弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

不安感やイライラの原因は、自分にできないことばかりを気にするのが理由かも。

公開日:2016.11.14

スポンサーリンク

特に大きな問題がないのに、不安感を持ったりイライラするのは、自分にできないことを気にしすぎているのが理由かもしれません。

自分にできない、変えられないことほど、気になるのが人情。しかし自力でどうにもならないことは、考えるだけ無駄とも言えます。

今あなたが抱えている悩みは、自分でどうにかなることでしょうか?そうでないなら、これ以上は考えない方が良いかもしれません。

できないことには目をつぶる

自分で変えられないことには目をつぶり、意識的に頭から追い出す。これができるようになると、得体の知れない悩みがグンと減ります。

自分で変えられない悩みというと、こんなものがあります。こちらでは主に掃除に関する悩みを紹介中です⇒金子由紀子さん「モノに振りまわされない! 片づけのコツ」感想。ズボラ流の整理術。

家族がものを片付けないとか収納が小さいとか、そういうことは自分ではどうにもできません。それよりも、自分のテリトリーだけを集中して片付ける方がストレスも溜まりません。

しかし私自身、変えられないことに悩むクセが抜けきりません。私の悩みといえば、9割はお金に関する懸念。主に、

・奨学金の返済

・いつまでも増えない収入

のことでウンウン唸っています。奨学金の返済については収入が増えれば解決するので、メインは「収入」に関する悩みと言えます。

奨学金の返済総額は、100万円超です。詳しくはこちら⇒現在の借金、約300万円。奨学金と年金が両肩に重くのしかかる、枯れ女の現実

出来高制の在宅ライター、いくら頑張っても収入にならないときはなりません。オマケに文章を書くスピードが一向上がらず、数もこなせない有様です。

最近は「このブログでもっと収益が上がらないものか」と思うものの、これは委託ライティングより道が険しい。自分でコントロールできるのは、広告の大きさと貼り付ける場所くらいのものです。

ひと昔前は、毎日広告収入をチェックしては一喜一憂。クリック単価が異様に低い日は、「検索エンジンの陰謀ではないか?」などと良く分からない妄想を繰り広げたりもしました。

スポンサーリンク

「こだわっている自分」は変えられる

そうは言っても、「気になるものは気になる」という人もいるかもしれません。しかし、そんな自分を変えられるのは、自分しかいないのも事実です。

「自分の思い描いた理想に、こだわり続ける自分」。執着と言っても良いです。それをスッパリ切れるかどうかにかかっています。

この執着は、完璧主義な人ほど捕らわれやすいです。こんな傾向はないでしょうか⇒単なる自己中?真面目すぎる完璧主義と、わがままな性格の似ている点とは。

イライラしているときは、「自分が執着している」ということ事態に気づけません。だからこそ、イラッと来たときに「自分は何にそんなこだわってるんだろう?」と考えることが大事です。

私の場合、ブログの収益にこだわっていたのは「お金に困らない自分」に一刻も早くなりたかったから。一人で暮らしていけるだけの収入を、好きなことで稼ぎたいと思っていたのです。

自分が在宅ライターとして働く時間の少なさを棚に上げ、ブログの収益が増えてゆかないことにイライラ。理想と現実のギャップが大きいことが、とてつもなく不満だったのです。

そんな「理想にどこまでも執着する自分」に思い当たったとき。同時に「自分がイライラしたところで、ブログが大きくなるわけじゃない」とも気付きました。

私がどう感じようが、ブログはブログ。私が勝手に期待して、勝手に凹んでいただけなのです。

人によっては「ブログ」の部分が、「彼氏」だったり「夫」だったり、「子供」だったりするかもしれません。自分が無理やり、自分の理想に押し込めようとしているものです。

私も今は、ブログ収益は週1だけチェック。たまに低い日があっても「こんなときもあるよね」で済ませています。

そのおかげか、昔よりは少しだけ気楽にブログと付き合えるようになりました。特にブログの運営は、自分の思い通りにいかないことの方が多いもの。芽が出るまで、ひたすらじっくり取り組むしかありません。

何かに不満を感じると、その感情そのものが「絶対に正しい」と思うかもしれません。が、その不満自体は、自分が勝手に作り上げたもの。ときには「まあ良いか」で流すことも必要です。

自分にできないことばかり気に病むと、悩みが増える一方です。イライラが収まらない人は、いったん自分にできることだけに集中してみてください。

そのほかのことは、「そういうこともある」と思いなおす。これだけでもイライラはずっと減ります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿