弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

洋服の断捨離、4回め。大好きなアウターやボトムスを片付けた理由とは

スポンサーリンク

今回は、4回めの洋服断捨離の話です。実家暮らしの頃から減らし始め、一人暮らしの今も少しづつ断捨離しています。

毎回やるたびに「もうこれ以上は減らないだろう」と思うのですが、しばらく経つと「これ、着ないかも」と思う服が出てくるのが何とも不思議です。

洋服の収納は、何度も見直すことが断捨離のポイントだと実感します。

洋服の断捨離ビフォー&アフター

まずは、服を断捨離した前と後のクローゼットを見てみます。こちらが、断捨離前のクローゼットです↓

P_20160327_141821

ここからさらに減らし、クローゼット全体はこんな感じになりました↓

P_20160401_155935

トップスとボトムス、インナー類はこれだけあります↓

P_20160401_160010

落ち着いた色合いの服が残って、クローゼットに統一感が出てきました。「自分の好み」が、クローゼットにハッキリ現れるようになったなと思います。

シンプルなデザインと、黒、茶色、ネイビー、白などのベーシックな色。基本の上下に、凝ったアウターや明るい色の小物を加えてバランス調整。これが私のスタイルです。

後は私が着ている分で、手持ちの洋服は全部です。引っ越ししたての頃はギリギリだったクローゼットにも、余裕が出てきました。

3回めの断捨離では、まだ洋服が棚ギリギリまで並べられていました⇒これ以上は無理と思った洋服を再々断捨離。衣類は、クローゼットに収まる分だけを持つ

私が片付けた洋服

この断捨離で私が処分した洋服を見ていきます。今までは「これは捨てないだろう」と思っていたトップスやアウターを、一斉に処分しました。

私が断捨離を決めた洋服がこちらです↓

P_20160401_155730

かき集めると、大きいサイズのダンボールが1箱埋まるくらいありました。減らせば減らせるものだな、とつくづく思います。

最初の断捨離から、もう7~8割の服を減らした気がします⇒(画像あり)枯れ女な私のクローゼット。節約の末に残った洋服たち

処分した服は、どれもこれも思い入れのある服ばかりです。それをなぜ処分したのか、私なりの基準を次にお話しします。

(写真を撮り忘れてしまった服もいくつかありますが、お許し下さい)

デザインが好きだけど動きづらいジャケット

まず、こちらのデニムジャケット↓

P_20160401_155340

シュッとしたデザインが気に入っていたジャケットです。余計に付いているチェーンなども、オシャレ感があって好きでした。

が、このジャケットの難点は「動きづらい」ということ。肩や腕が動かしづらく、思い切り動くかせませんでした。

これは本当におしゃれ着なので、普段使いは難しいと思いました。日常とお出かけの両方で使えるものを残したいと思ったので、このジャケットとはやむなくお別れすることに。

そこまでおしゃれに見せようとしなくても、自然体で良いのだと今は思います。おしゃれな上着は好きですが、着ていて「快適だな」と感じる方が私には大事です。

出番が減っていた七分袖ジャケット

次に、暑い季節に便利だった薄手のジャケットです↓

P_20160401_155402

これも、買ったばかりのときはお出かけの度に着ていました。袖が短くて、春先から秋口まで着れる便利なアウターだったのです。

しかし最近は、パーカーや夏用の上着が増えたことで出番が減ってきていました。さらに、腕の部分を見るとうっすらと色が↓

P_20160401_155415

着る回数も減ったし色のあとが気になるしで、このジャケットともお別れを決意。お世話になったお礼をしつつ、断捨離しました。

お気に入りだけどお手入れが大変だったボトムス

ボトムスも、コーデュロイ生地のパンツを1着断捨離↓

P_20160224_230324

コーデュロイのパンツは綿ボコリや繊維がくっつきやすく、お手入れをマメにせねばなりません⇒コーデュロイパンツの、なるべく生地を傷めないお手入れと洗濯方法

ボトムスはほかにも3着あるので、それで十分と判断。コーデュロイのボトムスも、お礼を言いつつ処分しました。

スパンコールの付いたTシャツ

数年前に買った、スパンコール付きのオレンジのTシャツも断捨離。結構ひんぱんに着ていたのですが、地味な色の服が増えたクローゼットの中で浮き上がって見えました。

その様子に「なくても何とかなりそう」と直感的に思いました。Tシャツはまだ数があるので、1着減らすくらいは問題ありません。

スポンサーリンク

くたびれた半袖パーカー

夏場によく着ていた、モノクロの半袖パーカー。袖の部分が伸びてくたびれていました。

夏用の上着はもう1着、薄手のものがあります。今年の夏はそれで頑張ろうと思い、パーカーは断捨離することにしました。(上着を着ずに、そのままという手もあることだし)

仕事着用に買ったシャツ

バイト時代、仕事着が欲しいとボタンシャツを2着買いました。が、バイト時代も数えるほどしか袖を通さず、在宅ライターになってからは着る機会が1度もありませんでした。

もともとラフな格好の方が好きだし、シャツが必要な場面は今のところ思いつきません。この際なので、シャツは2枚とも断捨離してすっきりしようと思いました。

ランニング用のジャージ

そして、ランニング用に買ったジャージ一式↓

P_20160404_155637

1~2ヶ月ほどランニングをして、それ以降ずっとタンスの奥にしまわれっぱなしだったアイテム。「いつか走るのを再開したときに」ととってありましたが、「これはイカン」と思いました。

なぜなら、「いつか」は99%こないで終わるからです。「いつか痩せたら」「いつか特別な日に」と思い、もう何ヶ月、何年も経った服が、誰のクローゼットにも1着や2着はあるはずです。

人が「いつか」と言うと「捨てれば良いのに」と思うのに、いざ自分の身に降りかかると捨てられないという哀しさ。2年以上も放ったらかしでしたが、もう「いつか」からは卒業しようと思いました。

クローゼットの洋服がこれ以上減るかどうか、今後のことは予想できません。断捨離後は「もう十分」と思っても、時間が経つと「なくても良い服」が出てくることの繰り返しだったからです。

1回の断捨離で終わらずとも、2回、3回と繰り返せば確実に洋服は減っていきます。大量に服を断捨離した後も、クローゼットのチェックの度に発見があります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850602総閲覧数:
  • 822今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ