弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

お金がなくても遊んでます。カレジョの1円も使わない気晴らし方法6選。

公開日:2017.05.18

スポンサーリンク

お金を1円も使わずに遊べるおすすめ気晴らし方法を紹介します。

インドア派の私でも、ずっと家の中にいると気が滅入ってくるもの。やはり天気の良い日などは、外に出ると気持ちが良いです。

とはいえお金がカツカツなので、派手に遊びまわることはできません。が、街中でもお金はかけずに気晴らしはできるものです。私はよく、こんな風にリフレッシュしています。

1.近所をブラブラ歩き回る

一番多いリフレッシュ方法は、近所をブラブラと散歩すること。先月は桜が楽しめたし、今は新緑がキレイです。

ときには午前中から出かけて、太陽の陽を目いっぱい浴びることも。朝日は体内時計をリセットもして、夜ぐっすり眠れる効果もあります。

家にこもりがちだからこそ、たまの日光が実に新鮮。お気に入りのアウターをチョイスして出かければ、気分もウキウキしてきます。

近所なんてつまらないと思われそうですが、じっくり見回すと色々な発見があることも。普段通らない路地に1本入るだけでも、そこはもう別世界です。

私の家の近所でも、裏道には得体の知れないお店がチラホラ。古びたレストランやホテルを見ると、庶民感があってホッとします。

2.図書館に行くついでにネタ探し

散歩のついでに、地元の図書館へもよく行きます。どんな本でもタダで読める、庶民の味方です。

図書館の活用方法は、こちらでも紹介しています⇒節約の大きな味方。図書館を10倍便利に使う活用術

お目当ての本を借りるほかにも、新刊図書のコーナーで面白い本がないかどうかチェック。あまり興味のないジャンルの本を読んでみると、ちょっとした勉強にもなってお得です。

また、図書館はネタ探しの貴重な宝庫。毎日が仕事の在宅ライターにとっては、ネタは生命線です。気晴らしのついでに、気になる本をリサーチすることも欠かせません。

おそらく暑い時期には、クーラー目当てでお世話になる日が増えるだろうと思います。電気代を節約したい貧乏人にとっても、図書館は心強いスポットです。

3.大きな公園で癒される

自然が恋しいときは、大きな公園へ。原っぱや林の中を歩くと、マイナスオーラでクサクサした気分も穏やかになります。

たまに実家へ帰ったときなどは、犬の散歩を兼ねて緑のある場所へ。今年も、犬と一緒に桜を堪能できました。

犬の散歩は、実家に帰ってもやることが無いときにピッタリです。詳しくはこちらから⇒実家に帰省してもやることない。30代枯れ女が提案する、気楽な年末年始の過ごし方。

今住んでいる場所には、緑に加えて川があります。カモメが飛び回っているのを見ると、癒やされます。海が近そうなので、そのうちそっちの方にも行ってみたいです。

スポンサーリンク

4.コンビニで雑誌の立ち読み

買い出しのついでに、コンビニに立ち寄ることも欠かせません。目当ては、雑誌の立ち読みです。私はよくジャンプとマガジンを読んでいます。

特に用事がなくても、雑誌の発売日には近所のコンビニへ。普段が引きこもり気味の私にとっては、立ち読みも貴重な外出のチャンスです。

ただ最近は、雑誌に封がしてあるコンビニも増えました。立ち読み客の方が迷惑をかけているので何も言えないのですが、やはり寂しいです。

5.本屋と雑貨屋はいくらでも時間が潰せる

昔はよく、本屋にも行きました。株の本の新刊などが気になると、まず本屋へ行って内容を確かめていたのです。面白そうだったら、改めてネットで買ったりしていました。

(本屋にとってはいい迷惑です)

本屋で色々と物色していると、1~2時間は余裕で過ぎていきます。目当ての本だけでなく、その周辺の本も色々と漁ると、あっという間。ついでに足腰も鍛えられます。

本屋だけでなく、ファンシーグッズなどを扱う雑貨屋も好きでした。何かを買わずとも、シールや文房具を見ているだけで楽しいのです。

収納雑貨やキッチングッズなども、こんな風に使うものがあるのかと発見があります。自分では使わないのですが、アイデアグッズを眺めるのは面白いです。ヒラメキの勉強にもなるかもしれません。

6.レンタル屋でCDを聴き倒す

本屋のついでに立ち寄っていたのが、レンタルビデオ屋です。CDの試聴コーナーに行って、好きなゲーム音楽などを聞いたりしていました。

買おうかどうか迷っているCDも、一度試しに聞いて満足することも。本もそうですが、買う前に中身を確かめられると、お金を節約できるので安心です。

音楽を聞くだけなら、ネットでも十分楽しめます。が、お出かけして聞くと、それだけで「レジャー感」が増すのです。

わざわざ手間と時間をかけるというのも、たまには良い気分転換になります。

遊ぶときは思い切り遊びますが、毎日毎日遊びまわる訳にもいきません。普段はなるべく、つつましく楽しむことが理想です。

歩きだけでなく、自転車があればもっと楽しみ方が広がるかもしれません。大きな買い物ですが、何か良さげな自転車も探してみたいです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿