弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

30代女性のファッション、「大人っぽいorおばさん」の境目とは。

公開日:2016.06.17

スポンサーリンク

今回は、30代の女性ファッションの「大人っぽいorおばさん」の境目がどこにあるかを考えます。

おばさんに見える服というのは、着ている服とのギャップで、年齢がより強調される服装のことではないでしょうか。自分でも気付かぬうちに、服との距離がどんどん開いていくというのはあると思います。

自分の体型と合ってるかどうか

人間、歳を重ねれば体型も変わっていきます。意識してスタイルを維持しない限り、基本はどんどん衰える一方です。

そのため自分の体型が際立つファッションは、おばさん認定の危険性があります。ノースリーブやタイトなミニスカートなどが、年代が上がるにつれハードルが上がるのは分かりやすい例です。

かくいう私も、太ももからヒップにかけての下半身周りが非常に気になります。元々の体質なのか、常にポッコリ気味のお腹もネックです。

20代の頃はレギンスをよく履いていましたが、今だと下がり気味のヒップラインが強調されかねません。現在愛用中にスキニージーンズも、10年後に似合う保証はありません。

ダボダボ過ぎても危ない

かといって体型を気にする余り、ダボダボの服装に走るのもオバサン認定されやすいようです。

特に腕、お腹、足まわりは、チュニックなどのゆったりファッションで固めると言う人も多いと思います。あえて、1サイズ大きめの服を買う人もいるかもしれません。

しかしユルすぎる服は、かえってその人の体型を意識させます。何もかも隠すのではなく、最も気になる1点だけに留める方が不自然にならないのではないでしょうか。

究極、似合えばOK

逆に言えば、自分の体型に合っていれば、どんな服を着てもおばさん認定されないということになります。私の周りにも、私より年上でも若く見える人やスラリとした体型の人が大勢います。

そういう人たちがミニスカートやピッチリしたパンツを履いていても、違和感がありませんでした。

ずっと若いときのファッションを続けるなら、こちらも体型を維持する工夫が求められるのだと思います。私もジーンズはこの先も履きたいので、下半身の強化はした方が良さげです。

プチプラだけで固めていないか

ファストファッションやプチプラは、若者向けのデザインが多めです。H&MやForever21など、30代を過ぎてのファストファッションメインはハードルが高くなります。

安さだけで服を買うと、かえって無駄遣いにもなります⇒安い服は無駄使いを加速させる。節約は安物を買うことではありません

また、ファストファッションは生地や縫製など、細かい部分の質が低めです。そういった見えにくい部分は、意外と着こなしに大きな影響が出てきます。

昔聞いた、ある老婦人の「私は年老いた分、宝石を身に着けて補っているのよ」という言葉が記憶にあります。これは服においても、同じことが言えるのではないかと思います。

10代20代の頃は、服のチープさも若さでカバーできます。が、30代40代になると、服のクオリティが全面に出てきます。すると全体的に、質素な印象になるのではないでしょうか。

普通の値段の服は細かい部分も割りとしっかりしているので、同じような服でも安っぽくなりません。アラサーアラフォーでは、ファストファッションには注意です。

スポンサーリンク

「楽」に走り過ぎていないか

人のことは言えませんが、歳をとればとるほど、どうしても楽な方へと流されてしまいます。前に言った「体型が隠れる服装」も、その1つです。

ほかにもウェストがゴムのパンツやTシャツワンピ、スリッポンなど。全身を「楽」で固めると、おばさん度が急激にアップします。

最初は部屋の中だけのはずが、次第に近所のコンビニや郵便局、次第にお出かけでも平気に。こうなると、見た目だけでなく中身もおばさんに近づいていると言わざるを得ません。

そういうスタイルが好きで気に入っているなら良いのですが、「楽」という理由が先にくるなら注意です。ここは多少面倒でも、ちゃんとした服に着替えた方が良いです。

おばさんファッションにならないためには、今の自分に似合うものを着こなすことかと思います。無理に背伸びをしたり必要以上に隠すのではなく、等身大の自分を出すことです。

年をとれば似合う服は狭まるかもしれませんが、その中から着たいものを選ぶことはできます。時の流れに逆らい過ぎないことが、大人っぽいファッションの秘訣ではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿