弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

引っ越しの片付けが終わらない。一人暮らし30代がやっている荷造り対策とは?

スポンサーリンク

月末の引っ越しに向けて、荷造りの真っ最中。限られた時間と人手のなかで私がやっている、片付けと荷造りの対策を紹介します。

引っ越しの片付けというのは、一人暮らしだとなかなか終わらないものです。「1~2日あれば出来るでしょ」と油断していると、引っ越し前日に徹夜するハメになるかもしれません。

少しでも楽に、早く荷物をまとめるにはどうするのが良いのか?参考にしてみてください。

レンタル家具で荷物もスッキリ

今の部屋で一人暮らしを始めるときは、「レンタル家具」を利用しました。いつ引っ越しが決まっても大丈夫なように、大きな家具と家電は買わなかったのです。

実際に、今の部屋に住んで一年あまりで次の引っ越しが決定。レンタルは割高でしたが、やはり買わなくて良かったと思いました。

私が借りた家具・家電は、

・冷蔵庫(140L)

・ガスコンロ

・ローテーブル

の3つです。

レンタル家具と家電についてはこちらでも紹介中⇒節約とミニマリストの両立を目指す私が選んだ、生活に最低限必要な家具・家電とは?

とりあえず自炊のための家電と、作業量のローテーブルを借りました。今は全て引き払われて、本当に何もありません。

現在、冷蔵庫があった一画はこんな感じに↓

P_20170224_0927352

大きな家電が減って、一気に開放感が増しました。冷蔵庫1台ないだけで、心まで軽くなった気がします。

次の物件は部屋がかなり小さいので、冷蔵庫を置くかどうか迷っています。ノー冷蔵庫でも普通に暮らせそうなら、そのまま生活するかもしれません。

ローテーブルの代わりは、自作の収納ボックスです↓

P_20170224_1204402

ローテーブルよりも高さがあるうえ、とにかく小さい。ノートパソコン1台を置いたら、それでスペースが埋まります。

このボックスは、3MのDIY企画に誘われたときに作りました。詳しくはこちら⇒DIYも、両面テープを使えばここまで簡単になる~3M製品を使ったアイデアプロジェクト~

しかしこんな粗末な台でも、仕事も食事も意外と何とかなるもの。余計なものを置くスペースがないと、逆に1つのことに集中できると分かりました。

さらに背筋を伸ばさないとディスプレイが見られないおかげで、長年の悩みだった猫背がまっすぐに。僅かですが、気分もシャンとしてきます。

もしテーブルを買うにしても、猫背対策にはある程度の高さが必要。ローテーブルより、作業用デスクの方が良い気もします。

食料を急いで消化中

ちなみにガスコンロがあった場所は、今は食料置き場になっています↓

P_20170224_0954192

今まで備蓄していた食料は、毎日食べて消化中。余ったものは、ダンボールのスペースに押し込んで運ぶ予定です。

我が家にあった備蓄食料はこちらで紹介しています⇒非常用の食料備蓄は、全てもらいものでお金を節約~100個チャレンジ~

お菓子系は、お腹が空いたときにボリボリ食べて大半を処理。1ヶ月前くらいから、毎日チョコチョコ食べて減らしました。フルーツ缶詰も、朝ごはんにすれば何とかなりそうです。

問題は、一気に消化できないふりかけやのりなど。インスタントラーメンも、毎日3食いただく勢いでないと完食が難しそうです。

食べられそうなものは、自力で片付けます。それでもいざとなったら、知人に譲るという最後の手も目論み中です。

ただ、大量のオートミールは譲られた方も困る可能性大。貴重な炭水化物でもあるので、これは何とか持っていこうと思います。

寸胴の中に荷物をIN

運ぶ荷物のなかには、「中がスカスカ」な物も。このスペースを有効活用しない手はありません。

手始めに、寸胴に詰められるだけ食料を詰めました↓

P_20170224_0956282

大容量の寸胴で、意外と色々なものが入りました。

この寸胴は元々、大掃除のために買ったものです。掃除の話はこちら⇒シロッコファンの掃除を簡単にするコツ。頑固な油汚れもきれいに落とす必殺技とは。

大きいしかさばりますが、手作りポップコーンから雑巾の煮洗いまで、何でも使える便利なキッチングッズです(使う前にしっかり洗って乾かしてはいます)。

ついでに、大量のトイレットペーパーをタッパーの中へ↓

P_20170224_0957022

今や冷蔵庫がないので、しばらくはこのタッパーが食料庫の代わりとなる可能性もあります。取りあえず新居まで持っていって、使わそうなら処分すれば良いです。

ちなみにこのトイレットペーパーは、半年以上前に大量にまとめ買いしたものです。まさか当時は、使い切る前に引っ越しのときが来るとは思いもよりませんでした。

日用品ほど、まとめ買いは危険だと痛感しています。今後は、絶対にストックは最小限にしないといけません。

スポンサーリンク

オタクグッズや本は売って減らす

もう気の済んだ趣味のグッズは、宅配買い取りで処分予定です。宅配買い取りにまわすグッズは、

・自力で売っても高値にならなそうなもの

良いお値段が付くものは、面倒でも自分で売ろうと思います。

逆に、引っ越しで持っていく分はダンボール4箱も。「もう良いでしょ」と感じつつ、思い切れなかったものも結構あります。

オタクグッズが手放せない心理はこちら⇒物が捨てられない。いらないのに処分できないオタクの心理とは?

取りあえず引っ越し作業のなかで、売れるものをフリマやオークションに出品。何かと物入りな、新生活資金の足しにできると良いです。

コンパクトな洋服のたたみ方

絶対に暮らしに欠かせない洋服は、コンパクトに丸めてダンボールへ。クルクル丸めて棒状にすると、ダンボール1箱でも結構入ります↓

P_20170224_1218042

これは「米軍式のたたみ方」です。詳しい方法はこちら⇒ゴールデンウィークや夏休み旅行の荷造りにおすすめの服の収納法、米軍式のたたみ方

普通のTシャツはもちろん、ボトムス、アウター、下着まで。何にでも応用できる、便利なたたみ方です。旅行や引っ越しなど、荷物のかさを減らしたいときに大きな威力を発揮します。

普通のリュックでも、米軍式のたたみ方だと5着は余裕で入ります。実家に帰省するときなど、荷物がスッキリまとまって快適です。

普段の収納には不向きですが、荷造りのときはとても便利。服を小さくまとめたいときは、一度やってみてください。

いっそ新しく買い直すのもあり?

それでもまだ、かさばる荷物が結構あります。地味に悩むのが、フライパンやボールなど、ダンボールのスペースを無駄に埋めるものです。

頑張って詰めても良いのですが、どれも年季が入ってボロボロ。引っ越しのタイミングで、一気に新調するのもありかと思いました。

特にフライパンは、取っ手のところがガタガタ。いつポッキリ折れてもおかしくない代物でした。おまけに底が焦げ付きやすいです。

スーパーにいけば、適当なフライパンは1,000円以下で手に入ります。古いものを無理に持っていくよりは、新しく買って心機一転しても良いかもしれません。

少ない荷物で暮らすのが一番の対策か

そんなこんなで、引っ越しの荷物はここまでまとまりました↓

P_20170224_1123212

ダンボールも自力で調達したので、形も大きさもバラバラ。このうちの半分がオタクグッズなので、私は本当に趣味の人間です。

それ以外の家具やら日用品やらは、そこまで多くないです。やはり引っ越しの荷造りを楽にする一番の対策は、普段から少ない荷物で暮らすことなんじゃないでしょうか。

約1年の一人暮らしの間に、「ものが無くても何とかやっていける」というのが分かってきました。「これが無いと暮らせない」というものは、案外に少ないです。

しかしこれでもまだ、「ダンボールが多いな」と感じます。次なる新居では、さらに荷物を減らしてスッキリしたいです。

着々と進んで入るものの、食器などギリギリまでダンボールにしまえない荷物もあります。実家から出るのと違い、単身の引っ越しは面倒です。

普段から荷物が最小限なら、引っ越しのときに苦労せずに済むのになと実感。次に引っ越すときこそ、ダンボール5箱以内で済むようにしたいです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿