弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ファッション通販で買うと、失敗する可能性が高いアイテムとは。

スポンサーリンク

今回は、ファッション通販で買うと失敗しやすいアイテムの話です。通販は便利な反面、アイテムをよく見極めないと「こんなはずでは……」となります。

每日のように使うファッションアイテムならなおのこと、試着をしてから買う方が無駄がなく安心です。

サンダルやブーツ、ローファーパンプスなど。通販で靴を買って、失敗したことはないでしょうか。

かくいう私も、かつてムートンブーツやパンプスを通販で買ったことがあります。が、結局今は手放してしまいました。

ムートンブーツはつま先のサイズが大きくて歩きづらく、逆にパンプスはかかとがカパカパでした。結局履くのはいつものスニーカーで、ほかの靴の出番はほとんどなかったのです。

服だけでなく、靴もスタイルに合わせて厳選する方が良いです⇒ミニマリスト流、服の悩みを増やさない靴選びのコツとは?

ネット通販の靴は、サイズが一番のネックです。同じ「23」でもメーカーによって微妙に違ったり、足の形によっては一部分だけがキツいということも良くあります。

サイズが合わなければ返品・交換に応じてくれるサイトも多いです。が、何度も同じことをやると、要注意人物とみなされる恐れもあります。

また、サイズの合わない靴を無理やり履いていると、足がゆがんで健康面でも悪い影響が出ます。快適な生活という面を考えても、靴は直接履いて確かめる方が良いです

同じ製品のリピートならあり?

そんなことを言いながら、私が今履いている靴は通販で買ったものです。

初代からお役目を引き継いだ、2代目junglemocです⇒(画像あり)自立へ向け、靴を断捨離。ミニマリスト志望の私が溜め込んでいたもの

2代目junglemocは、初代のjunglemocと全く同じサイズです。初代junglemocの方は、店頭で試し履きしてから買いました。

本当は2代目も店頭で買おうと思ったのですが、品切れで入荷も未定。そこで、ネットで同じサイズを探して買う方向へシフトしました。

ネット通販はサイズが揃っているだけでなく、カラーも豊富。その点は、店頭よりも便利だったと思います。

ネット通販で靴を買うときは、同じ商品・同じサイズのリピートなら良いかと思います。どのみち、まずは店頭でピッタリの靴をしっかり探すことが必要です。

かっちりした帽子

サイズが合わないと不便なのは、靴だけに限りません。生地の固いかっちりした帽子も、通販に頼らない方が良いです。

私も、長年使い続けているカンカン帽は店頭で買ったものです⇒おしゃれファッションは帽子がおすすめ。簡単にコーディネートが決まる便利アイテム 後半の、「夏用:カンカン帽」という場所です。

カンカン帽を買ったときは、真夏の中店を1軒1軒まわって地道に試着して回りました。丈が浅かったりサイズがキツかったりと、ぴったりフィットするものを見つけるのに丸1日かかった思い出があります。

柔らかい素材の帽子ならまだ良いですが、麦わら帽子などしっかりめのアイテムは店頭の方がおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ売りのインナー

衣類というと、まとめ売りのインナーも要注意です。お得なのでついつい手が伸びがちですが、その分ストックが余りやすくなります。

私も引越しを機に荷物を整理したところ、何年も前に買った未使用のインナーをいくつも発見。それまではクローゼットの片すみで、ホコリを被ったビニール袋に入れられていました。

一部は古くなったインナーと取り換え、残りはリサイクルへ。数が多く、使い切るには時間がかかりそうだったからです。

衣類はただちに傷むものでなし。古くなったらその都度買い換える方が、結果的に節約できます。布系のストックは、消化にも断捨離にも時間・手間がかかる厄介ものです。

プチプラアイテム

アイテムにもよりますが、割安感のあるアイテムは失敗することが多いように思います。セール以外で安いと感じる服は、クオリティに問題がある場合が多いです。

数百円のアイテムが多いファストファッションもそうですが、1着数千円の服でも失敗することがままあります。特に上着やジーンズなど、値段が高めのものほどその確率が上がる気がします。

10代の頃カタログ通販で買ったパーカーは、写真で見たよりもデザインがイマイチ。結局近所にしか着て行かず。デザインに惹かれて買ったチェックスキニーも、実物は生地がペラペラで、イメージと違っていました。

そこで今は、アウトレット通販でブランドのセール品を買うようになりました⇒自分のファッションに自信を持つコツは、今より少し洋服にお金をかけること

値段が高いものは縫製もしっかりしていて、ベーシックなデザインでもおしゃれに見えます。逆にプチプラアイテムは見た目がおしゃれでも、いざ着ると「なんかイマイチ」となりやすいです。

パッと見は同じでも、細かい部分の仕上がりには大きな差があります。洋服に関しては、安さ優先で選ばない方が良いです。

ファッション通販に頼り過ぎると、イマイチなアイテムが増える恐れもあります。失敗したくない買い物ほど、直接自分の目で確かめることが理想です。

が、私も服はネット通販ばかりです。新しいボトムスなどを買うときは、店頭での買い物にシフトしたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿