い重曹は、軽い洗濯にも使えます。普通の洗剤の代わりに使ったり、浸け置き洗いすれば大丈夫です。

さらに強力なセスキ炭酸もあります⇒洗濯機も洗剤も使わず、セスキ炭酸を使って洋服を洗う節約術

ハンカチなど「洗濯機を使う程でもないな」という小物の洗濯におすすめです。洗面器にしばらく浸けておけば、軽い汚れは落ちてしまいます。

冷蔵庫の消臭剤

重曹には消臭効果もあります。小さな容器に適量入れれば、簡単な消臭剤の完成です。掃除のときに、重曹スプレーを吹き付けるのも有効です。

重曹の上からアロマを垂らせば、芳香剤にも。香りの効果は約2週間ほどですが、重曹は再利用できるので経済的でもあります。

スポンサーリンク

ハッカ油のお掃除スプレー

私がよく使っているのは、虫除けを兼ねたハッカ油スプレーです。中に重曹を仕込んで、ついでに掃除もしています。

ハッカ油は普通のアロマオイルより安く、節約しながら虫対策ができます⇒アロマよりも節約になる。ハッカ油で簡単にできる、効果的な虫除け対策

食事の後は、スプレーでコンロとシンクをサッとひと拭き。每日きれいにすれば、掃除の手間もかかりません。

入浴剤

ハッカ油は掃除だけでなく、入浴剤にもなります。バスタブに適量をザザッと入れて、かき混ぜるだけです。余計な角質を取って、お肌をツルツルにしてくれる効果があります。

重曹歯みがき&うがい

さらには、重曹を使った歯みがきやうがいというのもあります。重曹ペーストを歯磨き代わりに使ったり、重曹水でうがいをするのが基本の使い方です。

歯ブラシは、イオンの力で歯垢を取る「電子歯ブラシ」を使っています⇒電動歯ブラシよりも効果ありでおすすめ。歯周病予防に役立つ電子歯ブラシとは。

口臭や歯周病を予防して、歯茎を健康に保ってくれます。市販の歯みがき粉に比べて洗浄成分も強くないので、安全というメリットもあります。

私は歯みがきとうがいの両方に使っていますが、重曹の粒が歯の表面を傷つけるという指摘もあるようです。知覚過敏など不安がある場合は、うがいだけにすると安心です。

ベーキングパウダーの代わりに

パンやお菓子に使うベーキングパウダーにも、重曹は含まれています。ベーキングパウダーが切れたときは、重曹を代わりに使うこともできるのです。

元々はどら焼きなどの和菓子にも使われていて、和菓子独特の風味も重曹によるものです。ベーキングパウダーに比べて、しっとりした仕上がりになります。

ただ、重曹を入れ過ぎると苦味やエグみが出ます。ベーキングパウダーの代わりにするときは、1/3ていどの量に抑えるのが無難です。

洗剤・歯みがき・入浴剤など、1つで何役もこなす重曹。掃除用具を減らしてシンプルにするなら、重曹を使った掃除をお試しください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿