弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

朝までぐっすり、快適に睡眠できるおすすめの最強耳栓を紹介します。

公開日:2017.02.16 最終更新日:2017.02.24

スポンサーリンク

私は睡眠が浅いせいか、ちょっとした物音でも目を覚ますのが悩みです。そんな私がぐっすり眠るために使っている、おすすめの耳栓を紹介します。

外がうるさくて眠れない。休日くらいは静かに心ゆくまで眠りたい。そんな悩みをお持ちの人は、以下からチェックしてみてください。

迷ったときはお試しセットがおすすめ

一口に「耳栓」と言っても、100円ショップにドラッグストア、ネット通販まで種類は様々。正直、何を買ったら良いか最初は分かりませんでした。

そんなとき役に立ったのが、「MOLDEXの耳栓お試しセット」。約500円で、MOLDEXの耳栓ベスト8を試すことができるというお得なセットです。

お試しセットの中身はこんな感じになっています↓

上の写真で9種あるのは、1つだけドラッグストアの耳栓があるからです。つけ心地と性能を比べましたが、MOLDEXの耳栓の方がクオリティは圧倒的に上でした。

「どれも同じでしょ?」と思われるかもしれませんが、耳栓の種類によってシャットアウトする音や使い心地が全く違います。同じMOLDEXでも、イマイチな耳栓もありました。

微妙にフィットしなかったり、キツキツになって耳が痛くなったり。そういうことがあるので、自分にあったものを試せるセットはおすすめです。

amazonレビューを見ても「これが良かった」「これはダメだった」など、人によって同じ耳栓でも評価がまちまち。あまりレビューは気にせず、純粋に使い心地をチェックする方が良いです。

私が選んだ耳栓「Goin’Green」

8種類とも防音は抜群でしたが、私が選んだのが写真の右上の「Goin’Green(ゴーイングリーン)」です↓

黄色の本体に、緑のマーブル模様がキレイな耳栓です。防音性能・つけ心地ともに、私にはこれは一番でした。

ゴーイングリーン最大のポイントは、「柔らかさ」。程よいモチモチ感で耳の中でもキツキツにならず、優しく耳にフィットしてくれました。

固さと張りのある耳栓だと、だんだんと痛みが出てきます。その点ゴーイングリーンは、一晩中付けていても気にせず眠ることができました。

ただ、中には「サイズが大きくて耳が痛くなった」というレビューも。耳の穴が小さい人には向かないのかもしれません。

耳栓ってどうやって着けるの?

スポンサーリンク

この手のタイプの耳栓は、先っぽの方を思いきり平たくつぶしてから耳の穴に装着します。

耳の穴に入れづらいときは、図のように耳たぶを上に引っ張りながら入れるとやりやすいです↓

ゴーイングリーンは数ある耳栓の中でも一番柔らかく、つぶしやすく感じました。

細くつぶした耳栓を、素早く耳に入れます。すると、内部でワシャワシャと元通りに膨らみ始め、耳の穴にピタッとフィットするのです。

このワシャワシャの間は、何とも言えぬ妙な気分に襲われます。今はもう慣れましたが、最初の頃は背筋がむず痒くなったりもしました。

耳栓歴2年の実感

耳栓が耳の中を完全に塞ぐと、周りの音が一切聞こえません。その威力に感動し、「私は今『無の境地』にいる」などと1人興奮したものです。

足音やテレビなどの生活音はシャットアウトするのに、人の声はちゃんと聞こえます。密かに「火事のとき逃げ遅れたらどうしよう」と思っていましたが、その心配はありませんでした。

耳栓を使い始めて早2年ほどになりますが、特に問題はありません。耳の中が炎症を起こしたとか傷ついたということは、一切なしです。

我が家は団地の最上階で、1日中風が強いです。夜中も風の音が気になってしょうがありませんが、耳栓を着けていると安眠できて良いです。

ついでに実家に帰省したときも、耳栓は大活躍します。ほかの家族が周りで動き回っていても、耳栓があれば落ち着いて眠れるのです。

最近はむしろ、耳栓を着けないと安心して眠れなくなってしまいました。「耳栓依存症」気味なのが、逆に心配です。

耳栓を使って眠るときの注意点

とても便利な耳栓ですが、快適に使うにはいくつかポイントがあります↓

・インターホンが聞こえないので、宅配便に気付かない

・1~2ヶ月に一度は新しい耳栓に取り替えないと、性能が落ちる

・耳の中に傷があるときは使わない方が良い

・耳の奥に入れすぎると、流石に痛い

非常に優秀な耳栓ですが、それゆえインターフォンの音まで完璧にシャットアウト。私はうっかり寝過ごして、宅配便を取り逃した経験が何度もあります。

また、このタイプの耳栓は使い捨てが基本。長く使っても2ヶ月ほどが限界です。ヘタレてくると耳栓自体の性能が落ちるので、マメに取り替えた方が良いです。

それ以外にも、衛生面の問題もあります。耳栓は洗うこともできないので、着ける前に耳掃除は欠かさずやった方が安全。私はいつも、お風呂上がりに掃除するようにしています。

ただ一度、耳掃除しすぎて耳の中に傷ができたことがあります。それに気付かず耳栓を着けて寝たら、翌朝かさぶたが耳栓にくっついてしまいました。ちょっと痛かったです。

そして、いくら音をシャットアウトしたいからといって、あまり奥まで入れるのはよろしくありません。流石に耳の中がジンジンと痛くなってきます。

私も未だに、耳栓を奥まで入れすぎてしまうクセが。そういうときは、耳栓をちょっと引っ張ってつけ心地を調節するようにしています。

外の音を気にすることなく、静かに眠るには持ってこいの耳栓。ノイズのせいでなかなか寝付けないというときは、是非お試しください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿