弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

朝が忙しい人におすすめの、洋服のコーディネートが5秒で決まる方法

公開日:2016.05.05

スポンサーリンク

今回は、忙しいでも洋服コーディネートがすぐに決まる方法をお話します。おすすめはやはり、「予め着るものを決めておく」ことです。

それでも毎日、前日のうちに着るものを用意するのは難しいかもしれません。その代わりに最初から着る服を厳選すれば、クローゼットを開けてすぐに着るものが選べるのではないでしょうか。

良く使う洋服を10着選ぶ

まず、普段よく着る服を10着ほど選んでおきます。トップス6~7着、ボトムス3~4着が目安です。ワンピースなど上下一体の服が好きな人は、それをメインにしても大丈夫です。

毎日のワードローブは、その10着から選んで着ます。選択肢が減ると悩む時間が減り、結果的にコーディネートが早く決まるようになるのです。

使う10着は1年通してではなく、季節ごとに変えて大丈夫です。日本の気候なら、春&秋、冬、夏ごとに10着選ぶと良いと思います。

私の場合は、夏とそれ以外の季節の2パターンで服装を考えています。冬は厚手の上着などで防寒できるので、春や秋の服装でも十分です。逆に寒がりの人は、冬とそれ以外という選び方もありです。

10着で着回すときのポイントは、こちらにも書いています⇒洋服の断捨離でファッション上手。ミニマリスト流、10着コーディネートの心構え

上着・小物も選ぶ

「フランス人は10着しか服を持たない」のジェニファー・L・スコットさんは、「10着のコアアイテムのほかに、上着や小物をいくつか用意する」ことをすすめています。

10着だけだと必然、同じ服ばかり着ることに。そこで小物や上着をプラスすれば、着こなしを簡単にアレンジできます。

私の場合、上着を多めして着回すのが好きです⇒おしゃれ上手は節約上手。今ある洋服でコーディネート楽しむ方法とは 場所は「おしゃれをしたいときの一工夫」です。

小物は、簡単に雰囲気が変わる帽子をよく使っています⇒おしゃれファッションは帽子がおすすめ。簡単にコーディネートが決まる便利アイテム

通勤用であれば、アウターや小さめのネックレスが便利かと思います。季節に合わせ、組み合わせるアイテムを変えるのもありです。

雨の日用も用意すると安心

服を準備するときは、「明日の天気をチェックするべし」とよく言われます。であれば、始めから雨の日用の服や上着を用意すれば天気の心配がなくなります。

レインブーツに合う服や、雨にぬれても平気なアウターを用意すれば安心です。普通の洋服を雨の日用にするときは、防水スプレーを念入りに吹きかければ対策できます。

定番パターンを5通り作る

仕事に着ていく服装なら、最低5通りのコーディネートを考えておくと良いです。5パターンの着こなしがあれば、平日は毎日違う格好ができます。

まずは5パターンから始め、少しづつ定番のコーディネートを増やしていけば10着の着回しを続けやすいのではないでしょうか。

トップス6着とボトムス4着なら、単純計算で24通りの着こなしができます。そこにアイテムを足せば、着こなしパターンを増やすのも簡単です。

スポンサーリンク

服同士の相性で考えるのもあり

ただ、トップスとボトムス、アウターの相性によっては、パターンが限られることもあります。少しでもコーディネートを増やすのなら、10着は相性の良いもの同士を選ぶのも効果的です。

私の場合もっぱらカジュアルスタイルなので、シンプルなTシャツを重宝しています。夏はもちろん、それ以外の季節は重ね着できるので便利なのです。

特に、白の半袖Tシャツは、何にでも合わせられて使いやすいです⇒少ない洋服でファッションを楽しむための、白の半袖Tシャツのコーディネート活用術

一番前の服を順番に着ていく

相性の良い服同士を残すメリットは、「ローリング着回し法」が使えることです。クローゼットを開けて、一番前にあるトップスとボトムスを着るだけ。コーディネートがほぼ自動で決まります。

私も今は、ローリングで順繰りの洋服を着回しています⇒持たない暮らしのファッション術。手持ちの洋服をフル活用する3ステップ

「コーディネートパターンを考えるのも面倒」という場合は、ローリングで着回せば着る服に迷うことは絶対にありません。

理想は服を減らすこと

10着のコアアイテムを選ぶだけでも、服選びの悩みは大分減ります。が、根本的に「着るものに迷わないクローゼット」を作るなら、まずは多すぎる服を減らすのが一番です。

連休の残りを利用して、まずは着ない服を収納から全出ししてみるのはどうでしょうか⇒ゴールデンウィークの連休中にできる、おしゃれを楽しむクローゼットを作る方法

たとえ10着を選んでも、あまり着ない洋服と一緒に置くと「たまにはこっちを着よう」と迷ってしまうかもしれません。選択肢は少ない方が、逆に選ぶのが簡単になります。

コーディネートに悩まない秘訣は、予めよく着る服だけを選んでおくことです。着ない服を着こなそうとすると、途端に着回しを考えるのが面倒になります。

特に忙しい朝の時間、服選びに多くの時間は割けないと思います。まずは定番の10着を厳選すれば、コーディネートを考える時間が大幅に減るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿