弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ベランダの鳩対策に本気を出す。私と野鳥との仁義なき闘い(4)

公開日:2016.03.15 最終更新日:2016.03.19

スポンサーリンク

自力でのとの闘いに、あっけなく敗れた私。ほぼ打つ手なしで、完全に追い込まれていました。

そして快適なベランダを取り戻すため、私はつい思い切った行動へと出てしまいました。

思い切って業者に相談

ネットで調べると、鳩を自力でどうにかする方法も色々ありました。けれど、確実に鳩がいなくなるかは分かりません。私は何としても、完全に鳩から解放されたいと思いました。

そして私が頼ったのは、鳩対策の専門業者。サイトの情報では相談にも乗ってくれるとのことだったので、まずは話を聞いてもらおうと電話をしてみました。

鳩害の進行度

オペレーターから担当者につながると、まずは「どれくらい鳩の被害は進んでますか?」との質問。私は正直に、引っ越してきたばかりのことと今までの対策のことを話しました。

すると担当の人曰く「我が家の鳩被害は相当進んでいる」とのこと。鳩が住み着いて時間が経ち、普通の方法で追い出すのは難しいと言われました。

こういう場合、ベランダにCDを吊るしたり鳩が嫌がる薬品をまいても大した効果はなし。自分たちに実害がないと分かれば、鳩は再び戻ってきます。

話が進みすぎた

それでは、私はこのままガマンして鳩と同居せねばならないのか?さらに対策を聞くと、「ネットでベランダに入れないようにするしかない」と言われました。

「それっていくらお金はかかるんでしょうか?」。私が聞くと、担当の人は一気に商売モードに入りました。

私のベランダの広さを詳細に聞き、大まかな見積もりを算出。大体、ベランダ清掃とネット取り付けで50,000~60,000円かかると言われました。

「ネットを自力でも付けられるか?」と聞いたところ、ベランダから乗り出す必要があるので、高い場所では危険だと言われました。

鳩対策で転落死など、いくら何でも哀しすぎます。流石に、鳩に命をかける勇気はありませんでした。

この時点で「じゃあ止めます」と言えば、話はこれ以上進まなかったでしょう。けれど私は「それくらいなら何とかできなくもないです」と、半端な返事をしてしまいました。

相手はこれを、「工事を了承した」とみなしたのでしょう。あれよあれよというまに日程が決まり、我が家のベランダにはネットが取り付けられる運びとなりました。

ネットで締め出し作戦

今さら「やっぱり中止します」とも言えず、あっという間に工事の当日に。私はもう開き直って、業者さんのテキパキとした動きを見守ることにしました。

まずはベランダのふんを、きれいに掃除。私の原始的なヘラとデッキブラシではなく、立派な装備でピカピカにしてくれました。

そして小雨の中、脚立を使ってベランダの端から端までネットをびっちり張っていきます。その大掛かりな作業は、素人がやったら丸1日かかるだろうと思われました。

そして作業開始から3時間後、ついにネットの取り付けが終わりました。

対策の結果

そして現在、我が家のベランダはこうなっています。

P_20160311_153907

分かりにくいですが、黒いネットがベランダを覆っています。これではさしもの鳩も、我が家のベランダへ入ってくることはできないでしょう。

部屋から様子を見ていると、ベランダに入ろうとした鳩が慌てて引き返していきます。いつもの場所に突然ネットが現れ、鳩も面食らっているようでした。

そして数日が経ちましたが、ベランダには鳩ふんは1つもありません。鳩が来ないおかげで、鳴き声も気にならなくなりました。

そして晴れの日には、どうどうとベランダで洗濯物が干せます。風になびく洗濯物を見ていると、私も心が軽くなります。

そんな鳩対策にかかったお値段、計45,000円。ラッキーなことに、ベランダの清掃代はサービスしてもらえました。

それでも私には痛すぎる出費ですが、その費用に見合う効果は確かにあります。今後は鳩のストレスから解放されることを考えても、やって良かったとも思っています。

自力で手に負えない鳩対策は、1度業者へ相談をおすすめします。ただしその際、工事をしないときはハッキリ断ることだけご注意下さい。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿