弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

あなたが自分らしい、おしゃれなファッションを楽しめない理由とは?

スポンサーリンク

今回は、どうすれば自分らしいおしゃれファッションを楽しめるかを考えたいと思います。おしゃれやファッションを考えるのが嫌になる場合は、「おしゃれの目的」を間違えているのが理由かもしれません。

おしゃれに悩んだり「どんな服を着れば良いか分からない」と迷ったときは、「自分はなぜおしゃれをしたいのか?」を考えてみて下さい。その先に、自分らしいスタイルが見つかるのではないでしょうか。

おしゃれを目指す2つの理由

あなたは、自分がおしゃれを目指す理由を答えられるでしょうか?人がおしゃれをする目的は様々ですが、突き詰めると以下の2つに集約できます。

・自分のためのおしゃれ

・他人のためのおしゃれ

それぞれ、詳しく見ていきます。

自分のため

まずは、「自分が着たいもの」を好きなように着るおしゃれです。「カワイイ!」「カッコいい!」と思うものを着ることで、自分を表現するという意味合いもあります。

原宿などで見かけるゴスロリやビジュアル系ファッション、イベントのコスプレなども「自分のためのおしゃれ」に当たるかもしれません。自己表現という意味では、一種の芸術とも考えられます。

ゴスロリなどは極端な例ですが、私たちも日常で「自分のためのおしゃれ」を楽しむことがあるかと思います。お気に入りのシャツやスカートを着るのも、「自分の思いを大事にする」という点では同じです。

自分のためのファッションでは、「どういう服を着たいか?」常に意識します。「他人からどう思われるか?」「周りから浮いていないか」ということより、自分の価値観を優先させるおしゃれと言えるでしょう。

他人のため

おしゃれをするもう1つの理由は、「他人のため」です。いくら自分が好きなファッションとはいえ、時と場所を考えなければならない場面というのはどうしても出てきます。

そこで、仕事なら社会人らしいファッションを、結婚式ならフォーマルなファッションをと、その場に合った服を着ることになります。場の空気を読むという意味では、「他人のため」のおしゃれです。

また、他人のためのおしゃれは「人からどう見られたいか」を意識したおしゃれであると言えます。「かわいく思われたい」「かっこ良く見られたい」「大人の女性らしくなりたい」など、様々に自分を演出します。

ファッション誌上に踊る「もてメイク」「愛されコーデ」などは、正に「他人のためのおしゃれ」を体現したものだと思います。「異性に良く思われる」というのは、古今東西限らず生き物の重要課題なのです。

「自分の目」と「他人の目」のバランス

自分のためか他人のためか、これがどう「自分らしいおしゃれ」に関わってくるのか?それは、「自分の目」と「他人の目」、自分がどちらに比重を置きたいかにかかってきます。

自分に比重を置くのなら、他人の目よりも「自分の好み」を優先させる。他人に比重を置くのなら、「自分の演出やプロデュース」を優先させることになるかと思います。

これは、どちらが良くてどちらが悪いということはありません。あなたが心の底から「そうしたい」と思うのなら、その道をまっすぐに進むのが一番です。

堂々とファッションを楽しむ

自分のためか他人のためか、一見対極に見えますが、それぞれの道に徹する人にはある共通点があります。それは、「常に堂々とおしゃれを楽しんでいる」ということです。

街でゴスロリファッションをする人も「モテ」を意識する人も、周囲から何と思われようが気にしていないように見えます。私の個人的な印象ではありますが、両者とも堂々としている印象があるのです。

「私はこういう目的でおしゃれをするんだ」ということがハッキリ分かっているからこそ、周りに流されず自分流のファッションスタイルを楽しめるのだと思います。

自分らしいおしゃれを見つけるには、まず「自分がどんなスタイルを目指すか?」を自分の頭で考える必要があるのです。ただ周りの意見を漠然と参考にするだけでは、いつまでもおしゃれには近づけません。

スポンサーリンク

「自分」はどういう服を着たいか?

自分らしいおしゃれを「楽しむ」という点では、おしゃれをする目的と自分の気持ちが一致していることも大事なポイントです。自分の気持ちを無視すると、目的優先で着たくない服を選ぶこともあり得ます。

本当はパンツスタイルが好きなのに、モテを優先させてフェミニンなスカートばかりを履くのは楽しくないはずです。コスプレにしても、「コスプレしたいキャラ」より「人気のキャラ」を優先することもあります。

目的と気持ちが一致しないときは、大体「目的」の方に問題がある場合がほとんどです。目的に徹しきれないということは、それはあなたが本当に目指したいものではなかったのかもしれません。

服装について考えるのが嫌になってきたときは、「自分の気持ちが疎かになってはいないか?」を考えてみてください。

自分が着たい服から「目的」が見えてくる

最初から「自分はこういう理由でおしゃれしたい」とハッキリしていれば良いのですが、それが分からずに悩む場合もあります。そんなときは原点に帰り、「自分が着たい服」が何なのかを考えます。

自分が着たい服を考えていくと、ある「傾向」のようなものが見えてきます。そこから、「自分が目指すおしゃれ」がだんだんと浮き上がってくるのです。

私も20代の頃は、おしゃれで迷走しました⇒ファッション雑誌やサイトのコーディネートを研究しても、おしゃれになれない理由とは

雑誌に流行色の特集があれば、その色のシャツを買いに。モデルが着ているおしゃれなパンツがあれば、同じものを試す。ファッション雑誌を研究すればするほど、自分らしいスタイルを見失っていきました。

ファッション雑誌で失敗が続き、最終的には「自分が着たい服」を優先させるように。そうして自分が着たい服を考えるうち、「おしゃれの目的」もだんだん見えてくるようになりました。

私はあまりファッションに気を遣わず、「自分が着たいシンプルな服を、無理なく着こなすこと」ができれば十分だと思っています。自分がお気に入りの服を自然に着ることが、私のおしゃれの目的とも言えます。

自分が着ている服や「着たい」と思う服を突き詰めれば、「もっと自分の個性を追求したい」「周りから素敵な女性と思われたい」などの目的が見えてくると思います。

最初に目的が分からない場合は、自分が好きな服装やファッションから「自分がおしゃれを目指す理由」を考えてみてください。

自分らしいおしゃれで大事なことは、「自分はどうしたいか?」と常に考えることです。そこで、周りの意見を優先させる必要はありません。

ファッションを考えるときは、素直に「自分の気持ち」に従いましょう。そうすれば、もっとおしゃれを楽しむことができますよ。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1859060総閲覧数:
  • 2543今日の閲覧数:
  • 6737昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ