弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

プチプラやファストファッションでは、満足いくおしゃれができなかった理由。

スポンサーリンク

私は大学生の頃、バイトでお金に余裕が出てきたのをきっかけに、おしゃれ着を買うことに目覚めました。数百~数千円でデザインも良いファストファッションを中心に、手当たり次第に買っていました。

しかしプチプラファッションファストファッションは、実際着てみると満足できないことが多かったと思います。なぜか私が着ると、途端におしゃれでなくなってしまうのです。

プチプラファッションはお金がかかる?

当時はひんぱんに服を買い足し、クローゼットにはいっぱいの洋服がありました。にも関わらず、手持ちの服ではなぜか満足することができません。

そのときは満足できない理由が分からず、毎月のように洋服を買うサイクルの繰り返し。地味にファッション費への出費はかさんでいきました。

1着は安くても、買い物の回数が増えればけっこうな額になります。10,000円に満たないお小遣いから、3,000~5,000円は服に消えていたのではと思います。

「洋服代は意外にかかるものだ」。安い服を買い足しながら、そう実感しました。

プチプラで満足できない理由

しかしなぜ、プチプラで満足できなかったのか?当時は分からなかった理由も、今なら何となく検討がつきます。

クオリティがイマイチ

私が買ったファストファッションは、どれも質がイマイチでした。生地がゴワゴワだったりペラペラだったり、細かい縫製が雑で袖がガタガタの服もありました。

そういう細かい部分が積み重なって、着たときに「しっくりこない」という印象になっていたのだと思います。着こなしが決まらないことに、いつも「?」と思っていました。

カタログ通販の服も紙面だとおしゃれに見えるのに、実際に届いてみるとやはりイマイチ。「今度こそは!」という意気込みで一生懸命選んでみても、毎回結果は同じでした。

今は店頭で服を選ぶときは、生地の具合を確かめるクセがつきました。安い服と高い服とでは、似たようなデザインでも触り心地が違います。

安い服の方は、微妙に薄かったりで「なんか頼りないな」という印象が拭いきれません。デザインが良さ気でも、こういうアイテムは避けています。

スポンサーリンク

安さ優先で服を選んでいた

当時は「着たい」よりも、「安いかどうか」で判断していました。お得なものの中から、ちょっと好みに近い服を選んでいた感じです。

けれどもどストライクの服ではないので、やっぱり満足できません。実際のコーディネートでも、どうにもしっくり来ないのです。

そうして新しい服を買い足しても、安さで選ぶからやっぱりイマイチという悪循環。買っても買っても「何か違う」と思っていました。

値段優先で服を選ぶと、結局はファッション費がかさみます⇒服代が減らない理由は「自分らしくないから」?おしゃれ費を節約したい方は要チェック

服を買うなら多少高くても、妥協しない方が良い買い物ができました。それなりのお金を使い、じっくり選んだものなので、「これは大事にせねば」という思いも湧きやすいです。

すぐにダメになってしまう

安い服は、数回洗っただけですぐダメになります。襟や袖が伸びて、「外に来ていくにはちょっと……」という状態に。すぐ部屋着行きにしていました。

今は服を最小限まで減らしたので、部屋着も外出着も区別ありません⇒洋服の断捨離、4回め。大好きなアウターやボトムスを片付けた理由とは

ネットのセールで買ったスキニーデニムは何度洗っても色落ちが無くならず、毎回手洗いするハメに。次第に洗うのが面倒になってきて、結局着なくなったという哀しい経験もありました。

特に1着500円のTシャツだとか、1,000円しないジーンズだとかは危険です。むしろ「そういうもの」と、最初から割りきって買う人の方が多いかもしれません。

しかしすぐ買い換えるのが前提なら、長く着られる1着を買っても同じではないでしょうか。500円のTシャツ5着を買うなら、2,500円のTシャツ1枚を大事に着る方がエコだとも思います。

世の中には安い服でも上手に着こなせる人もいますが、私のようにおしゃれが苦手な人間には無理なようです。

自分のファッションにイマイチ自信の持てない人は、もしかしたらファストファッションがメインのせいかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿