弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ベランダの鳩について、相談してみた。私と野鳥との仁義なき闘い(2)

公開日:2016.02.27 最終更新日:2016.03.19

スポンサーリンク

ベランダの鳩の思わぬ被害に悩まされ、早1週間近くが経ちました。

今回は、鳩の対策を自力でどうにかしようとしてみた話です。

(この記事には、汚い画像があります!見たくないという場合は、本文を読まないことをおすすめします)

鳩の対策用具を買ってきた

引越し初日、鳩のふんを自己流で片付け。けれど、翌日にはふんは元通りになっていました……。

このときは素手で片づけたのですが、これは菌に感染する可能性があるので危険とのこと。絶対に真似しないで下さい。(今のところは無事です)

そこで急きょ、鳩対策グッズを買ってきました。

P_20160221_123620

ゴム手袋

菌に感染する危険があるので、素手で掃除するのは厳禁です。

マスク

菌がホコリと一緒に舞い上がって、口から入るのを防ぎます。

ヘラ

ふんは水で流さず、ヘラでこそぎ落としてゴミに捨てねばなりません。

ゴミ袋

ヘラで取ったふんを捨てる袋です。

ふんの掃除の仕方

引越し初日は割り箸片手にふん掃除しましたが、ちゃんとした手順がありました⇒一人暮らし初の大仕事は、鳩が汚したベランダのふん掃除でした

1.お湯でふんを柔らかくする

まずは、水やお湯でふんを落としやすくします。周りを新聞紙などで囲むとやりやすいようです。

2.ヘラでこそぎ落とす

柔らなくなったふんを、ヘラで落とします。塗装などを一緒に剥がさないよう注意です。

3.ゴミ袋へ捨てる

落としたふんは、即座にゴミ袋へ。そのままギュッとしばって、燃えるゴミへ

4.消毒

理想は、掃除の後にエタノールなどで消毒することです。私はまだ消毒液は用意していません。

スポンサーリンク

管理事務所に相談。すると……

鳩のふんを掃除して数日後。私は、団地の管理事務所にその現状を訴えに行きました。特に私の隣の部屋が、鳩の巣にされてとんでもないことになっていました。

私がふんのことを言うと、なんと業者に清掃を頼んでくれるとのこと。私の部屋と私の隣の部屋、両方をやってくれるとのことでした。

私の隣の部屋は空き家ですが、近々入居の予定があるようです。タイミング的にとてもラッキーでした。

そして、ベランダ清掃当日。掃除する前はこんな感じでした。

P_20160224_095406

私の初日の苦労もむなしく、数日後には鳩ふんだらけ。毎日掃除しても追いつきません。

それが清掃後は、こうなりました。

P_20160225_150402

確かに鳩ふんはきれいになりました。が、私の部屋の後で隣の部屋の掃除をしたのが問題でした。

私の部屋と隣の部屋の溝がつながっていたため、廃液がこちらの方まで流れてきてしまっています。気のせいかもしれませんが、臭いも気になるように……。

この溝に関しては、まずは自分で何とかしてみようと思います。(ダメだったらまた管理事務所に駆け込みます)

清掃を終わらせた翌日、ベランダを見てみましたが鳩のふんはありませんでした。ふんの掃除が、ある程度は効果があったようです。

が、ベランダには未だに鳩がやって来ます。その鳩を完全にベランダから立ち退かせるのが、今後の課題です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿