弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

枯れ女ミニマリスト、部屋のゴキブリ対策にプロの業者を頼む

公開日:2016.06.23

スポンサーリンク

今回は、部屋ゴキブリ対策のためにプロの業者を頼んだときの話をします。

これまでも自力で色々対策してきましたが、夏が本格化して不安がどんどん強くなっていきました。それでも、プロの業者に頼むことになるとは、思いもよりませんでした。

きっかけはチャバネ

それが急に業者の助けを借りることになったのは、5月末に出現した「チャバネゴキブリ」がきっかけでした。

今までは、見かけるのはクロゴキブリのみでした⇒殺虫スプレーや対策グッズがなくても、確実にゴキブリを退治できる超シンプルな方法

一般的に、チャバネは自力の駆除が極めて難しいと言われています。オマケに行動範囲がせまく、もし部屋に出てきたら確実に内部に巣があります。

(大体、チャバネの行動範囲は7~10m前後だそうです)

我が家の場合、キッチン下の収納に1匹出没しました。チャバネは「細長い黄土色」と「背中に2つの黒い点」が特徴。私が見かけた個体も、その特徴にみごと当てはまっていました。

こいつが家に出てきたということは、キッチン裏かどこかに巣がある可能性がある。しかも放っておくと爆発的に繁殖して、手がつけられなくなる……。

そう考えると、急に恐ろしくなってきました。

急きょプロの業者に連絡

そこで急きょ、対策してくれる業者を探すことに。「ゴキブリ対策」で検索すると、業者の情報がたくさん出てきました。

私が依頼した業者は、「ゴキブリマイスター」というサイトに登録されていたところです。以前真冬にゴキブリが出現したときにも、電話とメールで相談だけしていた「エビス消毒」という業者さんでした。

できれば安く済ませたい

数ヶ月前のメールを探しだし、早速連絡。チャバネが出た旨を伝え、対策してもらいたいと相談しました。

ここでネックになるのが、やはりお金の問題。以前、鳩対策の鳩よけネットでかなりの値段がかかったので、同じ事態は避けたいと思いました。

軽く相談するつもりが、結局ネットを張ることになりました⇒ベランダの鳩対策に本気を出す。私と野鳥との仁義なき闘い(4)

本来だと、薬剤を設置と、壁のすき間を埋める作業があります。これで40,000~50,000円はかかるということでした。

鳩よけに続いて、G対策でも数万の出費。流石に家計がキツいので、もっと安くできないかと私は粘りました。

すると渋々ながら、「薬剤の設置だけなら安くできます」という返事をもらうことに成功。私の無茶振りに応えてくれたことを深く感謝しました。

スポンサーリンク

対策の時間、3時間あまり

そして6月の初め、業者の方がやってきました。最初に、一番気になっていたキッチンの床下や裏を確認。結果、ゴキブリの巣窟はないということが分かりました。

今まで「巣があるのか、ないのか?」と悶々としていたので、これが分かっただけでも大きな収穫でした。今まで私が退治してきたGは、全て部屋のすき間から忍び込んできたもののようです。

すき間といっても、Gは0.5mmあれば侵入できる脅威の平べったさです。自力でそれを探しだし完璧に埋めるのは、難度が高すぎます。(ただ単に面倒というのもあります)

作業の間、身の上話やら何やら色々な雑談を交わしつつ、キッチン、トイレ、お風呂場、玄関と、Gの侵入経路になりそうな場所に薬剤を設置。身体に付着させるものと、食べさせるものの2種類です。

Gが通りそうな隅っこや暗い場所に、1ヶ所づつ薬剤を付けていきます。かなり念入りな作業で、実に3時間もかかる大仕事となりました。

私も傍らで仕事をしつつ様子を見守りましたが、地道な上に体力を使う仕事だと思いました。

かかったお値段

今回は、薬剤設置だけという手軽なサービス。かかったお値段、合計で10,800円となりました。

「たかがゴキブリで10,000円も出すなんて」という人もいると思います。それでも10,000円で薬剤設置だけというのは、できる限り安く上げる苦肉の策でした。

薬剤の設置もそうですが、私にとっては「家に巣がない」と分かった安心感が得られました。今後心安らかに過ごすことを考えると、10,000円は個人的には納得できました。

対策後、数週間

そして、対策から早3週間あまり。業者さんは「大体1週間くらいで効果が出てきます」と言っていました。

確かに今まではチラホラ見かけたちびゴキも、最近は出現頻度が少なくなったように思います。見える部分はハッカ油で対策すれば、そこまで被害は広がらないのではとも考えています。

ハッカ油は、臭いに虫除けの効果があります⇒アロマよりも節約になる。ハッカ油で簡単にできる、効果的な虫除け対策

私自身もGを見かける度に憂うつな気持ちになっていましたが、最近は慣れてきました。「家に巣がない」ということが分かり、「たまに侵入してくるものは仕方がない」と思えるようになったからです。

今までは、掃除を頑張ってもGが出続けることに不満と不安を持っていました。理由がハッキリしないのが、私にとっては一番いやなことだったのだと思います。

それが今は「外部からの侵入」ということがハッキリして、部屋の内部に問題はないことが判明。この安心感のおかげで、ちびゴキ程度なら冷静に対処できるようになりました。

プロの業者に対策を頼むのは高いですが、ストレスからの開放や安心感も得られます。特に古い賃貸住宅の場合、自力でGを殲滅させるのは大変だと思います。

夏場だけでなく年中Gを見かける場合は、一度プロに点検してもらうか、見積もりを出してもらっても良いかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿