弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

太っているのは部屋が汚いせい?断捨離すると痩せる理由。

公開日:2017.01.23 最終更新日:2017.04.20

スポンサーリンク

部屋が汚いこと太っていることは、実は深くつながっているのかもしれません。断捨離をすると痩せられる、その理由を考えます。

ぜい肉と同じくらい、部屋の散らかり具合が目につく。心当たりのある人は一緒にチェックしてみてください。

部屋が片付くと暴飲暴食が減る

まず、部屋が片付くとそれだけで暴飲暴食が減ります。これは私も実感があるのですが、何もない部屋にいるとストレス性の食欲ががなくなるのです。

ものの少なさと食欲の関係はこちらから⇒つい食べてしまうのはなぜ?偽の食欲の原因と対策を考える。 場所は「家の中のものを減らすと食欲も減る?」です。

逆に、なぜ部屋が散らかっていると食欲が増すのか?それは、脳みそのエネルギーが不足しやすくなるからじゃないかと思います。

脳がガス欠を起こすと、それだけで空腹を感じます。そして脳は、処理する情報が多ければ多いほどエネルギーを使うもの。散らかった部屋というのは、それだけで脳をエネルギー不足にさせるのです。

また、脳はストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンを出します。コルチゾールには脂肪を溜め込みやすくしたり、食欲が増すという作用があるようです。

とにかく散らかった部屋が、脳を疲れさせるのは確実。これは自分で意識していなくてもです。それがいらぬ食欲を誘発し、「食べ過ぎ」の原因となるんじゃないでしょうか。

逆に部屋の中に感覚を刺激するものがないと、その分脳のエネルギーを消耗せずに済みます。脳が疲れにくくなれば、食でストレス発散する危険も減るんだと思います。

フットワークが軽くなる

脳が疲れるということは、「ヤル気」が減ることにもつながります。散らかった部屋にいると、身体を動かすのがおっくうにはならないでしょうか。

逆に部屋がきれいになると、今まで面倒だったことが面倒じゃなくなってきます。身体を動かすハードルが格段に下がるのです。

例えば丸めたちり紙1つにしても、散らかった部屋だとさして気になりません。が、部屋に何もなければないほど、ちり紙1つ、空の袋1つが目立ってしょうがないのです。

我が家もカーペットがない全面フローリングで、髪の毛1本落ちていても気になります。見つけた髪はその都度拾って、捨てるようにしています。

その度にゴミ箱まで移動せねばいけませんが、間には何の障害もないので楽。掃除機やワイパーがけも簡単になるから、「ちょっと掃除するか」という気になりやすいです。

スポンサーリンク

「食」以外への関心が増す

フットワークが軽くなると、それまで興味がなかったことにもチャレンジしたくなります。面倒だと思っていたことが「実はそんなに面倒じゃない」と分かると、「じゃああれもやってみよう」と思えるのです。

そうして色々なことに興味を持つと、その分「食べ物」のことを考える時間が減ります。今まで「食」が主な楽しみだった人は、その関心が別の方に向くというのはあるんじゃないでしょうか。

私はものが少ない生活を始めてから、大小様々なことに挑戦し始めました。詳しくはこちら⇒1年のうちに枯れ女がやってみたこと。2016年の1ヶ月チャレンジまとめ

荷物が多かったときはアレコレ「やらない言い訳」ばかりが思いつきましたが、今は「取りあえずやってみよう」というスタンス。やってしっくりこなければ、その時点で止めれば良いです。

続いたり続かなかったり色々ですが、やればやった分だけ視界は広がります。視界が広がると、またその分興味のあることが出てくるのです。

生活がなぜか健康的になる

新しいことに関心が向くと言いましたが、その中でも重要なテーマが「健康」です。ものを捨てると、今まで以上に自分の身体のことが気になるようになりました。

これは「ヘルシー志向」というよりも、余計なものを省きたい「シンプル志向」と言えるかもしれません。部屋が片付くと、自分の体内までスッキリさせたくなるのです。

そこで手始めに始めるのが運動。前の「食への関心が減る」との相乗効果で、さらに痩せやすくなります。

夏から秋頃にかけては、ウォーキングにも凝っていました⇒早歩きダイエットで挫折しない、インターバル速歩の方法。

インドア派でとにかく運動不足なので、今は部屋の中でできるエクササイズに挑戦中です⇒1日15分のクロスフィットトレーニング、自宅でできるインドア派におすすめのメニュー。

運動もそうですが、食べるものに関しても気になります。安い油を使った加工品は、滅多に食べなくなりました。

加工品を食べる機会が減ると、安い油の味に違和感が。そうしてますます避けるようになっています⇒私が人工のトランス脂肪酸(植物油脂)を避ける、「健康に悪い」以外の理由

「美味しいものを追求したい」「絶対オーガニック」などのこだわりは、一切ないです。が、最低限の栄養にだけは気を遣うようにしています。普段の食事は、野菜・肉・米がメインの自炊です。

ミニマリストでもさらに健康派の人は、お金をかけることも惜しみません。私も1年以上通ってない歯のメンテナンスや悪すぎる視力など、収入が増えたらその辺りにも投資したいところです。

太る状態というのは、「食べ過ぎ」「運動不足」の2つが原因。部屋の断捨離は、この2つを自然と解消できる効果的な方法なんだと思います。

一見遠回りかもしれませんが、ダイエットの前にまずは部屋を片付けてみてください。断捨離の後で、気になる脂肪も一緒に捨てられるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿