弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

殺虫スプレーや対策グッズがなくても、確実にゴキブリを退治できる超シンプルな方法

公開日:2016.03.19

スポンサーリンク

このところ温かくなってきたせいか、早速ゴキブリがお出ましになりました。殺虫スプレー駆除用の対策グッズなども一切なく、一時はどうなるかと思いました。

けれど、そんな何もないなかでも確実にゴキブリを退治できる方法がありました。今回は、実際に私がG退治した顛末をお話しします。

対策グッズが1つもない

私がゴキブリと遭遇したのは、気温が暖かった夜のこと。キッチンにサッと横切る影を目撃しました。すぐに駆除したかったのですが、ここで大問題が1つありました。

困ったことに、わが家にはゴキブリ対策グッズが1つもありません。まだ3月ということもあり「もう少し先でもいいだろう」と油断していたのです。

殺虫スプレーはおろか、キッチン用洗剤も1つもありません⇒びわこふきんで食器洗い。ミニマリスト生活を目指す私のシンプルな洗い物

かといって、丸めた紙の束を武器に戦いを挑んだり、ティッシュで直接取るなどの手段には出られませんでした。そんなことができるなら、出る度に退治すれば済む話です。

どうしても姿を見ずに退治したくて、「ブラックキャップを買おうかどうか」を迷っていた矢先。速攻で倒せそうなものがなく、私は途方にくれました。

確実にG退治ができる必殺技

そのうち、ゴキブリはコンロの影に隠れて見えなくなってしまいました。いくらコンロをひっくり返しても、出てくる気配がありません。しょうがなく、その夜は重い心で布団に入りました。

そして翌日の朝、キッチン周りをチェックしていると再び奴と遭遇。姿形から、昨晩と同じものと思われました。

オマケにGは、私に驚いたのかリビングの床にひっくり返って死んだふり(?)をしています。しばらく観察していましたが、動く気配はありませんでした。

一体どこに隠れていたのか分かりませんが、これは大チャンスです。あの素早ささえなければ、私でも落ち着いてGを退治できそうでした。

後は、奴を確実に仕留められる「武器」さえあれば……。この機会を逃すまいと、私はあれこれ考えました。

必殺「熱湯」

そんななか、ふと目に入ったのは「電気ケトル」。いつでも数十秒でお湯が沸かせる便利グッズです。瞬間、私の脳裏にある数式が閃きました。

「お湯=熱湯=武器⇒ゴキブリ退治に使える!」

そう、摂氏100℃の水は、最強の殺傷能力を持ち得た立派な武器なのです。原始的ながらも、これなら確実に駆除ができます。

私は早速、わずかばかりの熱湯をケトルに沸かしました。そしてケトルを手に腕をギリギリまで伸ばしてから、ひっくり返ったGをめがけてお湯を思い切り浴びせかけました。

熱湯を浴びた瞬間、Gは息絶えました。しばらく経っても、蘇生する気配もありませんでした。

その後は多めに重ねたトイレットペーパーに遺体をくるみ、ゴミ箱へ。ゴミ袋は、すぐゴミ捨て場に出しました。(住居者専用のゴミ捨て場のある物件で良かったです)

スポンサーリンク

注意点

熱湯は最強の武器ですが、使うときに少し注意がいります。私が実際やってみて、問題に感じた点を見ていきます。

お湯をわかすのに時間がかかる

私は運良く電気ケトルがありましたが、普通にやかんからお湯を沸かすのは時間がかかります。ポットにお湯を常備しておくか、電気ケトルがあると良いです。

壁にいると使えない

この方法は、壁にいるゴキブリには使えません。床の上で息を潜めているゴキブリを見つけたときに、有効な方法です。

床の始末が少し面倒

床がビシャビシャになるので、ゴキブリの遺体を片付けるときは多めにトイレットペーパーが必要です。水分は、残らず拭き取るようにします。

フローリング限定

この方法は、カーペットやたたみの部屋では使えないというデメリットがあります。我が家は全面フローリングなので良かったですが、和室の部屋などではできません。

床が傷む

さらにフローリングで使っても、床の塗装やワックスが剥がれて変色してしまうということに。私が熱湯をかけた場所も、少し色が薄くなってしまいました……。

使いどころは難しいですが、熱湯は殺虫スプレーなどに耐性のあるゴキブリも確実に退治できる強力な武器です。「スプレーや洗剤がない」というときは、とても頼りになります。

しかしそれよりも大事なのは、「ゴキブリが居着かない部屋」を作ること。私は早速、Amazonでブラックキャップを注文しました。

後は、掃除の回数を増やして、ゴミがなるべく落ちていない部屋づくりをしようと心に誓いました。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿