弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

年始から洋服の断捨離で悩むことに?福袋は絶対におすすめできない理由。

スポンサーリンク

お正月のメインイベントの1つ、福袋。が、節約や断捨離の面から見ると、福袋を買うのは非常に危険です。

特に、洋服の断捨離で悩まされることが多い人。福袋で逆に、新たな悩みを呼び込んでしまうかもしれません。

福袋の服、全部着てますか?

毎年福袋を買っている人は、手に入れた服を全部ちゃんと着ているでしょうか。おそらく、中身の1~2着を着れれば良い方だと思います。

福袋は「中身を見てから買う」ということができないものです。そんな危険なギャンブルを何故、わざわざ服を買うときにやらなきゃいけないんでしょうか。

 

着ない服の中には、こんな服が紛れていたら要注意です。詳しくはこちら⇒ズボラでもできる洋服の断捨離。処分が簡単になる5つのシンプルな質問で、もう捨てるのに迷わない

服は、着なければ宝の持ち腐れ。いくら着ない服を増やしてもおしゃれはできないし、余計にコーディネートの悩みが深くなるだけです。

服を捨てる手間もタダじゃない

「いらない服が出たら、それだけ売ってしまえばいい」と思うかもしれません。しかし、中古服を売るのは実に面倒な作業。甘くみていると痛い目をみます。

手軽な宅配買取を頼むにしても、これだけの手間が。私が断捨離で苦労した話はこちら⇒部屋の片付け。服の断捨離で節約も抜け目なく?

もし、オークションやフリマアプリで売ろうするとどうか。商品の撮影や説明文、梱包や発送にいたるまで、全てが自前。しかも、売れる保証もないのです。

いくら新品でも、福袋の服が高値で売れるという可能性は低いです。売る手間を時給に直したら、500円もいかないんじゃないでしょうか。

「いらない服は売れば良い」という人は、「その分タダ働きをしている」を思ってください。その苦労と報酬が割りに合っているか、ちゃんと考えてみた方が良いです。

 

スポンサーリンク

着ない服は余計な買い物を増やす

手持ちの服とは合わず、売るのも面倒。そんなとき、あなたはどんな行動にでるでしょうか。

こんなとき一番てっとり早いのは、「新しい服に合うアイテム」を買い足すこと。着こなせないを着たいがために、さらに余計な服を増やすハメになるのです。

専門用語では、「ディドロ効果」といいます。詳しい話はこちらからどうぞ⇒節約の大敵、買い物の連鎖反応。人はこうして浪費する

これは高級な服を手に入れたディドロという人が、それに似合うインテリアを次々に買って散財したという実話からきています。「服を着るための服がほしい」という心理も、まさにこれです。

しかもそういう服は、大体自分の好みじゃないことが多いです。手持ちの服と、合わせるに合わせられない事態が起こります。そして結局、クローゼットの肥やしとなるのです。

 

着ない服が入っていても返品できない

サイズが合わなかったり商品説明と違う部分があったとき、普通の買い物であれば「返品」という方法が使えます。しかし福袋には、その最後の砦がありません。

例え中身に不満があっても、買った時点でその辺りは「了承済み」。いくら文句を言っても、開けた時点で返品はほぼ不可能です。

福袋は基本「なにが入っているのか分からない」ところに楽しみがあるもの。サイズ違いやちょっとした傷みなど、諸々の可能性を分かった上で買うものです。

収納が圧迫され、部屋が散らかる

そして福袋を買えば、当然服の数は増える。しかも、着ない服が増えるのです。その増えた服は、どう収納すれば良いのでしょうか。

服がギッチギチのクローゼットは、見ていてうんざりしてきます。逆に私は、クローゼットの断捨離で身も心もスッキリしました⇒クローゼットの洋服を断捨離すると、おしゃれが今より好きになる理由とは?

今の時点で収納が圧迫されているなら、福袋を買うよりも服の断捨離の方が先決。服を断捨離すれば、コーディネートに迷わなくなります。そうなれば、福袋を買う必要もありません。

福袋はおみくじのようなもので、中身を開けた瞬間にその役目はほとんど終わっているともいえます。だったら普通に、おみくじを買えば十分なんじゃないでしょうか。

新年早々苦労をしてまで、手に入れる価値が福袋にあるのか。買う前に一度、考えてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿