弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

楽天の便利なフリマアプリ、ラクマで出品する方法と取引のやり方を紹介。

公開日:2017.03.18

スポンサーリンク

フリマアプリの1つ、楽天のラクマ出品する方法と取引の流れを紹介します。

手間のかかる出品も、スマホ1つでとても簡単に。最初こそ「出品なんて面倒」と思っていましたが、あっけないほど簡単で「なぜもっと早くやらなかったんだろう」と軽く後悔しました。

もし大掃除や新生活などの引っ越しで不用品が大量に出たときは、以下をどうぞ。

商品がキレイに見えるように撮影

まずは、商品画像を撮影します。なるべく明るいところで、キレイに撮るのがコツです。とはいえ、最近はスマホカメラが発達しているので難しくありません。なるべく昼間、部屋が明るいうちに撮る方がキレイです。

写真は4枚まで撮れるので、できれば4枚MAX撮った方が買う側へのアピールに。私も同じ商品があったら、写真が多い方を選ぶと思います。

我が家の場合はカーテンがなく、自然の光には困りません。夏は熱気・冬は冷気が窓の方からビシビシ伝わってきますが、たまには良いこともあるものです。

画像の編集でさらに整える

写真を撮ったあとは、画像の編集でキレイに整えるとさらに落札の確率がアップ。明るさを調節したり色を濃くしたり、なるべく商品がキレイになるようにした方が良いです。

画像はスマホの編集ソフトで処理しても良いし、ラクマのアプリで直接編集しても良いです。ただ私は、機能が多いスマホの編集ソフトを使っています。

特にいらない背景をぼやかす処理は、ラクマのアプリでは上手くできません。多少手間ですが、これも不用品を売りさばくためです。

商品タイトルはキーワードを入れる

写真が用意できたら、商品タイトルを付けます。ポイントは以下のような感じです。

・商品の状態(新品・中古など)

・同じ言葉でも、英語とカタカナ、漢字とひらがなを入れる

・文字数制限ギリギリまで粘る

私はヤフオクで自分が出す商品を検索して、タイトルの参考にしました。こういうときはフリマよりも、商品数が圧倒的なヤフオクが便利です。

とにかくキーワードをスペースで区切って詰め込むだけの、簡単なお仕事。タイトルはシンプルで良いので、頭をひねる必要はなしです。

プロフィールと商品説明も丁寧に

さらに、自分のプロフィールを書き込むページもあります。ここが空欄だと、不安がられて避けられる危険があります。

私はまず無難に、「迅速な取引を心がけます」と書いておきました。後は意外とアピールポイントになるのが、ヤフオクなどでの出品経験があることです。

評価が0の状態でも、ヤフオク経験があると分かれば落札者も安心できます。私も「ネットオークションでの出品経験あり」と書いたところ、無事に落札されました。

商品説明は、商品タイトルのキーワードを補足する感じで書きます。いらぬトラブルは避けたいので、「自宅保管」「完璧な状態を期待しないで」と打ち出しておくのは鉄則です。

スポンサーリンク

発送方法は「安さ」が肝心

商品の送料は、フリマだと「出品者負担」が基本。しかし色々な方法がありすぎて、初心者にはどれを選んで良いのか分かりませんでした。

安さはもちろんですが、安全性・出す手間が楽なども大事。私が出すような「オタク系グッズ」は、商品が壊れやすいものもあって油断ができません。

取りあえずCDやDVDだったら「ゆうメール」、それ以外の厚みがあるものは「定形外」ということにしています。たまに重い品があるので、そういうときはレターパックなどが良さそうです。

(ヤフオクに詳しい知人に聞くという手もあります)

値段はどれくらいが良い?

一番の悩みどころ、「値段」。これは、「とにかく処分したい」「高く売りたい」など、目的によって変わってきます。

私のオタクグッズも、中には貴重なものがあります。あまりに安売りするのはもったいないので、Amazonやヤフオクで相場を調べてから出すようにしています。

ただ、商品が売れるまでに時間がかかるのも嫌です。相場を調べた上で、ちょっと安い値段で出すようにしています。

さらに送料がこちら持ちなので、その分も値段にしっかり折り込み。最終的に、「自分だったら買う」ギリギリの値段を付けるようにしています。

出品の途中でも下書き保存ができる

出品を始めたら、最後まで一気にやらないといけないのか?その心配はありません。途中で出品作業をストップし、下書き保存ができるからです。

私も出品の途中で、何度もフリマの中を検索したり発送方法をスマホで調べたりしました。とにかく慣れない作業なので、イチイチ調べながらでないと不安でしょうがないのです。

出品ステップが1つ進むごとに、「これって何?」と調べ物。その度に最初からやり直しになっていたら、やってられません。

わずか5分で買い手が付く

準備が済んだら、いよいよ出品。遂にフリマデビューです。私はまずお試しで、ディズニーの限定トミカを出品してみました。

しかし、昔ヤフオクで出品していたときは、2週間以上売れないこともザラ。正直ラクマも、あまり期待はしていなかったのですが……。

なんと、出品してからわずか5分後に「商品が購入されました」通知が。ラクマ、めちゃ早でした。

メッセージで購入者とのやり取りが楽ちん

取引画面を見ると、既に相手の住所や「振り込みました」の通知が。ヤフオクだったら1日がかりで連絡するところを、一瞬で済むのには驚きました。

さらに、購入してくれた人とのメッセージのやり取りもできます。LINEのやり取りすら数日に1回の私は、メッセージ1つ書いて送るにも緊張でガチガチです。

けれどポンポン簡単にやり取りができて、その早さに感動。ずっと馬車で移動していた庶民が始めて電車に乗ったときも、似たような衝撃を受けたのかも知れません。

大急ぎで商品の梱包と発送

「どうせすぐには売れまい」と油断していた私は、購入の確率を上げたくて「1~2日で発送」としていました。出品した後で、ゆっくり準備しようと思っていたのです。

それが、出品から数分でお買上げ。当然トミカは丸裸です。私は焦りました。

こんな無駄に焦ったのは、発送方法が定形外だったため。当時住んでいた地域にはは小さい郵便局しかなく、土日が休みなのです。

そして当時の時刻は、金曜夕方。郵便局が閉まったら、発送が月曜日になってしまい、2日以内に送れなくなります。

私は急いで、トミカを梱包しました。梱包用に密かに溜め込んでおいた紙袋やプチプチを、数カ月の時を経てようやく役に立てられました。

郵便局が閉まる15分前のところで、ギリギリ滑り込み。何か手落ちが合って突っぱねられないことを祈りつつ、窓口に出しました。

幸い何事も起こらず、無事に受け付け。「今度からは商品を梱包してから出品しよう」と、心に誓いました。

(今は別の所に引っ越して、近所に大きな郵便局があるので安心です。引っ越しの話はこちら⇒)

無事に発送通知の連絡

商品の発送ができたら、取引画面から「発送しました」ボタンを押すだけ。通知が一瞬なのも、嬉しいポイントです。

掲示板を使うヤフオクだと、どうしてもメッセージを伝える手間が。文面のテンプレートを作ってコピペなどしていましたが、やはり面倒を感じていました。

しかしフリマならば、諸々の連絡も全て通知1つ。フリマアプリは、むしろ私のようなズボラ向けのサービスなんだと改めて気付きました。

取引完了から14日で商品ページを消せる

出品したものがお買上げになっても、商品ページはそのままです。しかしプライバシーなどが気になる場合、2週間を過ぎたところで商品のページを消すことができます。

私も出品してめでたくお買上げになったのですが、2週間経ってないので商品ページが消せません。なぜ2週間なのかは分かりませんが、ちょっとまどろっこしいです。

スマホ1つあれば、いらない商品を出品してお金にできる。10年前には考えられなかったことです。世の中、本当に便利になったもんだと思います。

「出品は面倒で大変なもの」と思い込み、フリマアプリにも偏見がありました。今は「そりゃフリマアプリも流行るわ」と妙に納得しています。

ラクマがとても文字通り「楽だ」と分かったので、どんどんいらないものを出す予定です。不用品を売るときは、是非ラクマを試してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿