弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

シーフードカップヌードルとスープDELIのコラボレシピ。一人暮らしの節約料理(36)

公開日:2016.12.08

スポンサーリンク

一人暮らしの節約料理シーフードカップヌードルとスープDELIのコラボでできた究極の手抜きレシピを紹介します。

疲れてご飯を作りたくないけど、ただのカップ麺は味気ない。よりゴージャス感を求めるときにうってつけです。(ただ、カロリーの保証は一切ないのでご注意ください)

材料

今回使った材料はこちらです↓

・シーフードカップヌードル

・スープDELI(サーモンとほうれん草のクリームスープパスタ)

・たまご…1個

・もやし…1/2袋

カップ麺は、実家からもらったものです。何だかんだでお世話になりっぱなしです↓

P_20161126_1626332

カップ麺が2つだけでは不足しがちな栄養も、たまごともやしでしっかりカバー。困ったときは、もやしを足しておけば何とかなります。

今回は冷蔵庫の中身がたまごともやししかありませんでした。が、余った野菜や肉なら何でも使えます。色々とアレンジしがいがありそうです。

調理開始

早速、調理開始です。(とは言え、料理らしいことはほとんどしていませんが)

お湯を沸かす

カップ麺を作るのに熱湯は必須。時間節約のため、電気ケトルで沸かします。

一人暮らしでは、電気ケトルは重宝します。私の生活には手放せない家電となりました⇒ミニマリストが使う、キッチン家電はどんなもの?~100個チャレンジ~

フライパンに麺とお湯を投下

お湯を沸かしたら、カップの中身とお湯をフライパンへIN。カップヌードルをカップから出すと、こんな感じになりました↓

P_20161126_1635342

一見すると、おしゃれなスープと言っても通用しそうな見た目。単にカップの中で作るよりも美味しそうに見えるから不思議です。

むき出しになった乾燥麺を見る機会は、ありそうでありませんでした。わざわざカップの中から麺を出して調理するなど、カップヌードルのアイデンティティーが台無しではあります。

もやしとたまごを入れて煮込む

熱湯で麺をほぐしたら、もやしとたまごを入れてひと煮立ち。たまごがほど良く固まるまで放っておきます。どんどん水分を吸って伸びてくる麺が難ですが、それでも食べるに不都合はないので良しとします。

スポンサーリンク

実食

こうして、出来上がった麺がこちら↓

P_20161126_1646402

ヌードルとパスタのダブルコンボで、かなりのボリュームがあります。いざ実食。

麺のコシがなくなってるが、これはこれでイケる。

やはり麺が伸びのびです。が、その柔らかさが「もしかして消化に良いかも?」という錯覚を起こさせてくれます。クラムチャウダー風の味も、カップ麺なのに家庭的な暖かさを演出していました。

意外と美味しかったのは、スープDELIのおかげでとろとろになった汁です。とろみが麺とよくからんで、おしゃれな洋風あんかけラーメンに仕上がっていました。

スープがからんだ熱々の麺を、フウフウとすする。寒い冬にはピッタリのメニューではないかと思います。

いつもののカップ麺も、ちょっとの一手間でそれらしいご飯に。もはや手抜きなのか面倒なのか分かりませんが、普段と違ったカップヌードルを食べたいときに試してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿