弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

30代を過ぎてもコーディネートに使いやすい、おすすめファッションアイテム。

公開日:2016.08.20

スポンサーリンク

年代やファッションスタイルに関係なく、幅広く使いまわせる便利アイテム。私も30代になってから、そういう服がコーディネートのメインとなりました。

20代から着続け、30代になっても着続けているものがまだまだあります。そういうものは、40代になっても使える服かもしれません。

白Tシャツ

シンプルな白Tシャツは季節関係なく着ませわて、どんな服とも合います。私が持っているものは、カジュアル寄りのコットン素材のものです。

P_20160428_083315

切り替えボーダーになっていて、透け感が出るところがおしゃれで気に入っています。着回し力も抜群です⇒少ない洋服でファッションを楽しむための、白の半袖Tシャツのコーディネート活用術

単なる無地の白Tシャツだと、どうもラフすぎておばさんっぽい印象にな。ロゴ入りやプリントが入ったものとなると、1枚で着るには心理的ハードルが高すぎます。

おそらく、スタイルが抜群に良ければどんなTシャツでも関係ないのだと思います。しかし私は背も高くないし発達した胸筋もないしで、シンプル過ぎるものは質素になってしまうのです。

私が使いやすいと思うのは、シンプル過ぎず、さり気ない感じでデザインに凝ったTシャツです。夏場、1枚で着ても様になるようなものだと使いやすいです。

ボーダーTシャツ

一見カジュアルなボーダーTシャツも、使いようによってはどんなスタイルにも合わせられる便利な服です。選ぶときは、縞の幅と色にこだわりました。

P_20160522_144509

どんな人でも着やすいのは、細いボーダーの方。色は暗め、ネイビーくらいだと周りに馴染みやすいように思います。

縞模様が全面に出すぎないので、柄×柄コーデにも使えます⇒流行りのファッション、タッキースタイルをボーダー×チェックコーデで取り入れる方法。

以前は太いボーダーのアンサンブルなんかも着ていましたが、あれは20代だから何とかなっていたのだと思います。特にデニムパンツと合わせると、パッと見学生のような出で立ちになります。

柄物は無地に比べ、少ないアイテムでコーディネートが完成するのが便利です。私の場合アクセサリーなども付けないので、着るだけでおしゃれに見える服かも考えて選ぶようにしています。

スポンサーリンク

チェックシャツ

チェックシャツも、定番アイテムとして人気があります。が、オタクの私としては、「ネルシャツ=オタクファッション」というイメージが拭い切れません。見た目にも分かりやすいオタクなので、なおさらです。

それでもチェックは好きなので、コーディネートに取り入れることは多いです。特に夏は、薄手のチェックシャツワンピースを良く着ています。

P_20160709_155422

生地の色が紺色で、チェック柄感が抑え気味な点が使いやすいと感じています。羽織りにしても前のボタンを留めて着ても、どちらも着こなしが簡単で助かります。

デニムスキニーパンツ

デニムパンツは、10代の頃より履き続けているアイテムです。この頃は、スキニーデニムが一番使いやすいと感じます。

P_20160820_1256132

特に黒は、引き締め効果も期待しています。

ストレートデニムも持っていますが、ラフ度の高さが気になるようになりました。

ストレートデニムにTシャツ、そこにスニーカーを履くと、女性っぽさが完全に失われて逆にオバさんと化しているような気がしてきます。やはり、シルエットがスッキリするスキニーの方が安心できます。

おしゃれの基本も、自分の体型にフィットするものを選ぶことだと言われています⇒ぽっちゃりが気になる女子ほど気を付けたい、おしゃれなファッションのコツとは。

デニムパンツがダボダボでラフに見えるのは、ウェストがゆるくて腰履きのようになるのが原因だと思います。その点ピッチリしたスキニーなら、ずり落ちる心配はありません。

また、メリハリのないスタイルの場合、股上が深いものの方が着やすいのかもしれません。お腹の冷え対策のためにも、今後はもっと股上も意識しようと思います。

トレンチコート

今は持っていないのですが、トレンチコートが1枚あったら便利そうだと思っています。選ぶなら、丈が短めのものが良いです。

ロング丈のアウターはかっこよくて憧れますが、私は上背がないのでどうにも着こなしきれません。小さめのサイズを選んでも、お父さんのコートを着た子供のようになります。

色はベージュが一番使いやすくて人気がありますが、個人的には黒もありかと思っています。小物は赤が多いので、アウターは抑えた色の方がコントラストを楽しめそうです。

おしゃれを簡単にするには、ストライクゾーンの広い服をメインに着ることだと思います。そこをベースに、自分の個性が光って、かつ相性の良いアイテムを組みあせせれば良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿