弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

荷物が少ない人向け、引っ越し用の大きいダンボールを無料で入手する方法。

スポンサーリンク

引っ越しで地味に面倒なのが、ダンボールの手配です。特に荷物が少ない場合、どうしても割高になって困らないでしょうか。

そこで今回は、私が引っ越し用ダンボールを無料で入手したときの話をします。後1~2箱だけダンボールが欲しいというときなど、参考にしてみてください。

通販だと最低でも10箱から

1年余りのミニマリスト暮らしの間に、荷物も減りました。家電・家具が3~4点に、おそらくダンボール5~8箱くらいで収まるんじゃないかと思います。

そのうちの3箱は、オタクグッズで埋まります。私が持っているグッズはこちらから⇒これで每日眺められる、ズボラなオタクの「見える」グッズ収納術。

最初は、以前お世話になったネット通販の「フジモク」で調達しようと考えました。が、商品を見ると、どれも「10箱から」になっているのです。

フジモクでダンボールを調達したときの話はこちら⇒単身の引越し手続きをした話。一人暮らしに必要な準備とは~手配・後始末編~

フジモクさんのダンボールはとても使いやすくて優秀です。が、流石に「1箱からOK」というのはありませんでした。

10箱でも「一人暮らしで荷物が少ない方向け」と紹介されています。どうも世の中は、ダンボール10箱以下の荷物で暮らす人間がいるという前提が無いらしいです。

しょうがなくほかのネットショップを探してみましたが、1箱300~400円と割高。これなら、10箱まとめ買いした方がまだお得。どうも気が進みませんでした。

ドラッグストアは日によってマチマチ

そこで今回の引っ越しは、近所の店からダンボールをもらってくる作戦に。ネットだと「ドラッグストアがおすすめ」と良く出てきます。

そこで近所の薬局に電話をしてみたのですが、そう簡単にことは運びませんでした。

ドラッグストアの言い分としては、

・空のダンボールは、商品を入荷するタイミングじゃないと出ない

・商品がいつ届くかは、正確には分からない

・そのためダンボールがあるかどうかは、その日でないと分からない

ということでした。

薬局はキレイで大きめのダンボールが簡単に手に入ると評判ですが、どうも確実じゃないようです。ドラッグストアでダンボールを入手した人は、何度も店まで足を運んだりしたんでしょうか。

私も勤め人に比べれば暇人ですが、毎日薬局まで通い詰める根性はありません。しょうがないので、もっと確実にダンボールが手に入る店を探すことにしました。

スポンサーリンク

大型スーパーでは無料配布も有り

しかし薬局の人は、電話の最後で良い情報をくれました。

「薬局の隣のスーパーなら、いつもダンボールがあると思いますよ」

確かにドラッグストアの隣には、大型スーパーがあります。この言葉を信じ、早速スーパーの方へ出向いてみました。

すると店の出口のところに、大量の中古ダンボールが。案内してくれた店員さんは、ご親切に「こっちにヒモもありますよ」と教えてくれました。

「スーパーのダンボールは汚いからおすすめしない」という情報もありますが、私が行った店はキレイなダンボールだけが選別されていました。おそらく、私以外にもダンボール目当ての客が多いんだと思います。

その後、黙々と良さそうなダンボールを物色すること十数分。あまり多くても持ち帰れないので、5~6箱もらってきました。

ただ、中古ダンボールの最大の弱点は、「大きさがマチマチ」なこと。特にスーパーのダンボールは、小さいサイズのものが多めでした。

持って帰って大きさを確かめると、「これはちょっと小さいんじゃない?」というものがほとんど。これだけのダンボールで足りるのかと、早速不安になってきました。

おすすめはホームセンター

そこで次に考えたのは、実家の近所にあるホームセンター。以前も、大きいダンボールをもらったことがある店です。

ちょうど実家に帰る用事があったので、ついでにホームセンターもチェック。前にもらったときと同じように、大量のダンボールが山積みになっていました。

店員さんに許可をもらい、大きなダンボールを2つゲット。電車と歩きでエッチラオッチラ自宅まで持ち帰りました。

そうして、私が入手したダンボールがこちら↓

P_20170219_1402432

これだけあれば、多分荷造りは大丈夫そうです。

ホームセンターはスーパーと比べて、こんなメリットがあります↓

・商品に食べ物がないのでキレイなダンボールが多い

・大きくて丈夫なペット用品のダンボールが多め

・客が少ないので競争率が低い

食料品を扱っていないホームセンターだと、平日は割と空いています。なので、ちょうどよいダンボールをゆっくり探せて良いです。

もし近所に大型ホームセンターがあるなら、適当なダンボールが簡単に見つかるんじゃないでしょうか。

おすすめのダンボールはこれ

中古のダンボールは、元々入っていた商品によって軽さも大きさもバラバラ。目的によって使い分けた方が良さそうです。

ちなみに、私がもらってきた中でおすすめダンボールがこちら↓

・猫砂のダンボール

・ポテトチップスのダンボール

・日本酒のダンボール

この3つは、どれも厚みがあって大きさもありました。かさばりやすい洋服や、私の趣味のグッズを入れるにはピッタリのダンボールです。

あとはおせんべいのダンボールなど、お菓子系のダンボールが小さめで使いやすいと思います。主に本など、重い荷物を入れるのにおすすめです。

どうせ使い捨てるダンボールなら、中古を無料で入手した方がエコじゃないでしょうか。ほんの数千円ですが、お金も節約できてお得です。

引っ越しで「新しいダンボールを買うほどでもないな」と思ったときは、ぜひ近所のスーパーやホームセンターをチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿